2007年03月29日

猫バトンでブログを語るにゃ。(…)

にゃふ…。(初っ端から意気消沈か)
BL Diaryのpuriにゃんから「猫バトン」を戴いたにゃ。
puriにゃんありがとにゃ、大好きにゃ〜っ(むちゅぅ/離れろ)
ハードル高いにゃ…。
別にバトン自体のハードルが高いわけじゃにゃくて、puriにゃんが高くしたにゃん…。

ネタがにゃいから、レビューをコレで書こうかとも思ったにゃ。(…)
でも、読み手を選び過ぎそうだから断念したにゃん。

ルールにゃ。
 ・これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに「にゃ」「にゃん」「にゃー」等をつけにゃくてはにゃらにゃい。
 ・「な、ぬ」も「にゃ、にゅ」にすること。
 ・一人称は必ず「我輩」にすること。
 ・日記の内容自体は普段書くようにゃ当たり障りのにゃいもので構わにゃい。
 ・日記の最後に5人!まわす人の名前を記入するのを忘れにゃいこと。
 ・既にやったことがある人でも回されたら何度でもやる事。



以下、我輩の良く行くブログさまを勝手ににゃろっと(?)紹介にゃ!


続きを読む
posted by ひろ at 23:12 | Comment(16) | TrackBack(5) | 雑記

2007年03月24日

昨日+今日購入した書籍メモ

春のリブレフェア〜(´∀`)♪

昨日の仕事帰りに、

今日はやまねあやのさんの新刊の発売日〜るんるん

と喜び勇んでメイトに足を運んだらば。
24日発売で御座いました…(チーン)。
仕事中、何度もPCで日付を打った筈なのに、何故間違えたんだろう。
24日発売だと云うことは解っていたのに。ばかですか? そうですね(しゅん)。
けれど、途中下車して折角メイトに行ったので、結局本を5冊ほど買ってしまいました。(更にばか)
そして、今日は午前中から雨雨の降る中、(わざわざ)再びメイトへ…。
ヲタって、恐ろしい爆弾(しーーん)

リブレ出版の既刊(比較的新しいものはだめ)を購入すると、クリファイル+ポストカードが貰えるフェアが開催されていましたるんるん
昨日はそんなことも知らずに既刊を購入し、閉店間際で混雑したレジでお金を払っていたら、どれにしますかとボードを見せられて慌てるひろ。
長蛇の列(大袈裟)からの視線をぴりぴりと感じながら、慌ててチョイス。
新田祐克さんのファイル(岩城さんがこっち見てたの〜っハートたち(複数ハート))と、山田ユギさんのポスカ(日下ぁぁぁ〜!!/きゅーーん)を戴きました(ほくほく)。
ちょっと得した気分〜揺れるハート
で、家に帰ってリブレのHPをチェックしたらば。

やまねあやのさんのポストカードが有る…!(がぼーん)

何故か、全く視界に入って来ていませんでした。うう。欲しい。(…)
何か、こう云うフェア系に踊らされるひとって居るよね。ね。ね…(…)。
今日はやまねさんのを貰って来ました。
別に何に使うワケでもないのにね。ふふ…(…)。

以下、購入した本たち。
たぶん、本のレビューは上手く書けないと思うので、ひとくちメモだけでも残しておきます。
そしてそんなひろの為、記事カテゴリに「BL本関連」を増設しましたひらめきあせあせ(飛び散る汗)
本のレビューやひとくちメモは、本当に自分でも吃驚するくらい全然書いていないのですが、カテゴリで探すとBLCDレビューのカオスで解り難いので…(苦笑)。


仲神家の一族 仲神家の一族悪魔来る

ホームラン・拳さん。
何か、結局新装版も買っちゃいました。えへ。(……たらーっ(汗)
表紙を見れば一目瞭然ですが、思いっきりギャグです。
色々と、本当に有り得ん設定のギャグ。
でも、これが結構笑えるから不思議。
大爆笑と云うわけではなくて、思わず「プ」的な。結構すきです(笑)。
新装版には10ページ強の追加収録(描き下ろし)が有りました。買って良かった揺れるハート
ただ、BL的萌えが凄く少ない。
エッチもほぼ皆無。と云うかこれはもう皆無と云って良いかも。
ひろは「〜悪魔来る〜」の方の、雪(新キャラ)×鷹丸(仲神家三男)が結構好みで萌えました。
本当は(?)メインじゃないのだけど、後半ではメインはってます。
と云うか、メインが何処かに消えてます(笑)。
思えば、メインよりもサブの方にばかり萌えが集中しているひろです。
女装趣味の長男(素は髭面)とか、ふんどし愛用のおっとりした雰囲気の美人パパとか、その辺がストライクゾーン。
三男は存在がちょっと薄かったけれども、今作でぎゅぎゅんと萌えて好きになりましたハートたち(複数ハート)
---

