2006年10月31日

「Sでごめんね」レビュー

ドラマCD Sでごめんね


お勧め:★★★☆☆
絡み:★★★★★
主要キャスト:緑川光・森川智之・寺島拓篤・子安武人・小野大輔・浜田賢二


夢の森川×緑川連続二作品リリースるんるん ※作品同士は何の関係もありません(笑)
毎月1作ずつ出て欲しいくらいです、モリモリ×光ちゃんなCD…



・ストーリー
南原兼さん原作の、「奴隷シリーズ」番外編です。
因みに本編は、「きみはかわいい僕の奴隷」・「あいつはキチクな俺の奴隷」・「きみは僕の恋の奴隷」の三部作★

大好きな双子の兄・花月(浜田さん)を追いかけて、日本へやってきた、ハーフの夕月(緑川さん)。
しかし、花月には想い人が出来てしまったため、夕月は脱ブラコンを決意。
そんな時、花月についてやって来た剣道部の合宿先で、危険な恋の相手に遭遇して――。

相変わらずこのシリーズ、色んな意味で可笑しいです(笑)。
もう完全ギャグとして愉しむのが良いかと思います。
そう云う意味ではシリーズ通して可也お勧め。
ギャグがお好きならば、声買いも推奨出来まするんるん


・声
超ブラコン、夕月・ヘミングウェイ(ゆづき・へみんぐうぇい)に緑川さん。
光ちゃんのお声は、前作から引き続き、Sっ気満開の低過ぎない高校生女王様ヴォイスぴかぴか(新しい)
今回はSとは云え、受けっ子らしく可愛くなっていましたが、ツンとした綺麗なお声です。
時折零す、拗ねたみたいな声が可愛くてたまりませんハートたち(複数ハート)
絡みではショタまでは行きませんが、それに近いくらい可愛く悶える光ちゃんが聴けます。
ひろは基本的にショタは苦手なので、光ちゃんのショタ声が苦手な方もギリギリセーフと云う感じでしょうか。
序盤で、モリモリの反応に光ちゃんが、「うわー黒ハート 可愛い…ハートたち(複数ハート)」てなる処が何箇所か有るのですが、この、「うわー黒ハート」が本当に可愛くて困ります。(ぇ?)

光ちゃんを凌駕する天然S、黒シルクのTバック男桜小路涼音(さくらこうじ・すずね)に、森川さん。
そうだよね、このキャスティング世界中のひとが納得だよね
…が、モリモリのお声はひろの予想と全然違いました。
こう云う方向性のモリモリの演技、初めて聴いたかも。
声はすっごーーーく低くて、普段のモリモリのS攻めとは決定的に何かが違う感じがしました。
一言で云うと、何か変態っぽかったんです(笑)。←だいぶ失礼
普段のモリモリのS攻めはどんなに卑猥な台詞でもただ美しく華麗に聴こえるのですが(ぇ)、今回は随所で変態っぽい! と笑ってしまいました(笑)。

えー、以下キャスト様のお声に関しては過去ログの奴隷シリーズのレビューをご参照下さい(ぁ)。


・おすすめ
8割方メインCPが喋っているのですが、ぽつぽつ出て来る本編キャストの皆様がグッジョブでするんるん

ひろが一番好きなのが、トラック3冒頭の焼肉のシーン。
初っ端に聴こえる寺島くんのアドリブがすっごく可愛いんですハートたち(複数ハート)

これは俺の肉だからなっ、みんな触んなよっ!

って、それだけなんだけど。(以下アドリブは続きます)
お子様〜っ! って感じで凄く可愛くて、云わばガヤなのに巻き戻してしまいました(笑)。
寺島くんのBLももっと聴きたいなあ…ほんと、普通に可愛くて上手だなあって思います。

それと、浜田さんは今回も変でした(笑)。
ひろ、このシリーズの浜田さん大好きです。めっちゃ面白い。
お勧めはトラック6冒頭。
いちいち可笑しくて何回も聴いています。

緑「鍵をかけてやるくらいの気が回らないのかなあ、このオタンチンはダッシュ(走り出すさま)
浜「おたん、ちん…?」
緑「アレも勃たないような情けない奴のことだよ」
浜「OHー!ひらめき チン、勃たない、て意味ですね!(爽)」

こんな会話が延々続くトラック6冒頭(笑)。
浜田さんの喋り方が凄くたどたどしくて、ほんとに似非外人です。
このシリーズ名物(?)の微妙なエセEnglishは殆どが浜田さんの台詞(笑)。
双子の弟である光ちゃんの台詞も面白いのが多かったですが、ひろが好きだったのは、

「許すまじ、大和ドSどもめ!むかっ(怒り)

でした(笑)。

メインは兎に角モリモリと光ちゃんの絡みですのでご堪能下さいませ黒ハート
もうそんなシーンばっかりです(笑)。
S同士で戦っているのだけど、結局光ちゃんがとろとろのめろめろになってしまって、
後で「キー!!」てなる、の繰り返し(笑)。
まあまあモリモリ相手じゃ誰だってSにはなりきれませんよね(素)。ああでもこやぴならいけそうだ…
光ちゃん仕方ないよ、と慰めながら聴いて下さい(笑)。


フリートークは7分強。
モリモリ司会で、こやぴは別録りなご様子。
モリモリの素声を聴いてなんだかほっとしたひろは一体…(笑)。
お題は、「温泉では、隠す派? 隠さない派?」。笑。
順番は光ちゃん→寺島くん→小野さん→浜田さん→モリモリ→こやぴ(危険なオチ?/笑)。ひろはこやぴの「あのー…」が凄く好きです(何告白だよ)
何か物凄いギリギリトークで光ちゃん大爆笑です(笑)。
モリモリのコメントもいちいち可笑しくて、何かもう愛しい…(ぇ)。
けれども、誰よりも愛しい可愛いひとは浜田さんでした(笑)。
もう、このひとほんとに遙か3の智盛の演技からは想像も付かない可愛いひとです。
モリモリに、

意外にウブなんだね

とか云われてるんですけど!(大爆笑)
ネオロマ系イベントDVDでも、最近浜田さんに大注目中のひろです。


▼原作(CDよりも夕月の口調が変です/笑)
Sでごめんね
Sでごめんね
posted by ひろ at 00:06 | Comment(6) | TrackBack(1) | BLCD(タイトルあ行)

2006年10月30日

10/30判明分予約&購入可能新譜リスト

新作・新譜情報更新しました。

10月

10/15 【BLCD】無器用なのは愛のせい
10/18 【BLCD】征服せよ
10/18 【BLCD】英国妖異譚4 終わりなきドルイドの契約
10/18 【CD】遙かなる時空の中で 舞一夜~熾火
10/20 【BLCD】ドロシーの指輪
10/25 【BLCD】僕の恋の話・ヒメゴト
10/25 【BLCD】生徒会長に忠告
10/25 【BLCD】Sでごめんね
10/25 【BLCD】願い叶えたまえI
10/25 【BLCD】ラブホリック〜恋愛処方箋〜
10/25 【CD】遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション5 天の青龍
10/25 【CD】遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション6 天の朱雀
10/25 【CD】TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.9 オリヴィエ
10/25 【CD】TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.10 アリオス
10/25 【CD】TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.11 ユーイ
10/26 【PS2】水の旋律2 緋の記憶(限定版)
10/26 【PS2】水の旋律2 緋の記憶(通常版)
10/26 【PS2】マーメイドプリズム 限定版BOX
10/26 【PS2】マーメイドプリズム(通常版)
10/27 【BLCD】ボディーガードは愛を継ぐ
10/27 【BLCD】蜜的男子スパイラル
10/27 【BLCD】JUNK!BOYS
10/27 【BLCD】KYOUHAN 〜共犯〜
10/27 【BLCD】花嫁は翡翠に奪われる
10/27 【PC】バトラーズ ~召しませお嬢様~
10/27 【PC】Lamento -BEYOND THE VOID- (初回限定版)
10/28 【BLCD】YEBISUセレブリティーズ4
10/28 【BLCD】好きこそ恋の絶対
10/28 【CD】フルハウスキス シングルコレクション Vol.13 東條葵&中泉隆行/ 青春AFTERMATH
10/28 【CD】フルハウスキス シングルコレクション Vol.14 山本春太&北条竹治/恋花EDUCATOR
10/30 【BLCD】さあ恋におちたまえ4

11月

11/10 【BLCD】ワガママ王子に甘い罠
11/10 【PC】パレドゥレーヌ 初回限定BOX版
11/15 【BLCD】彼とダイヤモンド
11/21 【BLCD】乱れるセクシー・リーマンズ
11/22 【BLCD】不夜城のダンディズム
11/22 【BLCD】セーラー服はだれが着る!?
11/22 【BLCD】秘書は艶然と嘘をつく
11/22 【CD】遙かなる時空の中で 舞一夜~常緑
11/22 【CD】水の旋律2~緋の記憶~キャラクターソングFlame seriesI
11/22 【CD】パレドゥレーヌ perfect audiotracks
11/24 【BLCD】純愛エゴイスト
11/24 【BLCD】籠蝶は花を恋う
11/24 【BLCD】舞踏会の手帖~Un Carnet de Bal~
11/24 【PS2】仔羊捕獲ケーカク! スイートボーイズライフ(限定版)
11/24 【PS2】仔羊捕獲ケーカク! スイートボーイズライフ(通常版)
11/24 【PC】バトラーズ ~召しませお嬢様~ナイトモード
11/25 【BLCD】この世異聞
11/25 【BLCD】Don't Worry Mama
11/25 【BLCD】鍵のかたち
11/25 【BLCD】ムーンリット・ハンティング
11/28 【BLCD】束縛の甘い罠
11/29 【BLCD】若社長の優雅な休日
11/29 【CD】遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション7 地の白虎
11/29 【CD】遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション8 地の玄武
11/29 【DVD】ネオロマンス・フェスタ~遥か祭2006~
11/30 【DS】ポケットシナリオシリーズ 遙かなる時空の中で 舞一夜

12月

12/6 【CD】遙かなる時空の中で2&3キャラクターコレクション9 特別編
12/8 【CD】水の旋律2~緋の記憶~キャラクターソングFlame seriesII
12/8 【CD】パレドゥレーヌ PLATINUM DISC“Hommage”~ドラマ&イメージソング前編
12/15 【BLCD】花嫁は二度さらわれる
12/15 【CD】三千世界の鴉を殺し 4
12/15 【PC】はかれなはーと ~誰がために君はある?~
12/21 【CD】東京騎士王国3
12/21 【CD】「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.12 フランシス
12/21 【CD】「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.13 レオナード
12/21 【CD】「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.14 エルンスト
12/21 【PS2】フルハウスキス カプコレ
12/22 【BLCD】愛で痴れる夜の純情
12/22 【BLCD】駆け引きはベッドの上で
12/22 【CD】パレドゥレーヌ PLATINUM DISC“Hommage”~ドラマ&イメージソング後編
12/22 【CD】DJCD BL学園放送部「ベル☆ラジ」
12/25 【BLCD】バカな犬ほど可愛くて
12/25 【BLCD】願い叶えたまえII
12/27 【CD】遙かなる時空の中で3 雪待月
12/28 【BLCD】純情ロマンチカ6
12/28 【BLCD】さよならを言う気はない
12/28 【BLCD】有栖川家の花嫁
12/28 【BLCD】攣哀感情 二重螺旋3
12/28 【BLCD】絶対束縛
12/28 【BLCD】ダイヤモンドに口づけを
12/28 【PS2】ひめひび -Princess Days-
12/29 【CD】花帰葬 -Typing of the Chicken-
12/31 【PC】Under the moon
12/31 【PC】step 〜二人の関係は一歩ずつ〜
12/?? 【PS2】令嬢探偵~オフィスラブ事件簿~

2007年

1/18 【PS2】名探偵エヴァンゲリオン プレミアムBOX
2/14 【PC】ハートの国のアリス 〜Wonderful Wonder World〜
2/23 【DVD】OVA 冬の蝉 第一巻【初回限定版】
2/27 【BLCD】願い叶えたまえIII
3/23 【DVD】OVA 冬の蝉 第ニ巻【初回限定版】
4/27 【DVD】OVA 冬の蝉 第三巻【初回限定版】
posted by ひろ at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜・新作ゲーム情報

2006年10月29日

「ラブホリック 〜恋愛処方箋〜」レビュー

ラブホリック 〜恋愛処方箋〜

お勧め:★★★★★
絡み:★★★★
主要キャスト:緑川光・森川智之・野島裕史


久々に、すっごーーーく続きが聴きたいBLCDに出逢いましたっ黒ハート
個人的嗜好によるキャスティング効果が90%以上を占めている気もしますが


・ストーリー
檜原まり子さん原作の医療ラブ黒ハート(どんなジャンルなんだ)
柴田浩司(27歳/緑川さん)は、私立J医大第二外科所属の若手医師。
想いを寄せていた親友の内科医・相沢への恋に破れ、辛い日々を乗り越えた後、新しい恋人・江森五月(24歳/森川さん)と同棲をはじめて2ヶ月。
五月に愛され、充実した日々の裏で浩司には常に不安がつきまとっていた。
いつも明るく前向きな性格の五月は、勤務先の製薬会社期待の営業マン。
以前は普通に女性と付き合っていたこともあり、いつか自分に飽きて離れてしまうのでは、と……。
互いに多忙な仕事柄、次第に擦れ違いが多くなった浩司は、寂しさを紛らわせようと夜の街へ。
そこで出逢った華やかな青年、朝比奈繁樹(24歳/野島裕史さん)の、一夜の誘いにのった浩司だったが、それがとんでもない事態を引き起こすことに――。

医療ものですが、全然専門的な難しい内容ではありません。
お話自体も、BGMに象徴されるように何処かほのぼのしていて、暖かい空気が流れています。
心乱されることなく穏やかに聴けるのも、ほっとする要因。
キャラクタ達も完璧でないながらも何処か憎めない、イイ奴らばかりです。
光ちゃんに手を出した前科持ちだと云う助平医師(笑)の芝元先生ですら、憎めなくて、逆に好きなキャラだなあと思いましたハートたち(複数ハート)


・声
ちょっとネクラな若手医師・柴田浩司(しばた・こうじ)に緑川さん。
この先生、27歳にしてはかなり天然入ってます。
仕事に対してはとても真摯で、真面目にキチっとこなしていて、所謂「デキる男」なのに、何処か抜けていて(決して常識がないわけではなく)世間知らず。
敵を作らない感じの天然っぷり(本人は至って真面目)が本当に可愛い年上受けです。
何せ、恋人以外の男とラブホに行ったことを恋人に正直に話して謝ってしまう天然ちゃん。
しかも自分がお子様な意識ゼロ(笑)。
光ちゃんのお声は27歳よりは若干若め、けれどもお仕事をこなしている時は「働く大人の男」!
少しだけ低めの超美声ですハートたち(複数ハート)
これが絡みになると途端に蕩けて可愛くなるのがもうたまりません…!ハートたち(複数ハート)
光ちゃんにはもともとめろめろなひろですが、更に更にめろりんきゅぅ(何事)になりました…。
モリモリを誘う時なんて何故か逆ギレ気味なのですが(笑)、悶絶可愛いのですよ!ハートたち(複数ハート)

そんな光ちゃんにベタ惚れな江森五月(えもり・さつき)に、森川さん。
製薬会社期待の営業マン。
明るく快活な性格で、誰にでも好かれそうな好青年です黒ハート
年上で医師と云う職業の光ちゃんと対等になろうと奮闘する様子がめちゃ可愛くて愛しい…!
相変わらずモリモリの年下攻め最高です。
しかも今回は年下わんこ攻め。

ひろを悶え死にさせる気ですか。(素)

一人称「僕」。
声はモリモリの地声にとっても近い、高めでソフトな感じ。かわいい!
高めのお声なのですが、軽さは微塵もなくて、落ち着いた癒されるお声ハートたち(複数ハート)
可愛くて優しい、ヘタレ攻め…いやいや、矢張りわんこ攻めです(笑)。
年上の光ちゃんの世間知らずっぷり&お子様ぶりを心配しつつも、「可愛いなあ」と見詰めているのが微笑ましくも可愛い。
わざと光ちゃんに付き添って貰っているのを見せ付けるのじお兄ちゃんにイラっとする処も可愛い。
何より、光ちゃんにデレデレな年下っぷりが悶絶可愛い…!
受け攻め両方可愛くて、可愛いものズキなひろは常にきゅんきゅんハートたち(複数ハート) してました。

モリモリの可愛い攻めは矢張り絶品です。もっと彼の可愛い攻めが聴きたい。ついでに鬼畜攻めも聴きたい。ひろはたぶんモリモリなら何でもいい…(ぁ)
作中で、光ちゃんがモリモリを「秋田犬みたいだ」と表現するシーンがあるのですが、
ひろはそれを聴いてあの、前掛け(?)とかをがっつりばっちり装着させられた秋田犬(あれは秋田犬ぢゃないのかしら)を想像。
そして何故かそれとモリモリ(御本人)をダブらせてみて可笑しくなってしまいました黒ハートあせあせ(飛び散る汗)(ぇ)