三十一夜
三十一夜


これもホームラン・拳さん。
綺麗だし、画面の雰囲気も良いけれど、煮え切らない感じ。
第一夜「初夜」が一番良かったと思います。
この時は未だ、設定が活かされてそれなりの空気を作っていたように感じたと云うか。
冒頭のモノローグ、

  あの月が、再び満ちてまた欠けた時
  俺達はどうなっているのだろう


の持つ雰囲気が保たれていたと云うのかな。
辰夫(受)が理(貧乏小説家な攻)に、住処を提供する変わりに…と提示する条件も、初っ端は何だろうってどきどきしたけれど、読み進めて行くうちに空気が変わって来て、正直しょんぼりバッド(下向き矢印)

随所に出て来る、明朝体レタリングの文字効果もちょっと乱用し過ぎと云う印象。
面白い効果だけれど、くどいです。
ちょっとあいざわ遥さんの漫画を思い出したのはひろだけ…?(笑)

切なさを求めたんだったらもっと切ない方が良かったし、昭和の空気や雰囲気を描きたかったのなら(特にそんなことはなかったようですが/笑)エッセンスが足りなかったように思うし、何にしても勿体無い! と思った1冊でした。
---

クリムゾン・スペル 2 (2)
クリムゾン・スペル 2 (2)


やまねあやのさん。
わざわざ電車賃出してまでメイトに買いに行ったのがコレです(笑)。
正直1巻の方が面白かった…(…)。
次巻へ続く、中休みの1冊?
いや、それを云うならストーリー的には1巻だってそうだったはず…。
1巻よりも展開がシリアスめで、ひろにはエロスとギャグがちょっぴり足りなかった模様です。
けれど、イラストは相変わらず美麗で、読んでいる間中、ずーーっとうっとり黒ハート
買って良かった…ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

素面でハヴィ(攻)にキスされて、何事かと悩むバルド(受)がすごくツボでした。
身体はがっつり繋がっているのに、精神的にじれったいラブ黒ハート 大好物です。
バルドの照れ顔が本当に可愛くて萌えるんですよ〜ハートたち(複数ハート)
あと、やっぱりやまねさんの描かれる尻は良いです。
しり。しり萌え…(やめとけ)

ひろはハヴィから子安ヴォイスが聴こえるのですが、色んな意味でいたぶられるハヴィを見るたびに、「ああっ、こやぴが…!」と口走ってしまうのをどうにかしたいです。(そんな個人的なこと云われても…)

そして全サにぴくんっと反応してしまいました。
Chara Selection5月号連動企画…ってことは、雑誌も買わなきゃだめってことか…(ずーーん)。
ひろはコミックス派なのでちょっと面倒くさい(…)。
でも、一緒に購入した↓のデキる男の育て方2の分も一緒に応募出来るみたいだし…うう。
ポストカードBOOKとか云われたら欲しくなっちゃうじゃんよ…!(がっしゃーん)
ああもう応募すればイイんでしょむかっ(怒り) って逆ギレする前に、ロマンチカの純情ドラマCD全サの締め切りが迫っていることに今気付きました!(汗)
週明け一番に為替買って投函して来なきゃ…っあせあせ(飛び散る汗)
---

デキる男の育て方 2 (2)
デキる男の育て方 2 (2)


大和名瀬さん。
1巻も確かレビューを上げた気がしますが、ドラマCD化ですねるんるん 愉しみるんるん
これは大満足の1冊でした!
イラストもふにふにしていて可愛くて(決してショタではなく)癒されます…ハートたち(複数ハート)
ブラック山咲(変な渾名を付けるな)も、しっかり出ていて満足しました。
山咲さんは美人さんらしく、手(指?)も凄く綺麗で、でも精神的にはとっても漢(!)で萌えます黒ハート
ストーリーはテンポ良くて読みやすいし、おばかなギャグも匙加減ばっちりでいいです。
ほんと上手いなあ、名瀬さん。

そして矢張りガン見してしまうちんこ。(…)
自分でコミックスに顔描きたくなります。そんな変態はひろさんだけです
今回は局部+結合部(何だか生々しい)をぼかさずにちゃんと描いてる感がありましたが、名瀬さんていつもそうでしたっけ?(はて?)
相変わらずキューリ大好きな受けっ子(別にいやらしい意味じゃなく本当に)の尻がやわらかそうで萌えました。(またしりですか)
---