超人気のトレンディ俳優、朝比奈繁樹(あさひな・しげき)に、野島裕史さん。
14歳の時から10年も芸能界に居るらしい彼ですが、全くスレていません。
寧ろ或る意味純真無垢で、此方もがっつりわんこキャラです。
しかも彼は根っからのゲイ。
夜な夜な二丁目に出没している…って、アンタそれってスキャンダルにならないの?(笑)
何はともあれ、そんな二丁目のバーで光ちゃんと出会い、挑発的に一夜の誘いを…までは良かったのに、その後すぐに腹痛でダウンバッド(下向き矢印)(笑)
ひろはあらすじを見て、のじ兄×光ちゃんにかなーり期待していたので拍子抜け。
ちょっと! と思わずのじお兄ちゃんに突っ込みを入れてしまいました(笑)。
そんなのじお兄ちゃんのお声は本当に24歳の青年声。
相変わらずふわっと優しいお声ですが、光ちゃんに向ける態度が仔犬っぽくてめちゃ萌えます。

先生先生っ!(わんわんっ/尻尾ぶんぶんっ)

…な光景が目に浮かびました(笑)。
こんなのじお兄ちゃんは初めて聴いたのですが、可愛くて撫で回したい衝動が…ハートたち(複数ハート)
のじお兄ちゃん声効果なのか、朝比奈にも幸せになって貰いたいわ…と素直に思いました(笑)。


・おすすめ と云う名のひろの萌えポインツ
と云うか最初っから最後までずっと萌えて不気味な笑いを浮かべながら聴いていたので特に此処が! と云うところが逆に少ない…(笑)。

・取り敢えずモリモリ×光ちゃんの甘々っぷり
もっといちゃいちゃして〜! と思わさせられるこの不思議(笑)。
落ち着いて聴ける…と云うか、世界観に浸れるCPなんですよね。
文句なしにお上手です。もっとこのCPで色んなBLが聴きたい…!
続編もすっごくすごくリリースされて欲しいですぴかぴか(新しい)

・トラック3
悶えます。トラック3色んな意味で可也イイです。

森「名古屋名物の味噌カツ弁当買って来たんだ。食べる?」
緑「五月…。御前が、食べたい…
森「えっ…。それ、如何云う意味?黒ハートあせあせ(飛び散る汗)
緑「如何って…そっ、そう云う意味だよむかっ(怒り)あせあせ(飛び散る汗)

この後の遣り取り+絡みはモリモリの年下攻めっぷりが可愛くて悶える…! のです(何)。
そしてラストでモリモリは可愛い声で物騒なモノローグを吐きます。

森「そうだひらめき もう、僕のアレなしではいられないようにすればいい

も、萌ゆる…!(ぁ)

・トラック4 はしゃぐのじお兄ちゃん。
ほんとーーぅに素直で無邪気な感じで可愛いんです!

な、なあなあ先生よぉ!
触ってくれんのかっ? 嬉しいじゃないの!」←ちょっとオッサンぽい(笑)

きゅーーーーん。
ちっちゃいこどもみたい…ハートたち(複数ハート)

・トラック6ラスト 病室えっち
超萌えました。
絡んでいなくとも、モリモリの甘えたような台詞だけで悶えられます。

森「浩司さんーごはん足りないよぉ〜

か…っ、

か わ い い … ! ( 素 )

何だこのCP。
ひろをこんなに萌えさせて如何する気なんだ…。(ぐるぐる)


フリートークは2分半弱。
もっと喋って欲しかったなあ〜。
のじお兄ちゃんと光ちゃんはこんなに沢山会話を交わす役は今回、初めてだったご様子。
次は是非のじ兄×光ちゃんが聴きたいひろです。
勿論この作品の続編も熱望ですぴかぴか(新しい)


▼原作
ラブホリック―恋愛処方箋
ラブホリック―恋愛処方箋

2006年10月26日

超今更なのですが。。。

Lamento -BEYOND THE VOID-が欲しい。

カウントダウンも毎日チェックして、日に日に欲しい気持ちは高まるばかり。。。
そうです。
ひろは、単に森川さんのあのキャラの攻めが聴きたいだけなのです。
このキャラ緑川さん! と思ったキャラが個人的に4体ほど居たのですが、残念ながら緑川さんは出演なさっていません(涙)。
因みに、モリモリのキャラも光ちゃん声が出そうだなあと思いました(笑)

Nitroさんのゲームだから、ヴィジュアル面もシステム面もストーリーもイイんだろうなあ。
特にヴィジュアルに心擽られる。。。
ただ、決定打がない。
モリモリ声だけのためにこれを買うのか??? その内買うんだろうけど…(弱)

そうこうしている内に明日発売。
しかも今日、水の旋律2 緋の記憶マーメイドプリズムが同時に手元に到着。
……。
ひろは一体如何すれば良いのでしょうか(笑)。
聴きたいのに未だ買いに行っていないBLCDも沢山!あせあせ(飛び散る汗)
あーん…モリモリ…。(うわごとか)

と、取り敢えず公式サイトでサンプルヴォイス聴いてみて下さいってば。
悶えますから。
この間お泊まりに来ていた友達に聴かせたら萌えのあまり背中をべしべし叩かれました(笑)。

▼公式サイト(↓がモリモリのキャラ黒ハート
Lamento

Lamento -BEYOND THE VOID- (DVD-ROM初回限定版)
Lamento -BEYOND THE VOID- (DVD-ROM初回限定版)
posted by ひろ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2006年10月25日

「無器用なのは愛のせい」レビュー

無器用なのは愛のせい

お勧め:★★★☆☆
絡み:★★★★★
主要キャスト:野島健児・遊佐浩二・近藤隆・山中真尋


・ストーリー
遠野春日さん原作。
相川夏樹(のじけんさん)は、生徒会長の各務利明(遊佐さん)に脅され、SEXを強要されていた。
脅迫のネタは『夏樹が撮った、各務の弟のヌード写真』。
ゲイだということをバラされたくなければ言うことをきけと脅迫される夏樹。
夏樹が本当に好きなのは利明で、写真は利明の身代わりだった。
そんな事情を知る筈もない利明は嫉妬のあまり夏樹につらく当たり、平行線を辿る二人の関係。
本当は両想いなのに、素直になれないすれ違う二人の恋の行方は――。

最近、のじメインのBLに期待を寄せ過ぎて微妙に不発気味のひろ。。。
ひろが大好きな過去にリリースされたBLCDは、のじがメインなことが多いんですよね。
その素晴らしさに近作が埋もれ気味と云うか…ううバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
今回は…うーん、ちょっぴり微妙。萌えが足りない。
とは云え、ゆっちー×のじには悶えまくったのですが(笑)。
何と云うかたぶん、原作の方が萌えるんだろうなあ〜…と思ってしまいました。これ、最近ひろの萌え足りない最たる理由です。CD化の宿命なのか。。。
「切ない」「擦れ違い」「純愛」「じれったい」。
総てひろの好物キーワードなのですが、CDだけの印象だと、「じれった過ぎてうざい」になりがち。。。フリートークでのじ自ら云っておられましたが、「両想いだしイイじゃん、最後の頁行っちゃうよ!」な気持ちが良く解ります(笑)。
CD化に当たり、時間内に収めるための内容の取捨選択はとても重要だと改めて思いましたあせあせ(飛び散る汗)


・声
全校中の憧れ・生徒会副会長の相川夏樹(あいかわ・なつき)にのじけんさん。
のじの演じる高校生にしては一寸低めの控えめヴォイスです。
とってもナイーブなのに、融通のきかない頑固な芯のある受け。
何てのじにぴったりな役なんでしょうかぴかぴか(新しい)
のじが普段何処かしら纏っている、甘えた口調が殆どなかったように思います。
可也クールに決めた張り詰めた感じの美しいのじのお声が堪能出来まするんるん
ちょっとフルキスの一哉くんっぽい喋りの箇所も有ったような…

何だか悪どい生徒会長(笑)、各務利明(かがみ・としあき)に遊佐さん。
高校生…。
うーん、高校生?(笑)
高校生にしては声が大人な方向に悪過ぎます(笑)。
冷たく突き放すようなお声と、互いの想いを確信した後のあったかい声のギャップにメロメロ黒ハート
のじへの執着も、最早怨念がこもっているレベル。凄い独占欲。萌える…。
矢張りゆっちーには鬼畜ヴォイスの鬼畜攻めが似合いますぴかぴか(新しい)

脱げよ。ズボンだけ下ろしてその場で四つん這いになって尻を上げろ※高校生です
ひ〜〜〜〜〜(ぐるぐる)

のじが嫌がって躊躇していると、明らかに苛立った声で、
「早くしろよむかっ(怒り)
と静かに切れます。ぎゃふん。(何事)
この後の羞恥プレイと云ったらもう…甘さ控えめ鬼畜言葉攻めの見本のようです(笑)。
何って、のじが泣きじゃくって声が震えるのが悶絶可愛い。
も、もっと泣かせて…! と思わずゆっちーを応援してしまいました。
この絡み最後の方のゆっちーの台詞、

云えよ…

がもうもうセクシィ過ぎ。思わず巻き戻したくなってしまう衝動。
ゆっちー@各務は高校生である筈がないと確信したひろです。

このメイン二人がほぼ出ずっぱり。
CDでは、お話の展開が個人的にちょいと微妙過ぎました。原作はきっとこんなじゃない筈。
先ず、冒頭で衝動的にゆっちー弟の写真を撮ってしまうのじの行動が、正直ちょっと微妙…と思ってしまう構成あせあせ(飛び散る汗)
また、その写真を生徒手帳に挟んで忘れたせいでゆっちーにバレると云うこの不自然さ(笑)。
その後の展開もいちいち突っ込みを入れてしまい、世界観に浸れませんでした。
ひろは前半の学生篇よりも、後半の社会人篇(番外編?)の方が断然すきです。
学生篇はトラック6の、擦れ違いの終焉が聴いていて一番萌えました。
鬼畜プレイよりも何よりも甘いのに萌えてしまった…。
想いが通じた瞬間に張り詰めていたものが切れたみたいに、二人ともお声が優しくなって、聴いていてすっごく癒されました…ハートたち(複数ハート)
愛は世界を救うんだわ、本当に…と変なところで感心してしまったひろです(…)
個人的には最高のキャスティングなのに勿体無いし、惜しいなあ…な1枚でした。
声買いでしたら、推奨します(笑)。

フリートークは8分強。
最初から最後まで二人っきりのゆる〜いフリートークです(笑)。


▼原作
無器用なのは愛のせい
無器用なのは愛のせい
posted by ひろ at 22:18 | Comment(6) | TrackBack(2) | BLCD(タイトルは行)

2006年10月24日

最近聴いているキャラソン達★

Web Clap有り難う御座いまするんるん
お返事が気まぐれですみません…。

>10/16 零さま
昔は良く聴かれておられたのですか…っ(喰い付くな)。
ひろは逆に此処数年で有り得ない枚数聴いています(笑)。
またその辺り(?)も語ってやって下さいませ〜黒ハート

>10/20 1時
「君が恋に堕ちる」、今聴いています!(…)
面白いレビューが書けるかは謎ですが、も、もうちょっと待っていてやって下さいませ…(笑)。

>10/22 22時
「東京騎士王国2」、実は既に聴いてレビュー書き掛けて途中で止まっています…。
エスパーかと思いましたひらめき(ぇ)
が、頑張ってみます…!(ぉ)

>10/23 13時
共に成田師匠とお呼びしましょう!(最早ご本人様の了承は必要としない/ぁ)
面白いと云って戴けて嬉しいですハートたち(複数ハート) また遊びに来てやって下さいませ〜るんるん

>10/24 6時
こんな早朝に有り難う御座います(笑)。
「不器用なのは愛のせい」、聴き終わりましたので近々! お待ち下さいませるんるん
光ちゃんファン、心強いです! と云うか嬉しいですハートたち(複数ハート)

--

最近、通勤の時にせっせとキャラソンを聴いて頑張って覚えています(ぉ)。
ひろはメジャーなアニソンは知らない癖に、コアなキャラソンはやたら知っています(笑)。

●Infinite Love
TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」OPです。

アンジェのアニメは初回を録り逃したので、DVDレンタル待ちで全然チェックしていなかったのですが(…)、OPとEDがめちゃくちゃイイ!ぴかぴか(新しい)
此方は谷山紀章くんがヴォーカル。
飯塚さんのサウンドはひろの大好物なので(黒ハート)メロディラインが可也好み。
紀章くんの歌唱力は今更説明するまでもなしで。
特に、歌中の彼の英語の発音が好きなひろでするんるん
Infinite Love
Infinite Love



●Dearest You
TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」EDです。

2HEARTSです〜ハートたち(複数ハート) ←モリモリと立木さんのユニット。
頑張る君を応援! 的な元気をくれる歌でするんるん
いやいやいや、もうそんなことは置いておいて良いくらい(!)モリモリの歌声にくらくらです〜ハートたち(複数ハート)
今までは、個人的にモリモリは歌うと声が地声に近く、高くなる傾向だと思っていて、普通の演技の方が好きだったのですが、萌えました(ぁ)。
何か、すっごく声が綺麗なんです。愛しくなります。ぎゅってしたい。大好き。(告白した)
立木さんとのハモりもすっごく綺麗で癒されますぴかぴか(新しい)
Dearest You(DVD付)
Dearest You(DVD付)



●はらり、ひらり
劇場版「遙かなる時空の中で 舞一夜」主題歌です。

劇場版 遙かなる時空の中で 舞一夜 メイキング ~八葉抄から舞一夜を観てからすっごく聴きたくなって。
sonaさんの歌は初めて聴きましたがとっても良いです黒ハート
遙かのしっとりと雅やかな世界観とも良く合う、美しいメロディ。
sonaさんのお声は透明感があって優しくて心地好いです。
歌詞も凄く凄く季史のことを歌っているようで、儚くてたまりません。
はらり、ひらり


●暗闇の傀儡子
「遙かなる時空の中で2」より、アクラムの新曲…と云うには発売が可也前ですが(苦笑)。

この歌が聴きたいがためにこのCDを…。正直キツいです(涙)。
けれど、ひろはおっきーの歌に目がないのです。大好きなのです。
アクラムのキャラソンと云うことで、おっきーの声は白龍の時と違って美しいけれどもダーク。
しっかしアクラムの歌は相変わらず暗いです(笑)。
いや、良い云い方は沢山あるのだけれども、この暗さがイイんですよね。
今回はイントロが結構V系な感じだったので激しい系で来るのかと思ったのですが、おっきーが歌いはじめたら何時も通りでした(笑)。
けれども、可也良い曲です。一回聴いて「イイ!」と思えます。
「横たわる御前飾るよう〜るんるん」の辺りで、←と同じおっきーの囁きが聴こえて鳥肌立ちました。
セクシィ過ぎ…!
遙かなる時空の中で2~夕影の栞~


●冬空からの贈り物
●風織の衣をその肩に
「遙かなる時空の中で2」より、四神のCPデュエットソング。
前者が朱雀、後者が白虎チーム。

朱雀コンビの歌はまたまた「冬」で「雪」な感じの歌で綺麗です。
鉄琴の音(?)が良く合う感じで一回聴いただけで好きになってしまいました。
しっとりしつつも明るい雰囲気の曲で可也お気に入りるんるん
直純くんの歌はもう云うまでもなく大好きなのですが、ひろは宮田さんの歌声は遙か2の彰紋くんの優美な声の時が一番好きなのですハートたち(複数ハート)
白虎のお二人は相変わらずダンディに大人の魅力でどん! です(何)。
特に和彦さんにぐらっぐらしました(…)。
此方はしっとり落ち着いた秋の歌と云う感じ。矢張り美しいです。
歌詞が美しいから余計にそう感じるのかなあ。
遙かなる時空の中で2 小春日和
遙かなる時空の中で2 小春日和



●お前という陽だまり
「遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション」より。
地の青龍、平勝真&源九郎義経篇の、九郎の新曲です。

何となく、モンゴルENDの後の九郎な雰囲気。
穏やかで暖かい、幸せな歌です。
智一さんの歌い方もだいぶ大らか。
普段の張り上げるような激しさが好きなひろには少し物足りないけれど、幸せな歌だからすき(笑)。
ほんとに影山さん作曲なの〜っ? と思いました(笑)。
ひろは九郎が神子に対して兄弟子で在ろうとする姿が大好きでした。
遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション1 地の青龍


●玲瓏なる覚悟よ
「遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション」より。
地の朱雀、彰紋&武蔵坊弁慶篇の、弁慶の新曲です。