ツインズ・ラビリンス

亜樹良のりかずさん。
亜樹良さんの漫画は初かもしれないひろ。
所謂表紙買いをしましたが、うーん…。
双子のお話なんですが、この双子がくっついていれば萌えたかも…。
いや、そうではなくて(ぇ)、イラスト的魅力が攻めキャラに集結(終結?)しているように感じました。
とっても綺麗で好きなんですが、ひろの萌えが総て攻めキャラへ行ってしまいます。
受け子がちょっと…なんだろう、ちょっと…と思ってしまったと云うか。見た目可愛いんですけど脱ぐと意外に胸板が厚いと云うか…(笑)、プチマッチョ?(笑)そのギャップに混乱したっぽいです
何か(ビジュアル的に)大人×大人系のお話があれば読んでみたいかも。
因みに、ひろは本編CPよりも、双子弟×新人ホストの方が好きでしたるんるん
---

ANSWER
ANSWER


崎谷はるひさん。
新書版持ってるのに、文庫版買っちゃったぃ!(…)
チョコレート密度を買おうと思ったのに、何故か手にはこっちが。
↑は高校生CP(もう大学生になったのかな?)が好きなので、CPが違うなら同シリーズでもUSED待ちでいっか〜、と思ってしまったのです。
てゆか、「ANSWER」だってそれで良かった筈なのですが(…)
商業誌未収録の2篇が思っていた以上にボリュームがあったことも買ってしまった要因。
2篇の内の1篇、「SABOTAGE」は「ANSWER」本編のラストからそのまま続くようなお話。
エピローグ…と云うには濃ゆ過ぎますが(笑)、漸く思いが通じ合った二人の激しい一夜が明けた次の日の朝の様子が読めます。
朝から再び励んでますよ。まさかそんなことになっていたとは…吃驚しました(笑)。
続編の「SUGGESTION」を読んでいるせいか、二人のぎこちなさがとても新鮮でした。
真柴(攻)の反応がいちいち可愛くて。

このシリーズ大好きなので、買って良かったです黒ハート(ほくほく)
何回読んでもいいんですよね。。。
泣けるし、濃ゆいし、萌え度も満足度もすっごく高い。未読の方は是非是非! ですよ。
思えば、これを切欠に崎谷さんにずぶずぶとハマったひろなのでした。。。
posted by ひろ at 21:05 | Comment(6) | TrackBack(0) | BL本関連

2007年03月23日

「金色のコルダ2」1st Play雑感+柚木(CV:岸尾大輔)攻略メモ

金色のコルダ2 プレミアムBOX
金色のコルダ2 プレミアムBOX



疲れた…(…)。

コルダ2、前作に比べるとだいぶ簡単になった感はありますが、時間が掛かるのは同じでした。
1stは攻略情報なしの自力Playで、転がるように転がれ〜! と思っていたら、見事なまでに柚木に蹴躓きました。
お、おかしいな…。
ツンデレ@月森くんに行くつもりだったのに何故。
だいさくの魔力ですね。そうです。(完結した)

今作、攻略情報なしでも或る程度はコンプ出来るように、造りを変えて来ました。
人物情報で、攻略のヒント(遙か3みたいな感じです)が見れるので、それを目安に攻略可。
システムは、ネオアンジェリークを踏襲しています。
凄く使いやすい!
このゲームにクイックセーブ&ロードは必須ですね〜。ストレスが激減しました。
立ち絵は前作のものを引っ張って来ていますが、冬服Ver.なので変化もあり。
スチル枚数もまずまず、相変わらずクオリティは最高です。
愛されて大切に大切に制作されたんだなあと云う感じ。とても印象が良いです。

ひろが一番楽になったと思ったのは、練習面。
前作では、楽譜や解釈集めが結構面倒で厭になっていたのですが、それが一切なくなりました。
清麗・彩華・愁情のそれぞれのレベルもなくなりました。(楽〜!)
また、時間に関する面も可也甘くなりました。
練習は1日3回と決まっていて、イベント進行のために練習時間が減る、と云うことがなくなりました。これ、凄く凄く助かります…。
イベントも発生させられるのならば、何人発生させても構わない感じ。(1日1キャラ1回は固定ですが)
或る程度発生に制限は掛かるのかもしれませんが、時間的な問題はゼロです。

さて、柚木ですが。
1st Playでスチルが総て埋まって、すごーーく拍子抜け…。
ただ、恋愛ENDは数種類あるようなので(後述)、イベントコンプは何周か繰り返しPlayが必要そうです。
意識せずに大層なネタバレを曝しそうなので、攻略メモと雑感は続きに。


続きを読む
posted by ひろ at 01:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 金色のコルダ

2007年03月21日

Web拍手お返事

Web Clap有り難う御座いますハートたち(複数ハート)
毎日ポチして下さっている方、嬉しく拝見しておりまするんるん

>3/19 18時 チサさん
お引越し、お疲れさまです!
早くネット環境が整うと良いですね。
ネットがないととても不安になってしまうひろです(苦笑)。←既に中毒…
GS、ひろも毎日やってます!(笑)
姫条の攻略はもう少し後かなあと思っておりますが、葉月とイチャコラしてますよ揺れるハート うひひ。(怖)
姫条、萌えたら教えて下さい! その時はヒムロッチの次に攻略します(笑)。
それにしてもチサさんは関西弁萌えなんですね( ..)φメモメモ
因みにひろ、関西弁ですがおひとつ如何ですか?(は?)