玲瓏=玉などが透き通るように美しいさま。また、玉のように輝くさま。
これは一体何ENDの弁慶の歌なのか…。
めちゃくちゃ物悲しいです。曲調も、歌詞も。宮田さんの声もすっごく低くて抑えた感じの歌い方。
神子を現代へ還して、それでも僕は想いも変わらず此処で満月(=神子)を見上げています、的な。。。
解釈はまあ人それぞれと云うことで。悲しくも、綺麗な歌です。
遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション3 地の朱雀
遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション3 地の朱雀



●憧憬のプリズムは七色
「遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション」より。
天の白虎、藤原幸鷹&有川譲篇の、譲くんの新曲です。

いやあ…ラビリンスの次はプリズムと来たか…(笑)。
普通にとっても良い曲なのですが、そこかしこに感じる昭和の匂い(笑)。
譲くん、あなた一体幾つなの…っ!(ぁ)
歌詞の頭が「手袋失くして〜るんるん」なのですが、ひろは最早それだけで噴いてしまいました。
譲くんのあの嫉妬深さは個人的に遙か3の名物ですのでお勧めです(何)。
中原さんの歌はいつもサウンドがすっごく美しいイメージです。雅やかなんですよね。
ひろは同CDに収録されている、「喪失のモザイク」が最高に好きです。
遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション4 天の白虎
遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション4 天の白虎



●視界ゼロからの脱出
●Simple Dimple Smile
●君がいれば大丈夫。
●サウダージ~郷愁~
●灯りになりたい
TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」キャラクターCDシリーズより。
Vol.1〜5はそれぞれ、ゼフェル・ランディ・マルセル・ルヴァ・クラヴィス。

まんまとKOEIに踊らされています…っ。
このキャラクターCDシリーズ、まだまだ延々と続いているんですよ…。
あああ…解っていても聴いてしまう。。。
ゼフェル:この曲が今までの歌の中で一番好きです。聴きやすいし覚えやすい!
     けれども、みっちゃんてこんなに癖のある歌い方をする人でしたっけ?
ランディ:相変わらず神奈さんの声は癒し効果抜群です…ぴかぴか(新しい)
     何て優しい歌い方なんだ…(きゅん)。元気をくれる歌です。
マルセル:比呂くんて、ほんと声変わらないなあ…と先ずは感嘆(笑)。
     マルセルの歌は何時も、「味方だよ」って云ってくれてるみたいで大好き。
ルヴァ:俊くんなら何でもイイひろですが(ぁ)。
     今回も優しいほのぼのとした、ちょっと異国情緒を織り交ぜたメロディライン。
     俊くんの歌い方がまたほわんとしていて癒されます…。大好き。
クラヴィス:いやはや、最近クラ様と云えばばっちり田中さん声が再生されるようになりました。
     勿論、今でも塩沢クラ様は大好きですが黒ハート
     田中さんの歌はライブのDVDを見た時から可也ファンです(笑)。
     一生懸命、想いを込めて歌っていらっしゃるのですよ〜。必死と云うよりも、一生懸命。
     しっとりと流れるような美しい歌です。
     特にサビの、随所でキーが高くなる処の田中さんの歌い方が好き。
恋する天使アンジェリーク~心のめざめる時~ キャラクターCD Vol.1恋する天使アンジェリーク~心のめざめる時~ キャラクターCD Vol.2恋する天使アンジェリーク~心のめざめる時~ キャラクターCD Vol.3

恋する天使アンジェリーク~心のめざめる時~ キャラクターCD Vol.4恋する天使アンジェリーク~心のめざめる時~ キャラクターCD Vol.5


●LIDDELL
ドラマCD「Are You Alice?」シリーズより、白ウサギのキャラソンです。

すっごいV系です! サウンドがめっちゃ格好良くて森久保くんにぴったり。
今のところ、森久保くんの歌の中でこれが一番好きかも(笑)。
多分ひろだけだと思うのですが(笑)、出だしはPierrot.のようで、途中からLUNA SEAを彷彿とさせられました。
首振りたくなります。V系万歳…!(ぁ)
これだけのクオリティがあるのなら、アリスのキャラ全員のヴォーカルCD出して欲しいくらいです。
激お勧め。
LIDDELL.Are You Alice?-Character vocal maxi


●癒しのMuse
●今宵CEREMONY
「松川依織&松川皇/癒しのMuse 〜フルハウスキス シングルコレクション Vol.11〜」
「御堂一哉&一宮瀬伊/今宵CEREMONY 〜フルハウスキス シングルコレクション Vol.12〜」

フルキスのキャラソンは可也好きなので今回も聴いていまするんるん
前者はもうもう、望さんのセクシィさに総て持って行かれました…ハートたち(複数ハート)
両方とも好きなんですが、ひろが気になるのは後者。
一哉くんと瀬伊くんの間で火花がバチバチ爆弾
…の前に最大の疑問は、一体どれがサビのメロディラインなのか? と云う問題(…)。
途中までは解るんです。
ああ、こっちがハモりだな、とか。
サビになった瞬間、メロディを見失ったのはひろだけですか?!(ガクガク)
何度聴いても解らない。=歌えない(チーーーン)。
どなたか教えてやって下さい…っ(えぐえぐ)
そして歌の中盤で突如勃発する一哉VS瀬伊モード!(何だそれは)

一哉「諦めろよ。あいつは、俺のものだ」
瀬伊「自信過剰は、命取りだよ」
一哉「愛の楔で繋ぎとめ」
瀬伊「羽を毟った僕のこと」
一哉「どっちを…選ぶ…

……。

白状します。
ひろはフルキスで一番好きなのは依織くんです(チーーーン)。
次点が麻生くん…。(…)
ええそうですよ声で選んでますよごめんなさい。(謝った)
しかし…羽を毟ったって瀬伊くん…(笑)。
そしてこの歌で連想するものと云えばアレしかありません。
そう、遙かなる時空の中で2~花鏡~に収録されている「月光の蜘蛛糸 素肌の海賊船」です。
これ、アクラムと翡翠のデュエットと云う訳の解らない歌なのですがめちゃくちゃ良いんです(笑)。
だっておっきーと和彦さんだもんね…そりゃイイ歌にもなるさ…
これも、神子に「どっちを選ぶか」を迫る歌詞なんですよね(笑)。
しかも歌詞が可笑しい(笑)。

二人「どちらだ?」
置「めくるめく絶望か
和「しなやかな欲望か
二人「いたいけな魂で選べばいい」

どっちもヤだよ(笑)。
しかも、フルキスは台詞ですが、これはがっつり歌です。しかもサビ(笑)。

2006年10月21日

10/21判明分予約&購入可能新譜リスト

→のサイドバーに常時最新情報を掲示していますが、発売後は気付いた時にどんどん消去してしまうので、ご要望により記事として或る程度残します。
ご参考にどうぞひらめき

10月

10/15 【BLCD】無器用なのは愛のせい
10/18 【BLCD】征服せよ
10/18 【BLCD】英国妖異譚4 終わりなきドルイドの契約
10/18 【CD】遙かなる時空の中で 舞一夜~熾火
10/20 【BLCD】ドロシーの指輪
10/25 【BLCD】僕の恋の話・ヒメゴト
10/25 【BLCD】生徒会長に忠告
10/25 【BLCD】Sでごめんね
10/25 【BLCD】願い叶えたまえI
10/25 【BLCD】ラブホリック〜恋愛処方箋〜
10/25 【CD】遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション5 天の青龍
10/25 【CD】遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション6 天の朱雀
10/25 【CD】TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.9 オリヴィエ
10/25 【CD】TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.10 アリオス
10/25 【CD】TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.11 ユーイ
10/26 【PS2】水の旋律2 緋の記憶(限定版)
10/26 【PS2】水の旋律2 緋の記憶(通常版)
10/26 【PS2】マーメイドプリズム 限定版BOX
10/26 【PS2】マーメイドプリズム(通常版)
10/27 【BLCD】ボディーガードは愛を継ぐ
10/27 【BLCD】蜜的男子スパイラル
10/27 【BLCD】JUNK!BOYS
10/27 【BLCD】KYOUHAN 〜共犯〜
10/27 【BLCD】花嫁は翡翠に奪われる
10/27 【PC】バトラーズ ~召しませお嬢様~
10/27 【PC】Lamento -BEYOND THE VOID- (初回限定版)
10/28 【BLCD】YEBISUセレブリティーズ4
10/28 【BLCD】好きこそ恋の絶対
10/28 【CD】フルハウスキス シングルコレクション Vol.13 東條葵&中泉隆行/ 青春AFTERMATH
10/28 【CD】フルハウスキス シングルコレクション Vol.14 山本春太&北条竹治/恋花EDUCATOR
10/30 【BLCD】さあ恋におちたまえ4

11月

11/10 【BLCD】ワガママ王子に甘い罠
11/10 【PC】パレドゥレーヌ 初回限定BOX版
11/15 【BLCD】彼とダイヤモンド
11/21 【BLCD】乱れるセクシー・リーマンズ
11/22 【BLCD】不夜城のダンディズム
11/22 【BLCD】セーラー服はだれが着る!?
11/22 【BLCD】秘書は艶然と嘘をつく
11/22 【CD】遙かなる時空の中で 舞一夜~常緑
11/22 【CD】パレドゥレーヌ perfect audiotracks
11/22 【PS2】名探偵エヴァンゲリオン プレミアムBOX
11/24 【BLCD】純愛エゴイスト
11/24 【BLCD】籠蝶は花を恋う
11/24 【BLCD】舞踏会の手帖~Un Carnet de Bal~
11/25 【BLCD】この世異聞
11/25 【BLCD】Don't Worry Mama
11/25 【BLCD】鍵のかたち
11/25 【BLCD】ムーンリット・ハンティング
11/28 【BLCD】束縛の甘い罠
11/29 【BLCD】若社長の優雅な休日
11/29 【CD】遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション7 地の白虎
11/29 【CD】遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション8 地の玄武
11/30 【PS2】仔羊捕獲ケーカク! スイートボーイズライフ(限定版)
11/30 【PS2】仔羊捕獲ケーカク! スイートボーイズライフ(通常版)
11/30 【DS】ポケットシナリオシリーズ 遙かなる時空の中で 舞一夜

12月

12/8 【CD】パレドゥレーヌ PLATINUM DISC“Hommage”~ドラマ&イメージソング前編
12/21 【PS2】フルハウスキス カプコレ
12/22 【CD】パレドゥレーヌ PLATINUM DISC“Hommage”~ドラマ&イメージソング後編
12/22 【CD】DJCD BL学園放送部「ベル☆ラジ」

2007年

2/23 【DVD】OVA 冬の蝉 第一巻【初回限定版】
3/23 【DVD】OVA 冬の蝉 第ニ巻【初回限定版】
4/27 【DVD】OVA 冬の蝉 第三巻【初回限定版】
posted by ひろ at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜・新作ゲーム情報

2006年10月20日

「征服せよ」レビュー

征服せよ
征服せよ

お勧め:★★★★★
絡み:★★★★★
主要キャスト:緑川光・子安武人・成田剣・宮田幸季・松本保典


うわあああああ文句なしに萌 え た … !

前作、「略奪せよ」のレビューで、不満を感じた面は続編に期待、なんて云っていた気がするのですが、期待していて良かった!グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
ひろは前作よりも続編である今作の方が断然好きです。
激お勧め。


・ストーリー
水戸泉さん原作の海賊BLの続編でするんるん
鋭い瞳の不敵な海賊・レイノルズ(子安さん)に攫われ、あれよと云う間に恋人同士となった、白皙の元海軍中尉・ルーク(緑川さん)。
レイノルズの愛は甘く激しく濃厚で、常にルークを護ってくれる。
けれども、気高い心の持ち主のルークは、自分もレイノルズのことを護りたいし、もっと力になりたいと日に日にその想いを強めていった。
そんな或る日、ルークにそのチャンスがやってくる。
ルークは危険な潜入作戦に自ら志願。
しかし待ち受けていたのは、レイノルズと因縁の深い、美貌のウォンシャー公(成田さん)で――。

作品全体にミステリアスな雰囲気が漂い、何が起こるのかドキドキしながら最後まで聴きました。
夜中に聴いたのでちょっと怖さも感じつつ(BLなのに/笑)、面白かったです。
特に大航海時代や海賊に過剰な萌えを抱いているひろではありませんが、今作に限っては兎に角萌えました。
良い。水戸泉さんのファンタジー微ギャグBL、可也良いです。
と云うかキャスティングが最高でした。
バナナジュースカンパニーさん有り難う。本当に悶えました。


・声
前回と同じ面子なので、詳細は不要かと思いますが…
美貌の海軍中尉、主人公ルクリオール・アリオスト(ルーク)に緑川さんるんるん
前回は秘めた想いや立場が兎角前面に出て、固い印象だった光ちゃんの演技プラン。
今回は、ルーク自身が色々と吹っ切れたこともあってか、もうもう本来の光ちゃん受けが存分に愉しめました黒ハート 続けて聴いたら逆に違和感なく聴けるのかなあ
台詞の大袈裟さもなくなった(若しくは気にならなくなった)し、ギャグ風味もプラスされて最高ハートたち(複数ハート)
相変わらず頑なで、考え方も固いのだけれど、それがギャグの方に向いているので聴いていてしんどくないんですよね。
もうルークったら天然だなあ〜ハートたち(複数ハート)(ほわわん) ってなもんです(笑)。
気高く美しい光ちゃんの受け声をご堪能あれるんるんぴかぴか(新しい)
絡みはめっさエロいです。爆弾
エロいと云えば、相変わらずブックレットがエロいんですが如何すれば…(笑)。

伝説の提督(今は海賊)レイノルズ・ノートンに子安さん。
レイノルズも今回から更にくだけた感じで、とても好感を持ちました黒ハート
何せこやぴの声がハマり過ぎていて何処も不満が有りません(笑)。
こやぴのお声は相変わらず太めで低く、地声をそのまま少し太くした雰囲気です。
けれども、高貴な感じが残るんですよね。気品が。キラキラしてます。
もう、格好良いの何の…!!
光ちゃんをからかうみたいに甘く揶揄する囁きや小さな笑みが悶絶格好良いの〜〜〜黒ハート黒ハート
軽い調子で口説き文句が吐ける男・こやぴ。悶えます。
ちょっとした小さな台詞もこやぴ声に乗ると、演技っぽくなくて自然。
矢張りこやぴの演技力は段違いですねぴかぴか(新しい)


このCPの絡みは絶品中の絶品ぴかぴか(新しい)
トラック1だけでお腹一杯になる程に萌え悶えました!(凄い有様だな)

子「この前誓った言葉は、全部嘘?」
緑「…っ、嘘ではありません!」
子「じゃあ本当?
緑「……」
子「…可愛いね(囁)

ひ〜〜〜格好イイ〜〜!!黒ハートあせあせ(飛び散る汗)←夜中に本当に叫びました(…)
そしてこやぴの、「本当?」のニュアンスがすっごくすき…。(くらくら)

この後壮絶な口喧嘩(笑)から絡みに縺れ込むわけですが。
口喧嘩がまた萌えるんですよねえ…ハートたち(複数ハート)(末期)
キャラが喋っているとしか思えないんです。凄いよこのふたり…!
こやぴの、「ああ〜、もう煩いなあ、君は!」はきっと原作を読んだだけではこんな激しい萌えは来ないと思います(何)。

しかしキャプテンレイノルズ、某西原高敏くんの実の兄上かと思いました(笑)。
高敏くんと同じような鬼畜言葉攻めが何箇所か有るんです。
水戸泉さんの萌えなんだろうなあ…、この台詞とこのシチュ(笑)と思いながら聴いていました。


古城に住む、美麗な公爵・ティバルト・ウォンシャーに、成田さん。
もうまた憎いほどのナイスキャスティングを…!ぴかぴか(新しい)
しかし成田さん×光ちゃんを聴くと如何してもケダモノシリーズを思い出して悦ってしまいます…
麝香(じゃこう)の香りを纏った柔和な紳士は実は●●だったのです…! な役(笑)。
成田さんぴったり過ぎます。
優しく落ち着いた、あまり作った感じのしない成田さんの美声に蕩けそうになりましたハートたち(複数ハート)
とっても上品です。
けれども、成田さんの凄いところは、最初っから最後まで妖しいところ(真)。
登場シーンなんて、本当に温和で優男風で声も優しいし、行動も特におかしくないのに、何かにおうんですよ(笑)。
絶対一筋縄ではいかないぞ、こいつ…爆弾 と思わされる演技プランでした(笑)。
突然ですが、最期に成田さんが、「小賢しい…!」とこやぴに捨て台詞を吐くシーンがあるのですが、ちょっと萌えました(ぇ)。
あああ〜〜〜、また是非是非出て来て欲しいキャラです。

そしてそして、こやぴの船のクルー(?)、に宮田さんと松本さん。
今回も宮田さんの詐欺師・アッシュは可愛かったハートたち(複数ハート)
ちょっとお子様気味なお声ですがすごーーく可愛いです。
本当に七つの海を股に掛けた詐欺師なのかなあ…。
今回はただのいじられキャラのようなポジションでしたが(笑)。
松本さんのミュンツァーにも前回に引き続き癒されましたるんるん


兎に角萌えどころ満載のこの一枚。
絡みも濃ゆめなので、BLベテラン組なお嬢様方にもご満足戴けるかと思います(笑)。
ラストの絡みも壮絶です。
光ちゃんの悲痛な叫び、

あなた以外に何かされるなら、舌を噛んで死にます!

にだいぶキュンとしました。
情熱的で大変宜しい。(何で某氷室っちみたいな口調なんだ)

こやぴの台詞も、

「御仕置きだよ…、ルーク。」
「狂ってしまえ。私のことしか知らない、本物の色狂いになればいい。」
「私だけ見ていろ。私から、離れるな。」

……もう萌えの宝庫でしたハートたち(複数ハート)

ラストはいい雰囲気に痴話喧嘩で萌えます。
最後の最後までルークは「漢」でした。
強気な感じの、「一手御指南願います!」がまた良いんだ…。
でも呆気ない程にすぐ負けて、
今夜もベッドにおいで、仔猫ちゃん
と軽〜くこやぴに云われて、光ちゃんの返した台詞が、
気持ちの悪い渾名を付けないで下さいっ!むかっ(怒り)
えっ、そこなの…?! 突っ込みどころ、そこなの…?!(笑)。


通販特典のフリートークCDは何と20分弱!ぴかぴか(新しい)
美味しすぎる〜〜ハートたち(複数ハート)
こやぴの流暢な司会でとっても聴きやすいです。
このひと本当に司会とか上手だよね、何処で練習したんだろ(笑)。
相変わらず成田さんが可笑しい…ひろのツボなんだなあ…(笑)。

成「あの〜ぉ、要するに公爵なんですけれども、あの〜ぉ、バケモノと云うことでね、あの〜ぉ、ちょっと微妙なそのアレが、とっても難しく、
子「アレ?
成「ええ、あのー、でもとっても愉しくやらせていただきましたよ!」
子「(笑)。聴けよ!(笑)アレってなに?」
成「アレって云うか、だから、色んなものが…

そんな感じで始まる成田さんのトークでした(笑)。
成田さんと光ちゃんは友好を深めているようだし、こやぴと光ちゃんは相変わらず仲良しだし、こやぴは最後、何様なの?(笑)って感じに皆を褒め出すし、中々充実したフリートークディスクですぴかぴか(新しい)


▼原作+関連作品
征服せよ 略奪せよ 
posted by ひろ at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(1) | BLCD(タイトルさ行)

2006年10月18日

BLキャラ連想バトン

あいらさんから受け取って参りました。
あいらさん、いつも有り難う御座いま〜す黒ハート
な、長くなりそうだなあ…(笑)。

▼ルール
・次の言葉に当てはまる、最初に思い浮かんだBLキャラを1人だけ答えましょう。
(※30〜32・35は該当2人)
 ※ひろの場合、たぶん1人に絞るのは色んな場面で無理かと思います
・ついでにそのキャラの登場作品・作者も書いて下さい。
 ※寧ろ声方面で答えて行く所存です
・BLであれば漫画・小説どちらの登場人物でもOKです。(脇役でもOK)
・同じキャラを何度答えても構いません。
・それではどうぞ〜


1.リーマン
本田賢三(CV:森川智之)
●山田ユギ「最後のドアを閉めろ!

リーマン→ユギさん→本田っひらめき と云う勢いのある回答です(笑)。
モリモリの渋っぶい年下攻めが絶品なんですよねえ…ハートたち(複数ハート)

2.課長
大宝和彦(CV:置鮎龍太郎)
●九州男児「課長の恋

課長→「課長の恋」→おっきーだ!ひらめき
のじけんさんもちょっぴり天然ブラックな感じで可愛いのだるんるん

3.部長
某テニス部部長(CV:置鮎龍太郎/ぁ)←BLぢゃない

4.社長
某神羅カンパニーの社長(CV:大川透)←だからBLぢゃないじゃん

5.医者
小原達哉(CV:置鮎龍太郎)
●天花寺悠「内科医のメランコリー

高根千尋(CV:子安武人)
●高岡ミズミ「可愛いひと。

絞れなかった…。
ぱっと思い浮かんだお医者様なお二人。萌えです。

6.歯科医
村瀬一明(CV:森川智之)
●六堂葉月「ケダモノシリーズ

逆にこのひとしか思い付きませんでした…(笑)。
サディスト歯科医。モリモリのお声がたまらなくセクシィ黒ハート

7.弁護士
神崎洸(CV:森川智之)
●水戸泉「絶対服従

弁護士って他に一体誰が居るんだろう…全く思い浮かばない…。
まだまだBL勉強不足です。

8.刑事
伊藤和久(CV:緑川光)
●井村仁美「110番は甘い鼓動

高梨良平(CV:置鮎龍太郎)
●愁堂れな「罪な約束

パパッと二人のお声が頭に響きましたひらめき
しかし110番シリーズ(?)を聴いたのって、何年前なんだろう…(笑)。
三木くんの甘〜い囁きにくらくらした覚えがあります。
その当時から三木×緑川に弱いひろ。
良平は原作から好きですが、おっきーの柔らかい関西弁に癒されます黒ハート

9.893
麻見(CV:子安武人)
●やまねあやの「ファインダーの標的

咄嗟にそう思いましたが、麻見って裏社会のひとではあるけれど、別に893ではないような…(ぁ)。

10.芸能人
岩城京介(CV:森川智之)
●新田祐克「春を抱いていた」

って、勿論香藤くん(CV:三木眞一郎)もね!(笑)
岩城さん大好きです。喰っても喰われても二度美味しい…(ぇ)。

11.教師
小野坂(CV:野島健児)
●ねこ田米蔵「つよがり

教師って沢山居るだろうに、ポンっと浮かんだのが、のじの気弱な小野坂ちゃんでした(笑)。
ねじれたEDGE」でものじは先生ですよね〜るんるん

12.助教授(or教授)
宮城庸(CV:井上和彦)
●中村春菊「純情テロリスト」

助教授なら、同シリーズの上條弘樹(CV:伊藤健太郎)黒ハート
教授の文字を視た瞬間に、和彦さんのモノローグが浮かびました。

13.料理人
風真涼介(CV:子安武人)
●森本あき「気まぐれシェフの恋のレシピ

中河原大智(CV:小西克幸)
●崎谷はるひ「手を伸ばせばはるかな海

何故か大智よりも先に涼介が出て来たのは、こやぴの演技の賜物かと(笑)。
大好きなこやぴ×だいさくCPで満足したCDだったような気が…ひらめき(うろ覚えなのかよ)
大智は素で大好きです。こにたんの声もぴったんこ。
彼が好き過ぎて、ブルーサウンドシリーズの原作揃えちゃったよ…(笑)。

14.王子
エンジェル・リューイ・アシュレイ(CV:櫻井孝宏)
●南原兼「魔法学園シリーズ

誰が何と云おうと、リューはひろの中で王子様黒ハート
櫻井くんの柔らかく甘〜い攻めヴォイスに眩暈を起こしながら、今の所シリーズ制覇中(笑)。
松本花さんの、「苺王子」の光ちゃんも王子王子していて(どんな)良いのだけれど。
それなら寧ろ、葉月珪(CV:緑川光)ぢゃん?←趣旨ズレ過ぎですよひろさん

15.小学生
取手正(CV:岸尾大輔)
●大和名瀬「ちんつぶ

だいさくは小学生役だって完璧にこなしますぴかぴか(新しい)(ぉ)
お仕事で、ちんこー! とか、うんこー! とか云えて超愉しかったそうです(笑)。

16.中学生
百木唯(CV:緑川光)
●扇ゆずは「BROTHER

やっぱり此処は唯でしょうぴかぴか(新しい)
光ちゃんが声を当てている中学生キャラはきっと沢山居るけれど、唯が大好きです黒ハート

17.高校生
青木遼平(CV:森川智之)
●バーバラ片桐「溺愛酷愛症候群

高槻忍(CV:岸尾大輔)
●中村春菊「純情テロリスト」

高校生はすっごい沢山浮かびます。某鷹野先輩とかあの辺り大体そうだし…。
けれども、敢えてこの二人に(笑)。
「溺愛酷愛症候群」ではもう高校生ではなくなっている青木くんですが、「学園懲罰委員会」では高校生だったのでひらめき
ひろ的に、忍チンも外せません。
あんな男泣きする高校生他に居ないよ!(笑)

18.大学生
藤井(CV:羽多野渉)
●ホームラン・拳「僕は君の鳥になりたい。

ひろの中で、大学生=ヘタレなお兄さんイメージが最初に浮かび、そして藤井くんが…(笑)。
藤井くんにマヂ惚れなひろ。これで羽多野くんにも堕ちました。
藤井のような人を見掛けたら是非ひろまでご連絡を(ぇ)。

19.メガネ
いわぶちんこ(CV:遊佐浩二)
●大和名瀬「ちんつぶ

中嶋英明(CV:森川智之)
●氷栗優「学園ヘヴン

矢張り中嶋様は外せないのです…、が!
ひろが最初に浮かんだのは、いわぶちんこでした。ちんこなのにメガネ。
岩淵本体ではなくて、いわぶちん(もうイイから)

20.ホクロ
鯨井純(CV:緑川光)
●山田ユギ「俺は悪くない

頭にパッと鯨井さんの目の下のほくろがフラッシュバック…!(使い方間違ってますよ)

21.オヤジ
考慮中(ぁ)

22.白衣
橘芳明(CV:遊佐浩二)
●みなみ遥「危険な保健医カウンセラー

何故最初に浮かんだのがゆっちーの爽やかで妖しい先生だったのか誰か教えて下さい(笑)。

23.人間じゃない
神谷ちんこ(CV:櫻井孝宏)
●大和名瀬「ちんつぶ

ひろがどれ程「ちんつぶ」が好きなのかアピールする記事みたいになって来てる…(笑)。
けれども、一番最初に浮かんだのだから仕方がない。好きなんだもん。(ぁ)
神谷ちんこが「ううっ」と苦しむ声にたまらなく萌えます。
神谷並びに神谷ちんこの声が櫻井くんでほんとに良かったハートたち(複数ハート)

24.外国人
アルベルト・ヴァレンティアノ(CV:諏訪部順一)
●やまねあやの「異国色恋浪漫譚

外国人と云えばべさま!
中でもひろは日本ヲタなアルが大好きですハートたち(複数ハート)

25.お坊ちゃま
橘季慈(CV:置鮎龍太郎)
●日向唯稀「誘惑

何故か、お坊ちゃまの文字を視た瞬間におっきーの一人称「僕」喋りが聴こえました。
他におっきーがお坊ちゃまっぽい声を当てている作品有ったかしら…。

26.セレブ
考慮中(…)

27.年下攻
香藤洋二(CV:三木眞一郎)
●新田祐克「春を抱いていた」

ひろが年下攻めに開眼したのは香藤くんのおかげ。
三木くんの演技がまためちゃくちゃ良い!ハートたち(複数ハート)
読まなきゃ&聴かなきゃ損する作品だと思います。

28.ヘタレ攻
森永哲博(CV:鳥海浩輔)
●高永ひなこ「恋する暴君

個人的に彼はKing of ヘタレ攻めですひらめき
鳥ちゃん繋がりで、志水ゆきさんの「是 -ZE-」の七川雷蔵もヘタレ攻めですよね〜ハートたち(複数ハート)

29.年上受
秦野幸生(CV:鈴木千尋)
●崎谷はるひ「ANSWER

ちーちゃんが大好きになったきっかけの作品黒ハート
包容力のある受けは素敵です。

30.義兄弟
高根千尋(CV:子安武人)と高根絢一(CV:櫻井孝宏)
●高岡ミズミ「可愛いひと。

…もう、養子縁組したから義兄弟ではないのかな?
元々義兄弟ではない? んん?(…)

31.先輩と後輩
咲坂和臣(CV:森川智之)と桜野有紀(CV:宮田幸季)
●南かずか「仔羊捕獲ケーカク!

超好きです。
咲坂先輩が特に悶え死にそうに好きです。モリモリの先輩声に弱いのか…。
PS2版仔羊捕獲ケーカク! スイートボーイズライフを予約してしまう程にハマっています(…)。

32.年の差カップル
後藤ヒカリと小倉ユカ。(教師×生徒)
●扇ゆずは「浴びる純情

これだけ音声化していない作品だ…(笑)。
けれども、ぱっと浮かんだんだもの〜〜。
ひろはこの漫画が大好きなのです。このCP、悶え死ぬかと思いました。
続編が読みたいなあ…。。。

33.マイ キング オブ 攻!
うーん。
モリモリだと全般的にキングなので(笑)、ピンポイントでいくと。。。
エンジェル・リューイ・アシュレイ(CV:櫻井孝宏)
草間野分(CV:神奈延年)
かな。
それぞれ、魔法学園シリーズ(南原兼)と、純情エゴイスト(中村春菊)より。

34.マイ キング オブ 受!
ある意味「恋する暴君」の巽なんてそうなんだろうけれども(笑)、矢張り此処は「春を抱いていた」の岩城さんでしょうひらめき

35.マイ ベストカップル!
「春を抱いていた」の岩城さんと香藤くん。
後にも先にも、こんなにも二人の幸せを願ったCPは有りません!

…が、矢張り外したくないのは中村春菊さんの「純情ロマンチカ」シリーズの3つのCPひらめき

純情ロマンチカ(ウサギさん(CV:花田光)×美咲(CV:櫻井孝宏))
純情エゴイスト(野分(CV:神奈延年)×上條(CV:伊藤健太郎))
純情テロリスト(宮城(CV:井上和彦)×忍(CV:岸尾大輔))


▼バトンを渡す人
ひろが訊きたいな〜って思っている方には皆様廻していらっしゃるご様子ですので、まだやってないよってな方がいらっしゃいましたら持って行って下さいるんるん

--

そ、それにしても。。。
自分でも良ぉ〜く解ります。
めちゃくちゃ偏っていると云うことが。
声優さんのお名前がほぼ同じ人たちの繰り返し。
原作者様は割とばらばらなのに…何故?(…)
posted by ひろ at 23:26 | Comment(4) | TrackBack(2) | 雑記

2006年10月16日

「恋する暴君」レビュー

恋する暴君
恋する暴君

お勧め:★★★★★
絡み:★★
主要キャスト:緑川光・鳥海浩輔・宮田幸季・杉田智和・平川大輔


新作ラッシュの今日この頃。
何故にこのブログはこんなに過去作品のレビューを上げているのだか…(…)。
USEDでこれの原作を入手して、うっかり萌えてしまったので去年聴いたこのCDを引っ張り出して来て聴いたらば。
前聴いた時とは比べ物にならない程の萌えに出会いました。
原作読みが重要なこともあるんですね…!(今更)
と云うか、元々この原作を手に取ったのは、先日ライブパステルコレクション2006を観て、鳥海くんと緑川さんの朗読が良かったのが印象に残っていたからなのですが(笑)。
因みに、インターさんから12月25日に続編がリリース予定でするんるん 愉しみハートたち(複数ハート)


・ストーリー
高永ひなこさん原作の、BLとは思えない暴力受けコメディ(笑)。
大学院生の森永哲博(鳥海くん)は、先輩の巽宗一(緑川さん)に一方的な思いを寄せていた。
ところが、巽はこの世で最もホモが嫌い。
しかも乱暴でワガママで、それを隠そうともせずに世界中からホモを廃そうとする始末。
そんなまるで暴君のような巽であったが、森永の気持ちは知っているし、キスまでは許していた。
けれど、二人の関係は恋愛とはほど遠い、先輩・後輩止まりのまま、森永の片想いは何と最早5年目に突入。
そんなある日、森永にとって最大のチャンスが訪れ、半ば強引に巽と関係を持ってしまう。
森永の行動に大激怒の巽。
果たして森永の長年の想いは報われるのか――。


・声
BL作品史上最強と云っても過言ではない受けっ子、巽宗一(たつみ・そういち)に、緑川さん。
この受け様、本気で史上最強です(笑)。
彼を越える受けは後にも先にも見当たりません!
兎に角、常に本気で全力で理不尽に暴力的(笑)。
もう常に全力で怒っていて、それが可笑しくてたまりません。
あの光ちゃんが、如何やってこの演技をしているの?! と思ってしまう程、ず〜〜〜〜っと怒り叫んでいます(笑)。
ドラマCD「キレパパ。」の光ちゃんのキレっぷりも見事なものですが、ひろ個人的には此方の方がよりリアルにキレている気がします。
何が凄いって、去年このCDを聴いた時には、
「ぶっちゃけこの三白眼気味のイラスト、光ちゃんの声に合ってるのかなあ…」
と思っていたのですが、原作を読んでから再度CDを聴くと、イラストが浮かぶんです!
あの、巽先輩のキレている顔が!(笑)血の涙を流している顔が!(笑)
流石光ちゃん…、素晴らしいぴかぴか(新しい) と改めて惚れ直しました。
そんな光ちゃんのお声は、受けにしては珍しい程に低くて、しかも美しく繊細でクリアな、「美声」系ではないお声です。
イメージ的には、咎狗の血のシキのお声から一寸クリアさを取り払った感じ。
それくらい低いです!(※因みにシキ様はバリ鬼畜攻めです/笑)
ほんと、こんな受け声な光ちゃんって稀有過ぎます。
光ちゃんの受けと云うとめちゃくちゃキュートか、もう本当にあなた何なの?! と思うくらいセクシィで、絡みはとろとろに蕩けたヴォイスが聴ける印象ですが、この作品は一味も二味も違う光ちゃん受けが聴けますぴかぴか(新しい)
何せ、絡みの時ですら全力でキレているので!
それが、ちょっとずつ蕩けていくのがまたたまりませんハートたち(複数ハート)
いやはや、けれどもこの難しい役を此処まで演じ切るとは…完敗です。(何が)
毒薬を調合して妖しい笑いを轟かせているシーンにすら悶えました(笑)。

そんな暴君・光ちゃんに5年越しの片想い中、森永哲博(もりなが・てつひろ)に、鳥海くん。
この鳥ちゃんの良さが、去年CDを聴いた時には解っていませんでした…。
と云うよりも、ひろは、鳥×緑若しくは緑×鳥が自分の嗜好に可也合っていることに未だ気付けていなかったのです。
ついでに云うと森永と云うキャラクタの魅力にも気付けていなかったのです。。。
今回改めて原作を読み、CDを聴き直して、森永に惚れましたハートたち(複数ハート)(ぇ)
この、絵に描いたようなへたれわんこ攻め。
時にあざとくなる癖に、最終的にはメタメタにやられてしまう哀れさ。
そう、可哀想な奴なんだけども可愛すぎる!
そんなキャラの喋り口調にぴったり過ぎます、鳥ちゃん。
演技プランが何処か鈴村さんを彷彿とさせる箇所がぽつぽつ有りましたが、やっぱり鳥ちゃんは語尾が可愛いです。あと、微妙な声の揺れが絶妙。
鳥ちゃんのお声は地声よりも一寸高めで学生してます。と云うか後輩声(笑)。
ひろは、兎に角ヘタレで光ちゃんに口喧嘩ですら全く勝てなくて泣きそうになっている処と、絡みでスイッチが入って物凄い勢いで発情する処がたまらなくお気に入り。

本編はこの二人が兎に角出張っていて、攻めなのに鳥ちゃんがモノローグで(笑)、鳥ちゃんファンに美味しい一枚です。逆にメイン2人以外はほぼ出て来ません


・雑感
トラック3が兎に角良いです。絶品です。
遣り取りが軽快でギャグのテンポも良いし、絡みですらキレている(笑)上に、昔の杉田さんばりに戦っている光ちゃんが新鮮だし、たまりません黒ハート

平川さんから貰った媚薬を部屋に隠していた鳥ちゃん。
光ちゃんは、酒がなくなったと鳥ちゃんをパシリにしている間に、鳥ちゃんの部屋を家宅捜索してお酒を探します。
その時に、お約束通り媚薬入りのボトルをウイスキーだと勘違いして一気に摂取。
すぐに効果はあらわれず、帰宅してあたふたする鳥ちゃんを余所に光ちゃんは涼しいお顔。
此処で平川さんにかつがれたものと勘違いした鳥ちゃんの一言。

森永のおバカさん…!(T∀T;)たらーっ(汗)

これ、原作でも大好きなシーンなのですが声が入るとたまらなく良かったです!ハートたち(複数ハート)

そして、媚薬の効き目があらわれた夜中、もよおしているのにもかかわらず、理不尽にキレまくる光ちゃん。
兎に角、鳥ちゃんを外出させようと必死。
色々と理由を付けてお使いに行かせようとするのですが、上手くいかず。。。
結局、最終的にはブチ切れ(笑)。

「じゃあ、30分でいいからそこらを散歩して来いよ!!!むかっ(怒り)むかっ(怒り)

もうこのシーンも大好き! お腹がよじれる…!(笑)
その後、光ちゃんの台詞に「こんにゃろー…」と云う呟きがあるのですが、個人的に流川っぽくて萌えました(何報告だよ)

ひろはこのお二人のCPの時のエロさ加減が好きです(真)。
CDラストの絡みは、原作より濃ゆい気がするくらいひらめき
逆は良く有るけれど(原作の絡みの方が濃くて良かった的な)、CDの方が濃ゆいと感じることは珍しいと思います。
このお二人がメインにキャスティングされているCDは、ギャグと絡みが秀逸なんですよねえハートたち(複数ハート)

原作を読んで思ったのは、CDはえらく理路整然としたなあ、と云うのが一番大きいです。
兎に角、原作よりも「解りやすく」なっています。
原作にないエピソードや、恐らく後から出て来るのであろう、過去の話なども順序立てて(悪く云えば説明ちっくに)回想されていて、お話のラインは1本、きっちり見えます。
ただ、脚本化された時にカットされたギャグシーンの台詞や、それに伴う、台詞の捉え方の微妙なニュアンスの違いなんかも有ったりします。
特に、もうちょっと台詞が割愛されていなければ、光ちゃんは更なるグッジョブを見せてくれたんじゃないかなあ…と思ったシーンが幾つかありました。
光ちゃんの役はもっと、森永に対する「揺れ」が有って良かったと思うし、そう云うシーンが割愛されていたのは残念でした。
思えば、去年CDだけを聴いて萌えがやって来なかったのはその辺に原因が有る気がします。
森永の魅力も、巽が暴君でありながらも森永に絆され、流されつつ、結局は惚れ込んでしまっている…と云う、微妙なニュアンスやなんかの表現も充分になされていない脚本だと思います。
この、巽の矛盾する心の揺れが個人的に萌えポイントだったので残念。。。
ですので、原作+CDのコンボでお勧め度星5つですぴかぴか(新しい)

フリートークは7分強。
ゆる〜い感じの、何かオカマバーのママみたいな喋りの鳥ちゃんが司会(笑)。
平川さんと仲良さそうなトークの後、杉田さんの扱いが意外と上手いことに驚きました(笑)。
ひろはこのフリートークの杉田さんの声がすきです。可愛いの。
光ちゃんは、さっきまで本当に巽先輩やってた人?
って疑いたくなるくらい落ち着いた普段のお声でした(笑)。


▼原作
恋する暴君 恋する暴君 2 (2) 恋する暴君 3 (3)
posted by ひろ at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(1) | BLCD(タイトルか行)

2006年10月15日

『専属で愛して』レビュー

専属で愛して
専属で愛して


お勧め:★★★☆☆


ま、また発売日に買ってしまった…。
みなみ遥さんの新刊です。
本当にひろはこの人のイラストに弱い…。

↓このイラが…っ好き、なんです…っ(デカっ)
専属で愛して

今月末に出る、CHILD EPICUREANもきっと買ってしまうことでしょう…(予言)。


…がしかし、今回の新刊はちょっと期待はずれでした。
短篇集と云った趣きの一冊なのですが、収録されている短篇の殆どが既読だったのですあせあせ(飛び散る汗)
普段雑誌買いをしないひろは、新刊はまるっと一冊愉しめるものなので、今回は一寸拍子抜け。。。
「BE BOY GOLD」の2005年8月の別冊付録と、「ぷあぷあ」は、正にみなみ遥さん目当てに購入していたひろなのでした…。

内容は、リーマン・出張ホスト・女装・ファンタジーもどき(笑)・ドクター&ナース・教育実習生…と、兎に角ごった煮状態のイロモノ揃い!
ストーリー云々よりももう、シチュエーションと、みなみ遥さんのエロ可愛い美麗イラストを堪能するための一冊となっております。

●「専属で愛して」
大学生出張ホスト×25歳エリートサラリーマン
年下わんこ攻めです黒ハート
受けのリーマンは、昼間のリーマン仕様のメガネ+髪型にはあまり萌えを感じませんでしたが、夜間は25歳には見えぬ可愛らしさでハァハァしてます(笑)。
部屋を間違えてやって来た出張ホストの巨根が忘れられずに、結局自分専属にしてしまう〜ってなギャグストーリィ。
エロいです、可愛いです!ハートたち(複数ハート)

●「その時愛は奪われた」
若社長×新入社員
若社長の、ノンストップ求愛セクハラストーリィ(笑)。
もう兎に角有り得ないシチュエーションのエロギャグ。
嫌がる受け子が新鮮でした。
ひろのお気に入りは、社長秘書の倉色さん。イイ人です(笑)。

●「愛のムチ 恋の蜜」
部長×部下
8ページショート。
訳の解らない理由で取り敢えず部下を犯しまくる部長(笑)。
でも喜んでいる部下。この辺になって来ると最早良く解りません(笑)。

●「生徒会室へようこそ!」
生徒会長(17歳)×新米教師(24歳)
此方も8ページショート。
何故か女装させた先生を犯しまくる(またか)生徒会長様。
特に個人的な萌えは有りませんでしたが、何てパンツを履かされてるんだ…! と(何)。
因みに、この生徒会長様は緑川さんの声が出ると良いと思います。
ついでに、副会長様は森川さん若しくは諏訪部さんの声だと思います(何)。

●「恋のレジェンド」
8ページシリーズ、ファンタジー?
コスチューム、設定に至るまでもう意味が解りません!(笑)

●「矢神ドクターの愛の診察室」
ドクター×ナース(♂)←そりゃBLだからね
8ページシリーズの中ではひろはコレが一番すき。
「矢神ドクター」「月代ナース」と呼び合っているあたり、もう突っ込みようもありません(笑)。
矢神ドクターはドクター繋がりでSHOW HAYAMI氏のお声なんていかがでしょう。(勝手に繋げるな)

●「舌先の甘い味」
教育実習生×生徒
みなみ遥さんらしい、可愛くて甘〜いお話黒ハート
危険な保健医カウンセラーの受け子ちゃんな雰囲気なので、思わず鈴木千尋さん声が再生されてしまいました(笑)。
教育実習生な攻めの彼が優しい笑顔の素敵なお兄さんで萌えます黒ハート
兎に角みなみ遥さんのイラストに悶えっぱなしのお話でした。

●「専属で愛して 〜その後〜」
えっと…相変わらず巨根でした。(何だその投げ遣りな感想は)


…前もみなみさん関連の本の記事で書いた気がするのですが、表紙のカラーイラストがイマイチ。
あとがきのページに、表紙の線画カットが使用されていましたが、そっちの方が断然綺麗。
印刷の問題なのかなあ。
みなみ遥さんのイラストは細い線が綺麗なのですが、線画が太めになってしまっているし、肌色が綺麗に発色されていない気がします。
↑の画像すら本物の表紙よりも色味が薄くて綺麗に見えるくらいあせあせ(飛び散る汗)
表紙をめくった、扉絵(口絵?)の方が綺麗ーっ黒ハート と思いました。
うーむ。
posted by ひろ at 17:32 | Comment(2) | TrackBack(1) | BL本関連

2006年10月14日

「だまされたい」レビュー

ドラマCD だまされたい
だまされたい

お勧め:★★★★☆
絡み:★★★
主要キャスト:岸尾大輔・森川智之・宮田幸季・井上和彦


来週、友達が泊まりに来るのでお部屋の掃除をしていたら(主に未聴のCDたちをクローゼットに分類して収納していた)このCDを発掘。
キャスティングを見てぶったまげました。
何でこれを未だ聴いていないかな、自分…!バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ってなわけでお掃除中断、即CDプレイヤにセット(笑)。
途中まで聴いておいてある「きみが恋に堕ちる」を取り出してしまいました…(…)。


・ストーリー
きたざわ尋子さん原作。
田村深里(岸尾くん)は、元・芸者の母の死後、異母兄弟の片瀬理人(森川さん)に引き取られることになり、現在も共に暮らしている。
二人の父親が当時芸者だった深里の母に手を出して生まれたのが、深里だった。
年上の片瀬に惹かれるようになり、身体の関係を持ったのが、5年前。深里が15歳の時だった。
しかし、超一流詐欺師と云う裏稼業を持つ片瀬は、深里に快楽を一方的に与え続けるのみで……。

素直に面白かったです。
ストーリーもしっかりしていて、扱っているテーマ(詐欺師!ぴかぴか(新しい))がエンターテイメントとして面白いので聴いていて飽きません。
最近、学園ものが(聴き過ぎて)ちょっと厳しくなって来ているので良い気分転換になりましたるんるん
ただ、多分原作はもっと面白いんじゃないかなあ…と云う気はしました。
良くも悪くもサラっと聴けるCD、と云う印象です。
3年前にリリースされたCDですが、絡みは普通にそこそこ濃かったのも印象的でした(笑)。


・声
主人公・田村深里(たむら・みさと)に岸尾くん。
確か20歳の役…だったかな。
お声は岸尾くんの受けにしてはちょっとばかり低めの、落ち着いた青年ヴォイス。
何と云うか、「わざとらしさ」「演技っぽさ」が感じられない!
とってもナチュラルなお声で耳に心地好かったです。
暴走一切なしのだいさく関連作品でこんなに「いいわ…黒ハート」と思ったのって久々かも(笑)。
ひろの中で、岸尾大輔と云う声優さんは、暴走してこその芸人キャラ的な面が可也色濃くて、それでいてそんな暴走しているだいさくがひろは大好きなのです。
結構苦手って方もいらっしゃるようですが、寧ろひろはそこが好き(笑)。
ほんとにだいさくのギャグ演技は絶品です! バレスタでどれだけ笑わせて貰ったか…。
元気をくれる声優さんなのです。
…脱線しましたがあせあせ(飛び散る汗)、だいさくの透明感の有るたおやかで優しいお声を堪能出来る作品でするんるん 宮田さんと喋っているシーンなんて、本当にだいさくが落ち着いた大人に聴こえます(笑)。
けれども、絡みは結構激しめなだいさく(笑)。
流石、光ちゃんをお手本にしているだけありまするんるん
常に余裕がない感じで、息が多いです。
ほんとにヤってるみたい!(もうちょっと表現の仕方考えようよひろさん)
最近リリースされたものよりも、何だか自然に聴こえたのはひろだけですか?(笑)

岸尾くんとは異母兄弟、経営コンサルタント会社を運営しつつ、超一流の詐欺師と云う裏の顔を持つ男・片瀬理人(かたせ・りひと)に森川さん。
多分30歳ちょい前くらいです。(どんな予想だ)
このモリモリに悶えまくりました。
ひろがモリモリに悶えるのは最早日常茶飯事ですが(…)、ツボをぐいぐい痛いほどに刺激されるこのキャラ設定。
原作者様はモリモリ声を想像しながら書いたのでは…と思う程にピタリとハマったお声です。
大人の男・モリモリの、腰にぐぐっと来る低音ヴォイス。
だいさくに対するくだけた喋り口調「〜だね」(←コレに先ず悶えました)に時々まじる、「〜しなさい」な命令口調。
ひろは、命令口調や敬語調の攻め様がツボに来るシチュエーション+声と、如何しても肌に合わないそれが有りますが、今回は間違いなく前者です。
こう云う系統のモリモリ声では鬼畜キャラが多い気がしますが、彼は鬼畜でもないのです。
お声の纏う雰囲気は優しい。ぎゅんぎゅんしました。
詐欺師と云う犯罪者である己を自覚するが故に、愛するだいさくと一定の距離を保とうと意識しつつも、触れずには居られなくなり、けれども一線は越えないと己に我慢を強いている、感情をおさえた声がもうたまりません!
べらべら喋るキャラでもないので、そこまで台詞は多くないのですが、要所要所で萌える台詞を吐いて下さいます。ひろは悶えっぱなしでした(…)
絡みの時の言葉攻めなシーンで、恋からシリーズの高敏くんと同じような台詞が有ったのですが、もう全然雰囲気違います。役者さんって凄い。

モリモリが手を組みたがっている、元・錠前破りの長岡信乃(ながおか・しの)に、和彦さん。
この和彦さんヴォイスがまた良いのです!ぴかぴか(新しい)
何と云うか、若い! 爽やか! でも、含みが有ると云うか…ああん。(何)
イメージは、NARUTOのカカシ先生のちょっと若めの声。で、一寸爽やかにした感じ。
昔、遙かシリーズの元祖友雅に堕ちた時のようなときめきに出逢いました…ハートたち(複数ハート)(ぇ)
本当に脇! で、ちょびっとしか出て来ないのが残念です…あせあせ(飛び散る汗)

和彦さんの恋人は中学生! 15歳の松崎勇真(まつざき・ゆうま)に、宮田さん。
宮田さんは邪気のない可愛いキャラクタに相応のお声。
ブラック1%も有りません(笑)。
優しくて可愛いお声ですが、聴き易かったです★


・おすすめ
ひろが一番悶えたのが、トラック4の真ん中あたりです。
5年越しで身体の関係が続いているのに、何故かだいさくは色々と勘違いをしていて、頭を冷やすために和彦さんのオウチに居候させて貰っているところに、モリモリが迎えに来るシーン。

岸『だけど、片瀬が次に云った言葉には、抵抗出来なかった。』
森「深里。」
岸「え…っ」
森「…深里、おいで。乗りなさい。」

ええと、何回も巻き戻しました(笑)。
ヤバイです。このシーン、ほんと萌えます。

その後、初めて一線を越えるシーンが有るのですが、それにも萌えました黒ハート
戸惑うだいさくがめちゃくちゃ可愛いのと、モリモリがいちいち悶える台詞を吐くのです…!

「今日は…少し、辛いかもしれないね。」
「力を、抜きなさい。」
「こうするのは初めてだね。」

ヤ バ イ 。 ( 萌 )

この人の演技は演技に聴こえません。ほんとに愛しそうなんだもの! 萌ゆる…。
フリートーク…と云うか、キャストコメントも3分弱ほど収録されています。

それにしても原作の気になる作品です。
これは元々、和彦さん×宮田さんCPのシリーズの番外編シリーズらしいのですが、ひろは詐欺師・片瀬が気になって仕方ありません(笑)。
この、モリモリ×岸尾くんCPのシリーズも可也何冊も出ているみたいで…。
USEDで探して大人買いしたい衝動が…爆弾あせあせ(飛び散る汗)


▼原作
だまされたい
posted by ひろ at 23:25 | Comment(4) | TrackBack(1) | BLCD(タイトルた行)

2006年10月12日

「ウブ」の全サが到着。

「ウブ」1巻「ウブ」2巻購入時についていた応募券で申し込んだ全サが到着しましたひらめき

春を抱いていた イラスト&カラー短編集「KISS OF FIRE」の出来があまりに良かったので、
可也期待していたのですが、内容はまあまあ…かなあ、と云う感じあせあせ(飛び散る汗)
全ページフルカラーなのは嬉しかったですが、可也「同人誌」感が有ります。
値段もそこそこだったと思うんですが(←覚えていない)ちょっぴり拍子抜け、が正直なところ。
矢張り「男が男を愛する時」シリーズよりも、「春抱き」の方が好みなせいも多大にあるとは思うのですが。。。
と云うか、まあまあ全サなのでね!

…と云う記事を上げようと思っていたら友人から電話が掛かって来て、3時間程声優トークで盛り上がってしまいました(笑)。

--

▼Web拍手のお返事ですひらめき
>ロコさま
恋から、御気に召したようで何よりですハートたち(複数ハート)
って、思わず製作者のようなコメントをしておりますが(笑)。
勝平さんもぽつぽつとBLに出て下さるので、是非是非もっとハマって下さいませハートたち(複数ハート) そしてひろと語ってやって下さい!(そっちが目的か)
11/25リリースの「Don't Worry Mama」も確か勝平さんだったかとるんるん
また何時でも覗いてやって下さいです〜黒ハート

>がじゅさま
に、ににに日参して下さっているのですか! ぎゃふん(ぇ)
有り難う御座います(深々)。
本当は毎日更新したいのですが、手元に音源やコミックスやノベルスはどっさりあるのですが、如何せんそれを消化する時間が毎日取れずでして…。。。
たまに鬼のように更新することも御座いますので、今後ともお付き合い下さいませるんるん

--

全然関係ないのですが、ひろの勤務している会社の、ひろが所属している部署の、ひろと同じチームに先月、新人さんが入って来られました。
新人さんと雖も、ひろより年上の方なのですが。(←今日判明した)
ひろは兎角実年齢より上に見られるタイプでして、年齢を云うと驚かれるのが最早普通のことになっているのですが、その新人さんに今日異様に驚かれてちょっとショックだったり…(笑)。
とまあ、そんなことは如何でも良いのです。
その方が誰かに似てるなあ…と一ヶ月前から思い続けて来ましたが、今日やっと気付きました。
彼女は神谷浩史さんにすっごく似ていらっしゃるんです!(笑)
と云うか神谷くんの妹さんなんぢゃ…と思わず思ってしまう程に。
残念ながらお名前は「神谷」ではないのですが。。。(そりゃな)
やっと解ってスッキリしたひろなのでした(笑)。
posted by ひろ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2006年10月10日

『夢を見るヒマもない』レビュー

夢を見るヒマもない
夢を見るヒマもない


お勧め:★★★★★


山田ユギさんの新刊でするんるん …と云うには発売からちょっと経ってしまっていますがあせあせ(飛び散る汗)
今作も面白かったです。
ありとあらゆるところでユギさん節炸裂! と云う感じで大満足ぴかぴか(新しい)
気になっている方は、ひろのレビューなんて見てないで今すぐ買って下さい(笑)。

元・航空専門学校の同級生同士、山奥の航空専門学校でルームメイトになった吉武と川村のお話。
因みに↑の表紙の右が吉武(よしたけ/攻)で左が川村(かわむら/受)です。
クールで大人な吉武に対して、川村はいかにも高校生っぽい甘さとその年代特有の熱さみたいなものを持っている印象。
最初は全く噛み合わなかった二人の関係も、数ヶ月を同室で過ごす内に緩やかに変化していったのだけれども。。。吉武の父親が飛行機で事故死したことを切欠に吉武は退学、川村は吉武との繋がりを失くしてしまう。
――が、作中での「現在」の時間軸では彼らは成長しており、二人の就職先の航空貨物会社で再会を果たしたところから再び運命が動きはじめ…。

…ってな感じのストーリー。
パイロットもの…なのか?(笑)
ひろは何が好きかと云うと、ユギさんの作品殆どに対してそうなのですが、
この程好い青臭さが可也ツボ。
ユギさんの作品は、全然全く「二人の世界」ではなくて、脇が濃ゆいキャラで固められ、読み手に伝わって来にくい、良く解らない当人同士の感情に置いてけぼりにされることがないところが本当に本当に大好きです。
加えて、今作でもそうなのですが、「学生時代」が過去回想で使われることが多く、「今」、仕事をして生きて居る男たちが描かれているところも大好き。
その生き様が、全然綺麗とか凄いとか偉いとかではなくて、生身の、等身大の男なんです。
すっごく、其処に居そうなんです。実際現実にはあんなイイ男たち居ないけど(笑)。
だめで、ヘタレで、男だから我慢出来ないこともあるし浮気もするし、行動が矛盾してたりするし…、けれども、ちゃんと一途で純情な面も持っていたりして、その部分が急に爆発して泣きながら本音をぶつけたりなんかしちゃったりして、青臭くて生っぽくてたまらんわけです!(鼻息ダッシュ(走り出すさま)

今作なんて、吉武は学生時代から大人でクールに見えるのに目の前の男(川村)に手が出せなくて先輩を喰う始末だし(しかもその先輩がとんだ魔性)、でも川村と再会してまたちょっと仲良くなって来た瞬間に「つい」ちゅーしちゃうし、その上そのまま逃亡するし(ちゅー逃げですよ!(笑)どんだけヘタレなんだ)、置いてけぼりにされた川村はめちゃくちゃ乙女ちっくに涙しちゃう上に、あらぬ淫夢を見ちゃうし(笑)、そんないざこざごたごたしているところに魔性の先輩・森下が帰国して来ちゃうし、森下を想い続けていた(既に過去形)ごつい先輩・吉田は何時の間にやら川村のお父さんみたいになっているし(笑)、これで面白くならないわけがないじゃないか!!!!(大興奮)

吉武の、クールでデキる男なのにちょっとしたところがヘタレって云うギャップがいい。
川村のお笑い体質と、純情さと、夢を追う瞳と、夢を見い出すモノローグがいい。
主役CPを凌駕する魔性の先輩・森下の飄々としたタレ目眼鏡っぷりがたまらなくイイ!(笑)
森下先輩が出て来ると、お話自体やメインCPたちは一様に掻き乱されるのだけど、読んでいる方は何だかこう、息が抜ける気分になります(笑)。
森下がメインの番外編「服を着るヒマもない」では、「顔がちょっと…」と云う理由で昔振った筈の厳つい吉田から精気を搾り取ってました(爆笑)。
こんな飄々とした襲い受けを見たのは初めてです!(笑)
彼は明らかに影の主役です。
だって、コミックスのカバーをめくれば、そこには彼が…(笑)。

イラストは、吉武はめちゃくちゃセクシィで、川村はかわゆい黒ハート
森下先輩はやっぱり魔性だし、吉田先輩は熊みたいだし(笑)。
川村は、「俺のこと好きになってほしい…」なシーンの表情が個人的に一番、

悶絶可愛い〜!!!!ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)(動悸息切れ)」

となったのですが、吉武に限ってはあちこちのコマの表情に心臓がばくばく失恋あせあせ(飛び散る汗)
特に本編一番最後の絡みのシーンの顔アップ2つ! 何だあれ格好良すぎ!(ぎゅーーーん

で、矢張りユギさん作品に共通して云えることだと思うのですが、「生きていくこと」とか、「自分の将来」とか、誰しもが幾度かその岐路に立ち、選択を迷った経験のあるような、そう云う人生の問題が根底のテーマに据えられている気がします。
だから、作品に芯が有ると云うか。
だけど、決して大袈裟に感じさせないのが山田ユギマジック★
ただ、男同士で恋だ愛だ愛憎の縺れがなんだって、それだけじゃなくて。
それぞれ、道を見いだすって云うのかな。
それぞれのキャラクタが、「ああ、生きて居る」と思う瞬間です。
それでもって、重たいテーマなんだけど、ユギさんが描くと重くなり過ぎたり、真面目になり過ぎたりしないところも激しくツボ。
程好いギャグ具合と、シリアスなところはちゃんとシリアスに魅せてくれるし。

今作でも、「ああ、イイな」と思ったシーンは結構「仕事」に絡めたシーンが多かったです。
例えば、川村の仕事に、思いも寄らぬアクシデントが起こるところ。(御相撲さんのところです/笑)
このCP、花型のパイロットではなくて、搭載とロードコントロール勤務なのです。
簡単に云うと、実際に飛行機に荷物を積み入れる人(吉武)と、飛行機全体のバランスを考えて(乗客の体重とか燃料とかね)、積荷の搭載位置を決める人(川村)。
自分がきちんとプランを出せば、吉武が如何にかしてくれると信じ、奮闘して、川村がそれを乗り越えて行った後のシーンですよ!
屋上(?)で2人が「お疲れ」ってハイタッチするあれ!
もう、物凄く心当たりがあります!(笑)解る〜〜!! と萌えました(笑)。
こうやって、仕事上で信頼を深めて行くのって萌えます。
働く男萌え。純粋に格好良いですよね、やっぱり…。

えーとえーと、何かだらだら語っていますが、本当に云いたいことはひとつだけ。

単純に面白いです。

ほんとは、その一言で良いのだと思います(笑)。


で、声ヲタのひろはもしもこの作品がCD化されることになったら…、のキャスティングを今日仕事中に物凄く真剣に考えていました。(真剣に仕事して下さい)
大抵何時も、コミックスを読んでいる最中にキャスティングの神様が降臨して、それ以降はそのまま自動再生されるひろなのですが、何故か今作は難しい!あせあせ(飛び散る汗)

クールな攻め・吉武に…
最初に思い付いたのが、小西克幸さん。表紙を見た瞬間に、こにたん顔だなあ、と。
で、本編を読んで…と云うか、吉武の台詞を読んでいる内に、三木眞一郎さんのが良いかも…と思い始め。。。そうなって来ると、最早解りません(笑)。

かわゆい飲んだくれ受けっ子・川村に…
表紙を見た第一印象では、野島健児さん
かわゆさがのじっぽいなあと。光ちゃんだと可愛過ぎるかなあ、なんて。
でも、本編を読んで行く内にひろの頭にはあるひとつの声しか聴こえなくなりました。
鈴村健一さんです。笑。←何
某作品の影響で、すずの飲んだくれ演技が生っぽくて異様に良かったのが強く印象に残っているせいだと思うのですが、云い回しとかが物凄くすずに合っている気がします。
と云うか、彼なら完璧に川村を再現してくれる気がする…。

魔性の先輩・森下に…
野島裕史さん。これは、森下先輩の顔を見た瞬間にのじお兄ちゃんが降りて来ました。
何故かたま〜におっきー声も降りてくるのですが(笑)。

実はイイ奴な、厳つい(でも多分一番の常識人だと思う…)吉田先輩に…
森川智之さん!!!!(大プッシュ)
モリモリの野太い粗野な声が聴きたい!(それだけかよ)

……けれども、何だかもっと更なる「Best」なキャスティングが有るような気がしてならないひろ。
どなたか、ひろに萌えキャストを提供してやって下さい。。。
posted by ひろ at 23:57 | Comment(4) | TrackBack(2) | BL本関連

2006年10月09日

久々の書籍大量(?)買い♪

連休最終日は朝一番にビーケーワンから、注文していた本が到着るんるん
この間、初めてビーケーワンでお買い物をしたら500円のギフト券を戴いたので、ついついあせあせ(飛び散る汗)

何度かメイトやUSEDで探したのに見付からなかった本を中心に6冊購入しました★
まあ、普通にメインで欲しかったのはユギさんの新刊なのですが
今日はもう食料の買い出しにも行ったし、お昼に作ったオムライスの残りのチキンライスを明日のお昼にまわして…、夜はクリームシチューでも作ってこれも明日のお昼、会社に持って行こうかなるんるん
すっかり朝晩は寒くなって来たので、暖かいシチューが恋しいひろなのです。
それにしても今月に入ってお金使い過ぎかも。。。
昨日はお気に入りのブランドのお洋服を20,000円ほど衝動買いしちゃったし、大好きなマジョリカ・マジョルカの化粧品も5,000円ほど買ったばかり。
BLものにも可也出費してるし…食費はおさえられないし、大変あせあせ(飛び散る汗)

さーて、気を取り直してまったり読書しま〜すハートたち(複数ハート)
今日はCDも1〜2枚聴きたいしゲームの続きもしたいし…ううう(…)。

▼今回購入した本たち
夢を見るヒマもない
夢を見るヒマもない

寧ろこの一冊が欲しかっただけなのですが(笑)。
ユギさん激ラブです〜黒ハート

愛人☆淫魔ver.PINK
愛人☆淫魔ver.PINK

ドラマCDで、光ちゃん×だいさくと云うひろ的に萌え死ぬほど美味しいCPの原作第二巻るんるん
相変わらず物凄い勢いでギャグの香りが…(笑)。

僕の恋の話・ヒメゴト
僕の恋の話・ヒメゴト

これはもうすぐドラマCDがリリースされるので。
神葉理世さんのシリアス(…なのか?)ものってもしかすると初めてかも。

純愛ロマンチカ〈4〉
純愛ロマンチカ〈4〉

えーっと、頭と終わりについている中村春菊さんの漫画が読みたいがために購入しています(笑)。
今回は記憶喪失編でげろ甘らしいので本編も愉しみなのですが黒ハート

恋の雪さわぎ
恋の雪さわぎ

恋からシリーズで唯一、これだけ所持していないのでこの機会に揃えることにしましたるんるん
水戸泉さんの、軽いのに濃ゆい小説大好きですハートたち(複数ハート)

金色のコルダ 7
知らぬ間に7巻が…あせあせ(飛び散る汗)
今唯一読んでいる少女漫画かも…(笑)。イラストが綺麗で好きなのです★

…お買い物のついでに立ち寄った某大手USED書店で↓も買っちゃいました。。。
六人の超音波科学者―Six Supersonic Scientists
六人の超音波科学者―Six Supersonic Scientists


……「魔剣天翔―Cockpit on Knife Edge」と「恋恋蓮歩の演習―A Sea of Deceits」も手元にありながら未だ読めていないと云うのに。。。
しかも森ミステリィ、新シリーズも既に数冊刊行されていますよねあせあせ(飛び散る汗)
全然ついていけてません〜〜(涙たらーっ(汗)
posted by ひろ at 14:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | BL本関連

2006年10月08日

「愛と欲望は学園で3」レビュー

Dramatic CD Collection 愛と欲望は学園で3
Dramatic CD Collection 愛と欲望は学園で3


お勧め:★★★★★
絡み:★
主要キャスト:岸尾大輔・飛田展夫・遊佐浩二・浜田賢二


失礼ながら云わせて戴きますと、自分のこととは云え、超意外。
今作が、此処数日で聴いたCDの中で一番満足度が高いCDでしたひらめき
このシリーズ、1・2と聴いて来ましたが、普通にスルーする程度だったのに。
設定は有り得ないけれど、BLギャグ(どんなカテゴリ)だしね〜と本当にスルーしていたのに!
シリーズ中、今のところ今作がぶっちぎりでお勧めですぴかぴか(新しい)

遊佐浩二ファンは何も云わず、今すぐ聴くべし(笑)。


・ストーリー
梅沢はなさん原作の、愛と性と欲望が渦巻く学園青春ドラマCD、第三弾です。
「性」の価値観が劇的に変化している2×××年。
「性」のプロフェッショナルを育成する男子校・私立フルブルーム学園での青春ラブストーリー(?)2本立てです★
1本目は、学園長・浅葱高司(飛田さん)と、その新人秘書(で愛人)のイオン(岸尾くん)のお話。
『御曹司・李VS浅葱学園長×秘書・イオン編』と題し、常に影の存在としてあらゆるお話にその腹黒さを魅せ付けて来た学園長が、嫉妬に狂うと如何なるか…なストーリー。
当て馬ちゃんに学園の存在を忌み嫌う香港最大財閥の御曹司、李隆基(遊佐さん)も登場。
イオンを誑かそうとした彼は、これでもかと云うくらい黒狸学園長にしてやられます。

2本目はそんな李様と、李様にとっては鬱陶しい存在でしかない、学園ホスト科No.2のガイル(浜田さん)が恋に堕ちるまでのお話。

もう兎に角笑わせてくれます。
冒頭の学園生徒の会話を聴いただけで夜中に爆笑してしまいました。

「なあ、今日の保健の時間、身体測定だったよな?」
『ああ、俺何センチになったかな?』
「俺は前回、全長18センチ、周囲15センチでクラストップだったぜ手(チョキ)
『だよな! でも俺も最近結構鍛えてっから、今日は負けねぇぞグッド(上向き矢印)
「俺だって! 前回以上に勃たせてみせるぜぴかぴか(新しい)
『っと! いけねぇ! SM実習に遅れちまう!(以下略)』

ヤバイ。可笑しい…(笑)。


・声
主人公・桜沢イオン(さくらざわ・いおん)に岸尾くん。
元学園生徒で(その辺は1巻でどうぞ★)、今は学園長の秘書兼愛人。
誰にでも好かれるタイプの美人なこです。
そんなだいさくのお声は美青年ヴォイス黒ハート もう大好きハートたち(複数ハート)
秘書の時は常にしっかりとした美声なのですが、素のイオンに戻った時は可愛らしさが出るせいか、若干若返ります。ショタ声手前と云う感じかな。
基本的にギャグ調なお話ですので、だいさくぴったりハートたち(複数ハート)
けれども、その程好いギャグのお陰か、だいさく暴走ナシです(笑)。←ちょっとさみしい

学園長…と云うよりも総ての黒幕(笑)、浅葱高司(あさぎ・こうし)に、飛田さん。
敵を欺くには先ず味方から…を地で行く学園長様です(笑)。
ひろはこのシリーズで初めて飛田さんの悪い声を聴きました!!
それがもう、アンジェのリュミ様(と、丸尾くん/笑)しか知らなかったひろには衝撃。
だってだって、渋くて悶絶格好良いのです〜〜〜黒ハート
低い低い落ち着いたお声。品はあるのに、物凄く悪い。たまりません!
この確かな演技力、流石は飛田さん…ハートたち(複数ハート)
これでギャグもお上手なんですもの。もっとBLにも出て下さらないかしら…。

香港最大財閥の御曹司、李隆基(り・りゅうき)に、遊佐さん。
ゆっちーは李様以外にも、学園のナビゲータートッペ君(笑)とナレーションもやっていらっしゃって、3倍酷使されています(笑)。
李様のお声は低めの艶っぽい美青年クールヴォイス。
ゆっちーが、半笑いで小莫迦にしたみたいに喋るのがひろは物凄くツボ。
腹黒で悪い声なのですが、実はツンデレで可愛いのです〜黒ハートぴかぴか(新しい)
トッペ君のお声は…聴いて下さい黒ハート
初めて聴いた時は、ゆっちーったらこんな演技も出来るのね…! と爆笑しつつ感動しました(笑)。
トッペ君は1にも2にも出て来るのですが、久々に聴くと本当に笑えます。
それでもって何だか物凄く愛しい存在に思えてしまうのは何故…(笑)。
ナレーションのお声は凄く低くて太い感じの声で渋いです。ナレーションなので淡々と喋っているのですがゆっちーの輝きは消せませんぴかぴか(新しい)

素直になれない李様を落としてしまう、学園ホスト科No.2のガイルに、浜田さん。
わんこ攻めですよ〜るんるん
遙か3の銀が明るく朗らかになった感じの爽やかヴォイスでするんるん(それは最早銀ではない)
浜田さんって、爽やか過ぎるとオーラが消えてしまって一瞬誰か解らないのはひろが未だ勉強不足だからでしょうか…バッド(下向き矢印)
けれども、今まで聴いたハマケン爽やかヴォイスの中で、ひろはコレが一番好みかも。
奴隷シリーズの花月・ヘミングウェイは別格だけれども(笑)。


・おすすめ 沢山あるので軽く箇条書きで(笑)。
・トラック1ラスト:トッペくん
じゃじゃーんと出て来ます(笑)。壊れた人形みたいな喋り方で可愛い

・トラック2ラスト:突如ゆっちーの背後に現れる飛田さん
飛「Mr.李……(ぬっ )」←大爆笑でした
遊(この黒狸が…っむかっ(怒り)

・トラック4真ん中:だいさくの昨夜回想ギャグ
ああ〜ん黒ハート←だいさくノリノリで可愛いのです

・トラック6:激情に狂う学園長飛田さん黒ハート
兎に角飛田さんの迫真の演技が最高ですぴかぴか(新しい)
作中に出て来る、ゆっちーの声が出るレコーダー…。ひろも欲しい。(ぁ)

・トラック6ラスト:飛田さんとだいさくの会話
飛「…可愛かったよ←吐息台詞
岸「オニー! アホー! ドSー! ヘンタイー!むかっ(怒り)むかっ(怒り)

・トラック7:トッペ君のシステムダウンのニュース
ゆっちーで遊ぶ飛田さんにしか聴こえません(笑)。

・トラック8真ん中:飛田さんのことを思い起こして怒りに肩を震わせるゆっちー
「んんん…っむかっ(怒り)←いわぶちんこを彷彿とさせます(笑)

・トラック11真ん中:我知らず浜田さんに落とされたゆっちーハートたち(複数ハート)
遊「触るな!←ちょっと泣きそうで可愛い…!
浜「李…まさか、あんた……」
↑この、浜田さんの「李…」のニュアンス、すっごく良いですぴかぴか(新しい)
遊「触るな! 二度と、僕に触るな…!」
そしてツンデレ爆発爆弾

・トラック12真ん中:ゆっちーツンデレ(どんな説明だよ)
これほんとに聴いて下さい! 可愛くて憤死します!
遊「……、だよ…。」
↑若干キレ気味なのも可愛いハートたち(複数ハート)
これに、

煩い! もう一生云わん!あせあせ(飛び散る汗)

と続くのがもう可愛過ぎる。
……これで〆に絡みがあったら最高だったんだけどなあバッド(下向き矢印)
〆はゆっちーのナレーションでした(笑)。更にトッペ君が復活して最後の最後までゆっちー祭りでした(笑)。

兎に角、ゆっちーを丸ごと美味しく戴けるCDひらめき 激お勧めですハートたち(複数ハート)
ゆっちーと云えば、販売元サイトでのCMも可也可笑しかったです(笑)。

岸「園長! 何だか学園が大変なことになりそうなんですが…大丈夫なんでしょうか?」
飛「うろたえるな、イオン。
  いいか、どんなピンチにあっても素早く対処出来るよう、常に股間を磨いておけ(ニヤリ)
岸「解りましたぁぴかぴか(新しい) っておい浅葱! 五感を磨くの間違いだろ?!むかっ(怒り)(略)」
遊(トッペ君)「流石園長! きんピーーがすわっているね!(無邪気)」
このゆっちーにだいさくが突っ込みを入れるのも美味しいるんるん

最後の最後にトッペ君が苦しそうにしているのも、ひろには最早いわぶちん(略)が苦しんでいるとしか思えません…っ(笑)。


▼原作+関連作品
愛と欲望は学園で(3) Dramatic CD Collection 愛と欲望は学園で Dramatic CD Collection 愛と欲望は学園で2
posted by ひろ at 20:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | BLCD(タイトルあ行)

2006年10月06日

「夜ごと蜜は滴りて」レビュー

LYNX CD COLLECTION 夜ごと蜜は滴りて
LYNX CD COLLECTION 夜ごと蜜は滴りて


お勧め:★★★☆☆
絡み:★★★★★★
主要キャスト:野島健児・小西克幸・神谷浩史・遊佐浩二・福山潤・増田ゆき・風間勇刀


・ストーリー
和泉桂さん原作の、時代特有の風情が漂う下克上ラブです。
時は大正。没落しつつある旧家の次男・清澗寺和貴(のじけんさん)は、美貌と奔放な振る舞いで社交界に「淫乱」との醜聞を垂れ流していた。
そんな中、秘書仲間の深沢(小西さん)と出会い、彼の清廉で温和な人柄に反感を覚えつつも、我知らず惹かれていく。
しかし、彼の中に直接的に宿った想いは、深沢を己のものにして、それから後に貶めたいと云う、何とも歪んだ独占欲であった。
その想いに従い、深沢を誘惑した和貴を待ち受けていたのは、もう一つの顔を持つ深沢の仕掛けた淫靡な罠だった――。

待望の小西さん×のじけんさんるんるん なCDです。
このお二人は、「ねじれたEDGE」、「手を伸ばせばはるかな海」の名作CDCPなのです黒ハート
ひろは両作とも大好きで大好きで何度も聴いているので、今回とっても愉しみにしておりました黒ハート
…が、今回もその過剰な期待に自ら堕とされました。。。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

現在ひろは、BLCDは99%キャスト買いです。
原作が大好きで大好きでCD化を待ち望んでいるもの以外は総てキャスト買いなのです。
BLものは小説・コミックスとも数を読破しておらず、明るくないせいもあるのですが、何より、何度も叫んでおりますようにひろは声ヲタなのです。
でもね、声や演技に「萌える」か如何かと云うポイントは大きく原作に関わって来るのですよね。
原作の雰囲気や世界観やキャラクタや何よりストーリー自体が好みであれば、自ずと萌えはやって来るものでして。。。
今回は、そう云った意味の萌え度が個人的に低かった(過剰な期待のせいもきっと有りつつ)ので拍子抜けでしたあせあせ(飛び散る汗) 2枚組で聴くの、疲れちゃったのかなあ…


・声
主人公・清澗寺和貴(せいかんじ・かずたか)に、野島健児さん。
清澗寺家、美貌の次男は24歳。
24でこの色気か…。何だか自分はこれから如何なるのだろうと如何でも良い危惧が(…)。
淫蕩に耽る実父を心から嫌悪しながらも、斜に構え、自らも男女問わず淫蕩に耽り、社交界に醜聞を垂れ流しているのじ…。
高慢に傲慢に構えているのですが、ひろは初っ端から何て自虐的な子なの…! と心を痛めました。
だってのじの細い声が硬い調子で虚無に満ち満ちているのに、震えてるみたいなんです。
魔性で淫乱。
己の美貌を生かしてそう振る舞い、誘うように色気を出して喋るシーンもぽつぽつあるのですが、何だか上辺をなぞっているだけで心が遠いんです。
のじのお声は普段の柔らかさや可愛らしさを取っ払った、低めで硬い落ち着いた調子。
モノローグも喋りも超ローテンション。常に憎々しげに喋っている印象です。
何と云うか、関俊彦さんのブラックキャラを彷彿とさせる演技プランでした。

そんなのじの本質を見極め、真綿でじわじわと首を締めるように心の隙間にするりと入り込んだのが、小西さん演ずる深沢直巳(ふかざわ・なおみ)。
28歳で、のじとは秘書仲間。
清廉で温和な人柄で、他人や周囲の物事に対して常に冷静で一歩退いた感のある彼ですが、腹の底では何を考えているのか解らない、典型的「喰えない」キャラです。
こにたんのお声は可也低め。
CDの1枚目こそやわらかな口調でしたが、本性が剥き出しになった2枚目からはド鬼畜
けれども、何処までも敬語調ベースなのが、個人的に萌えませんでした…。
こにたん的攻め様は、乱暴・粗野一歩手前の、男らしい口調が好みです。(だから何)

のじの淫乱パパ(笑)、清澗寺冬貴(せいかんじ・ふゆき)に神谷くん。
そしてその秘書で愛人の伏見義康(ふしみ・よしやす)に、遊佐さん。

もうこのCPが気になって仕方がない!(笑)

初っ端からこのCPの絡みでした。もうのっけから激し過ぎて吃驚(笑)。
そしてCD冒頭のゆっちー×神谷くんの情事を幼いのじが目撃してしまうシーン、此処でひろはデジャヴュを感じることに…。
な、何だこのシーンと云うかこの設定知ってるぞ。え、もしかしてあたしこのCDもう聴いたの? ま、まさか未だリリースされたばっかりだしこの間買って来てさっき開封したばかりだし何で何で何で…? と独り混乱していたのですが、最後の最後に風間さん演ずる浅野が出て来て納得。
そうだ、何かこれ、前作があるんだ…!
↑因みに、「この罪深き夜に」です。
キャストは確か置鮎さん×進歩くんでこれも2枚組だった筈。。。(←最早うろ覚え)

何にせよ、ひろはメインCPよりも此方のCPに萌えました(笑)。
ゆっちーの渋めの鬼畜攻めとめちゃくちゃ艶っぽい神谷くんの受けがたまりませんハートたち(複数ハート)
このお二人と、のじの弟役の福山潤さんはガヤでも可也出張っていらっしゃって変な笑いが(笑)。
夜会でのじの陰口や厭味を云っている人たちや、新聞記者、のじに迫る青年、秘書仲間、バーテンダーなどなどなど…探してみて下さいませるんるん


・雑感
CD2枚組で、たっぷり2時間半ほどあります。
個人的に、聴いた後に「もう一度聴きたい!」と思えなかったので評価が低いです。
ちょっと長過ぎるな、、、と云うのが一番の感想と云うか。。。

ひろがハマれなかった一番の要因は、先ず「大正」と云う時代背景に明るくないため、主人公・のじの考えや行動が理解し難く感情移入出来なかったことだと思います。
何故こにたんを手に入れるために自分の妹と結婚させようと思ったのか。
それもほぼ強要し、その時の台詞が「僕のものになると誓え」。
ちんぷんかんぷんでした。
最後の最後にのじの今までの行動は、こう云う理由でこうだったからこうだったのか…みたいな、自己分析のような説明台詞があるのですが、これがなかったら本当に解れなかったと…あせあせ(飛び散る汗)
ごちゃごちゃ考えずに聴いた方がハマれるかもしれません。
また、こにたんの行動に関してもCDだけ聴いていると想像するしかない点が多かったです。
のじに手を出した人たちが次々と没落していくのは、彼が裏で故意的に手を回していた…で解釈は間違っていないの??? と悶々としてしまいました。(そんな細かいことどうでもイイじゃん)

絡みもメインCPより、細切れに出て来るゆっちー×神谷くんの方が印象に残り、色っぽかったり。
メインCPの絡みで一番良かったのは最後の鏡プレイだったのですが、矢張り何が気になるって、こにたんの敬語調!
これは好みの問題だと思うのでこれ以上言及はしません。

萌えるポイントや台詞も勿論あったんです。
…けれども、それが押し潰されてしまったと云うか。
同じ下克上ならば、「スレイヴァーズ・キス」が好きです(何)。
ただ、BLCDには珍しく、BGMは手放しで良かったでするんるん とっても雰囲気出てました。


▼原作+関連作品
夜ごと蜜は滴りて LYNX CD COLLECTION この罪深き夜に

2006年10月05日

900分 / 817頁。

Web拍手、有り難う御座いまするんるん
何気に→にひっそりと設置してあるのですが、毎日結構な数をぽちぽち戴いておりまして。
レビューを気に入って下さったのだと勘違いしてデレデレしております。(…)
このブログに関しては自由気儘に、ずぼらに運営しておりますので、コメント以外で管理人とのコンタクトが取れる唯一のツールなのです、実は(苦笑)。

>ロコさま
メセ有り難う御座いましたハートたち(複数ハート)
個人的趣味と独断と偏見とネタバレに満ち満ちたレビューブログですが(…)、宜しければ今後ともお付き合い下さいませ^^
「恋の〜」シリーズは面白さも絡みも絶品ですので、続編も是非是非聴いて下さいるんるん

--

邪魅の雫を先週末、あいにくの雨だった休日に読了しました。
ほぼ一気読みでした。勿体無いと思いつつ(苦笑)。
丸一日まったり京極夏彦の世界にどっぷり。
読了時間は、食事の支度や雑事なんかもしつつですが、15時間でした。

今作、めちゃくちゃ読みやすかったです。
簡単だったと云うか薀蓄が少なかったと云うか…単にひろが大人になったのかしら(笑)。
そして今までの作品の中で一番推理小説していた気がします。
アンニュイな榎さんがツボでした。
けれども、榎さんの活躍や榎さんが出て来るボリュームが。。。
期待していただけに、しゅんバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
個人的に魍魎狂骨のように、何度も何度も読み返したくなる中毒性には欠ける一作ではありましたが、面白かったです。
「うはあ」(「うへえ」ではない)が口癖の青年が抜けていて可愛かったし(笑)。
何よりも、購入時に一緒に付いて来た『京極夏彦全作品解説書』が可也お気に入り。
非売品の割にフルカラーで装丁も造りも美しく、良い出来栄えなのですぴかぴか(新しい)

関係ないですが、今回の登場人物のなかに、ひろの本名の下の名前と漢字まで同じ人が出て来て、何だかちょっぴり得した気分でしたるんるん(笑)

邪魅の雫
邪魅の雫
posted by ひろ at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2006年10月04日

「絶対服従」レビュー



お勧め:★★★☆☆
絡み:★★★★★★
主要キャスト:鳥海浩輔・森川智之・遊佐浩二・森久保祥太郎


恋の夢さわぎを聴いたので、何となくコレを聴きました★
両方とも水戸泉さん原作で、攻めが森川さん。
…なんですが、何だろうこの違い(笑)。
ギャグとシリアス、可愛い攻めとクールで格好良い攻め。両極端です。
役者って…と思う瞬間(笑)。


・ストーリー
新人代議士の春日佑一(鳥海くん)は、派閥の領袖である代議士が犯した収賄を揉み消そうと、弁護士として辣腕をふるう神崎洸(森川さん)の元に向かった。
だが、必死に頼み込む佑一は、神崎の口から衝撃の事実を聞かされる――。
思いも寄らず派閥から裏切られ、絶望と諦めの中、佑一に残された道は神崎を受け入れることしかなかった。
男同士のセックスに嫌悪しながらも、徐々に神埼の手で快楽に溺れていく佑一だったが――。

うーん。
水戸泉さん原作のCDは何作か聴きましたが、個人的にこの方のシリアスものはあまり肌にしっくりきません。ギャグの方がテンポも良く、面白くて向いていらっしゃる気がします。
…とは云え、きちんと原作を読破していないひろに批評する資格はないのですがあせあせ(飛び散る汗)
今作もストーリー的にはあらすじのみ読んだ方が逆に面白い印象を受けました。
話が進むのが早過ぎて、決して間延びしているわけではないのですが、何だか変に無駄が多いと云うか…。
『源氏物語』は、無駄な文章が一文もないと良く評されますが、この作品については、あらすじを説明するためだけに、敢えて如何でも良いようなシーンをサラっ、サラっと飛ばすように沢山詰め込んでいるように感じました。
終焉を迎えるための過程でしかないと云うか…。
CD化に際しての脚本の問題なのかもしれませんが。。。


・声
…と、ごちゃごちゃ云いましたが、CD自体には萌えました黒ハート(笑)

主人公・ヘタレ新人代議士春日佑一(かすが・ゆういち/24歳)に、鳥海くん。
絵に描いたようなヘタレ(笑)で、「ちょろい」若造です(笑)。
モリモリにいいようにされています。激しく泣かされております。
鳥ちゃんのお声は地声よりちょっと無邪気めな雰囲気。若いと云えば良いのか。
某聖獣のシヴァのお声から棘を抜いた感じです。
別にぶりっこしているわけでもないのに、兎に角可愛い!
ブックレットのイラストがとても美しいのですが(特にカラーイラスト黒ハート)、イラストの印象よりはだいぶ強気な佑一に会えます。
強気なのだけども、常に空回っているのが可愛いハートたち(複数ハート)
鳥ちゃんのモノローグがとっても多いので、ファンの方は是非るんるん
しゅんバッド(下向き矢印) とした時や、動揺した時の喋りが特に可愛くてすっごくツボですハートたち(複数ハート)
モノローグも喋り台詞も、微妙な声の揺れと掠れ具合がもう! 鳥ちゃんグッジョブグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

伝説の弁護士(ぇ)神崎洸(かみざき・ひかる)に、森川さん。
ちょっと! ちょっとちょっとちょっとちょっと!!!!

明智警視が、来た…!

と思ったのはひろだけ?! ひろだけなのですかっ?!(ガクガク/誰をだ)
今回のモリモリは、インテリ・クール・ブラック帝王ヴォイスです。
明智警視声よりももう少し硬くて大人な感じかな。
普段は淡々とした喋り方なのに、何処か嫌味。(きゅーーーん/ぇ)
彼は突如激情に身を任せてしまうタイプの人間らしく、本当に急に態度が豹変するので吃驚します。それはもう、狂気に取り憑かれたかの如く。
けれども、そのヤバイ感じですらモリモリ声を当てられると悶えるしかなかったひろです…。

鳥ちゃんの学生時代の先輩で、現検察官の阿宗真琴(あそう・まこと)に、遊佐さん。
フリートークでゆっちー自ら云っておられましたが、ブックレットのイラストからは想像し難い演技プランです(笑)。
もっと上辺が優しくて温厚で常識人を気取っているタイプの人に見えたのですが(多分眼鏡掛けてたからです/笑)、ゆっちーのお声は軽い!
何処までも軽い!(笑)悪く云うとちゃらんぽらんな感じです。
けれども、実際のゆっちーの台詞や行動からするとお声の雰囲気ぴったりなんですよね。やたら明るいのに、喰えない感じがもう…。
それでもって、やっぱりゆっちーの演技は良いです! 上手い。と云うか自然。

モリモリの知り合いのカメラマン(…なのか?)芹沢(せりざわ)に、森久保くん。
フリートークでモリモリに「ギャラ泥棒〜!」と野次を飛ばされていましたが(笑)、本当にちょびっとだけしか出て来ませんでした(笑)。ワンシーンだけ。
森久保くんの悪っぽく俗っぽい、けれども軽いノリなお声、好きです黒ハート
森久保くんはお子様な声よりもこれくらい大人な声の方が個人的に好み。


・おすすめ
1.モリモリの命令形言葉攻め
悶えます。いちいち偉そうに命令形。
初っ端だけでも突然の羞恥プレイ→野外プレイ→撮影(ぇ)ですよ!
割と直接的な台詞も多く、卑猥なのですがモリモリの声が良過ぎて、ただめろめろです。。。
最初は淡々と、けれどもどんどん激昂していく演技が凄いです。
でもね、原作を未読なひろは解らないことがあります。
最初の、窓に向かって羞恥プレイなシーン、モリモリは一体鳥ちゃんを如何やって逝かせたんでしょう…っ(…)。
その後のモノローグを聴いて、舐めた?! 舐めたの…っ?! と巻き戻して聴いても「……???」状態なひろ(…)。SEが微妙だよぉっ…あせあせ(飛び散る汗)(そんなだめだし/てゆか原作読めよ)

2.軽いノリのゆっちーるんるん
正直、先輩結構ウザいんですが、ゆっちー声だと愛しくなるのは何故なのか(笑)。
喋り口調や台詞もそうですが、常に半笑いみたいなゆっちーの喋り方、可愛かったでするんるん
トラック9が特に好き。なぁ〜、シマ子。と猫に喋り掛けるのも可愛かったし…黒ハート
最後に唯一と云える程の素台詞があるんですが、そのギャップがまた良くてぴかぴか(新しい)
けれども、このお話の中で一番良く解らない(行動も言動も何もかも)のがこの先輩でしたあせあせ(飛び散る汗)

3.トラック7
言葉少なく擦れ違いつつも絡み合う二人…。
本気で泣き叫ぶ鳥ちゃん(迫真の演技でしたぴかぴか(新しい))に、強引に迫るモリモリ。
が、寸でのところで手がとまり。。。

こんなものでオンナにしても…、つまらない

このモリモリの吐息のような苦しげな呟きですよ!
ひろの激萌えポイントでしたぴかぴか(新しい)(え、ズレてる?)
アンタ初恋でしょ、ちょっと! とおばちゃんのような独り言を漏らしつつ悶えました(…)。

4.トラック12
これは聴いて戴くしか黒ハート
鳥ちゃんの、「取引を…、しに、来ました…。」も可愛いのですが、その後自らちゅーしに行くのが悶絶可愛い…!
その後の、

「行かないで、下さい…。。。何処へも」

な台詞も憤死するかと思いました。
鳥ちゃん可愛過ぎる。モリモリの掌の上でばっちり踊らされてる。

その後のモリモリの吐息台詞

本当に…、、、甘いな、君は。

…甘すぎて溶けるかと思っ、た…! 寧ろ溶けた…。何だこの人。何だこの声。ぐるぐるする…っ
ゆっちーにも似たような台詞があったのですが、今回はモリモリの勝ちです。(何が)


フリートークは8分半強。
森久保くん司会。森久保くんの素トークが異様に愛しくなったひろ。
鳥ちゃんは一回目の裸シーンで、無限に汗が出て止まらなくなったそうな(笑)。
今回モリモリのトーク、冴えてました! 面白かったですぴかぴか(新しい)
ゆっちーも相変わらず愉しそうに、常に半笑いで(笑)。

自キャラのイラストを見た時のゆっちーの衝撃、

買<Kネ掛けてるぅ〜!!!(汗)

が聴ける上に、その後「ぐふふふ」とドラえもんのような笑い声を零しはります(爆笑)。
「絶対服従」なもの、と云うテーマトークでもゆっちーが暴走していて凄い可笑しかったです(笑)。


▼原作
絶対服従
絶対服従
posted by ひろ at 23:52 | Comment(6) | TrackBack(2) | BLCD(タイトルさ行)

2006年10月02日

「恋の夢さわぎ」レビュー

ドラマCD「恋の夢さわぎ」
ドラマCD「恋の夢さわぎ」


お勧め:★★★★☆
絡み:★★★★★
主要キャスト:山口勝平・森川智之・緑川光・大川透・子安武人


・ストーリー
海外ロケでインドに行った西原高敏(森川さん)は、現地で妖しげな媚薬を購入。
薬剤師に調べさせたところ、無難な成分であったため、同居人で最愛の恋人・沢木嘉瑞(勝平さん)に「背が伸びる薬だよ」と騙して飲ませることに…。
高敏は満足な夜を過ごすが、その翌日、嘉瑞にとんでもない副作用が…。

「今度は媚薬かよっ…!」

嘉瑞の悲痛な叫び声の響く表題作と、バレンタインのお話の二本立て。
嘉瑞もそろそろ、高敏への想いをはっきり自覚する頃合…?

水戸泉さん原作の恋の○○シリーズも何時の間にやら第4弾るんるん
ひろの大好きなシリーズです。
此処まで受け攻め両方共ぴったりと声がハマっている作品も珍しい気がします。


・声
もう今更レビューすることもない程御馴染みですが。
元気っ子野球少年・沢木嘉瑞(さわき・かずい)に、勝平さん。
やんちゃでカラっと元気な声をベースに、兎に角可愛い!ハートたち(複数ハート)
普段は爽やか元気少年声なのに、絡みになると途端に可愛くなるんです。
全編的にやっぱ勝平ちゃんは上手だなあ…と感心することしきり。
トラック1で、モリモリの持って来た「背の伸びる薬」を飲むかどうかちょびっとだけ悩んだ後、

やっぱ飲むぅ〜るんるん

て云うのがもう、言葉に出来ないくらい無邪気であほっぽくて可愛くてすっごく好きですハートたち(複数ハート)

そんな嘉瑞をでろでろに甘やかす人気高校生俳優・西原高敏(にしはら・たかとし)に、森川さん。
これ、一味違うモリモリ攻めが聴ける貴重なシリーズなのでするんるん
鬼畜S攻め(と云うか言葉攻めの王道のような攻め様です)なのに、声は全く低くありません。
ふわっと軽〜く甘い感じ。(←最近のひろはモリモリのこの系統の声に弱い)
兎に角甘い。
120%甘い。
攻めの上に鬼畜で言葉攻めばんばんなのに、可愛いんです、声は!
ぶりっこ鬼畜攻め、みたいな…?(個人的に云い得て妙)
絡みもモリモリ自ら喘いでいるみたいな感じなのに、意地悪鬼畜言葉攻め。めろめろですぴかぴか(新しい)
一番「可愛い〜〜っハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)」ってキュンとしたのは、トラック9のラスト。

ねえねえねえねえチョコは? かずい〜、ねえねえねえ!」 

コレ、是非聴いて下さい。
モリモリのグッジョブさに悶えます。

高敏の大ファン、天然小悪魔・芳賀佳実(はが・よしみ)に緑川さん黒ハート
今回、佳実くんの出番はすっごく少なくて残念でした〜あせあせ(飛び散る汗)
登場シーンの、

「何フラフラ歩いてんのさ。邪魔だよ、小熊っ!

が悶絶可愛かったです黒ハート黒ハート
光ちゃんのお声は兎に角キュート。
ケダモノシリーズの秀華をもう少しぶりっ子にした感じひらめき

光ちゃんのお兄ちゃん、野球部キャプテンの芳賀皆実(はが・みなみ)に、大川さん。
大川さんも光ちゃんと同じくチラっと出て来るだけで残念あせあせ(飛び散る汗)
ひろは皆実先輩よりも、病院の医師の大川さん声のが印象に残っていたりします(笑)。

モリモリと同じ事務所に所属するアイドル・遠野由樹(とおの・よしき)に、子安さん。
原作の雰囲気からして、もうこやぴのお声がぴったり!ぴかぴか(新しい) 思わず、何てナイスキャストなの…! と唸りました
優しくて面倒見の良い先輩を装っていますが、腹の中は真っ黒くろすけ。
絵に描いたようなこやぴっぽい悪役です(笑)。
こやぴのお声はちょいと高め…と云うか、若め?(笑)
柔らかな先輩声で、基本は人畜無害で優しいお声に癒されますが、鬼畜モードに入るとこやぴの本領発揮るんるん と云ったところでしょうかグッド(上向き矢印)
トラック5の最後に、こやぴがじゃーん。とセルフSE付きで現れてプラシーボ効果について説明してくれます★ そして、じゃかじゃん。と矢張りセルフSEを残して去って行きます(笑)。

…まあまあ、細かいことを書いて行くとキリがないのですが、取り敢えず絡みをご堪能下さい黒ハート
モリモリ×勝平ちゃんて、凄い相性がいいと思います。
お二人とも演技は抜群だし、息も合っているし、声の相性もいい。
ただ、ひろはこのシリーズ、原作もキャスティングも大好きなので、常に過剰な期待を寄せ気味なのです。だから、いざ聴くと期待が大き過ぎて「…うーん」となることしばしば。
このシリーズ、絡みが多い+濃厚な割にはSEの問題なのか「何をしているのか」が解りにくい気がします。毎回、CDだけで聴くのと、原作と併せて聴くのとでは萌え度が全然違うんですよね。
けれども、キャスティングが夢のように最高なので評価は自ずと甘くなりがちです(笑)。


フリートークは13分半。
モリモリ+勝平ちゃんコンビと、大川さん+光ちゃん+こやぴの2チームに分かれています。
テーマは、「学生時代に持っていた願望若しくは野望は?」
前回のフリートークで危険な発言をしてしまった勝平ちゃんは、今回必要以上に気にして過敏になっています(笑)。可愛い(笑)。
モリモリが後ろ3人に振る時に、
「大川さんと、光ちゃんと…こやぴーが。
て云うんですが、何か可愛くないですか? モリモリが「こやぴー」て(笑)。
で、3人のトークが繰り広げられ、大川さんが喋った後にこやぴが喋りはじめようとした瞬間、光ちゃんの制止が。
「駄目ですよ、子安さんはオチなんで…!(素)」
オチなんだ!(笑)

緑「僕はあのー…子安さんとかと違って、結構女性苦手で…」
子「い、いやいやいやいや、勝手に決めるなよ!(笑)」

光ちゃんて、ほんとこやぴ好きですよね(笑)。
やたら絡んで行こうとするのが珍しい気がします。

ひろはこやぴの野望に一番共感しました(笑)。
やっぱり誰しも一度は考えることなんじゃなかろうかと(笑)。

そして元に戻ってメインCP2人の会話。
牛乳が嫌いで飲めなかったモリモリは、親に云われて豆乳を飲んでいたとか。
だから身長が伸びたんだねえ〜、と云う会話の流れから、

勝「そっか…それ(豆乳)飲んでたら、今頃190センチぐらいの俺だったかも!」

森「 キモっ! 」←間髪いれずに入った(笑)

二人「あははははは!!!!!(爆笑)

凄い、やっぱり息ぴったりだ〜〜(笑)。


▼原作+関連作品
恋の夢さわぎ [新装版]
恋のからさわぎ ドラマCD 恋の胸さわぎ ドラマCD ドラマCD 恋の大さわぎ
posted by ひろ at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | BLCD(タイトルか行)