>3/20 8時 Aやさん(ぁ)
あああ! そうです、「追憶のキス」です!!(すっきり〜〜)
愛バクのオリーブ、癒されながら聴いてます…ハートたち(複数ハート)
あやさんも書かれてましたが、オリーブのイラストを見る限りではイトケンさんの演技、全然大袈裟じゃないですよね(笑)。

「レビュー書くために聴いてる感」、本当にそうです。
でも、スタートはそうじゃないのよね…と。改めて思いました。
ああもうあやさん優しいよう…っ大好きです><//
あやさんの仰る通りで、なくなると淋し過ぎるんですよね。
趣味なんだから、まったりのほほんと変に意識せずにやっていこうと思います。
励まして下さって有り難う御座いました黒ハート 幸せ〜(´∀`)揺れるハート

--

OLひろ、本日はお休みでするんるん
昨日は仕事終わりから終電まで、同僚とカフェバーでケーキ食べてました(笑)。
喋りまくって超(!)癒されて参りました…いい気分(温泉)
ケーキ写真は、→バーの下の方の、ひろの日常フォトログにUP予定です揺れるハート

さて、今日は特に予定もないので、金色のコルダ2を思う存分Playしますよるんるん
取り敢えず、自力Playで1周しよう…(苦笑)。
posted by ひろ at 13:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2007年03月20日

「ときめきメモリアル Girl's Side 1stLove」雑感

ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love 特典 「Amazon.co.jpオリジナルストーリー入り ドラマCD」&「メッセージカード」付き ときめきメモリアル Girl's Side 2nd kiss タイピング(限定版)(PCソフトウェア:Win&Mac ハイブリッド版)


かなーーーりハマってます(真)。

思えばあれは大学生の頃…。
既に発売済みだったGSを手に取ったその日から、ひろは葉月珪と緑川光のとりこになりました。
どれくらい虜かと云うと(恥ずかしいのですが)、王子だけで7〜10回Playしているくらいです(…)。
そんなにやりこんだ(本当にやりこみました/苦笑)ソフトなのに、未だハマるか、自分…。

毎朝、通勤電車の中で葉月を撫で繰り回してハァハァしてます。
危険度MAXです。
最早誰もひろに近付けまい。


とろとろペースなので、今、漸く2年生の夏なのですが、PS2版に比べて簡単になってます。
爆弾爆弾 も点火するスパンが凄く長く感じるのは気の所為?
王子が友好状態になるのも、ときめくのも凄く早かった!(当社比/…)
1年生の夏頃には友好状態になり、「ひろ…」と名前で呼ばれはじめたことに物凄い違和感を感じました。ひろの王子のイメージは、正に「難攻不落」だったからです(笑)。
PS2版の時は、ときめくまで名前は呼んでくれず、修学旅行終了後初めての平日に初めて名前を呼んでくれるイベントが起こって、所謂「ときめき修学旅行」に行けなかった〜!! と臍を噛んだものでした。
それとも、それはひろの記憶違い?
DS版では、ときめいたのも1年生の年内か、年明けくらい?(早!!)
別にそんなに気が狂うほどリロードしたりせず、まったりPlayなのに。
まあ、どうせ何度もPlayするので、難易度が下がったのならば、ひろには優しいです(笑)。

DS版とPS2版の相違点ですが、先ずはフルヴォイスではなくなりました。
メインキャラクタの台詞も可也音声カットされています。
脇キャラは鮮やかなまでにぶった斬られていてちょっと笑えます(笑)。
女の子キャラは、名前を呼んでくれなくなったっぽいです。
また、OPが(たぶんEDも)カットされました。
アニメーションも、テーマソングも。
「SIGNAL」大好きなのでコレはちょっと残念バッド(下向き矢印)
必然的に、主人公の携帯の着メロも「SIGNAL」じゃなくなっていて…。しゅん。
音はまあ、仕方ないけれど…結構悪いです。
クリアな音質で楽しみたい方には矢張りPS2版を推します。
イラストも、立ち絵のクオリティはがたっと落ちました。
可也画質を落として来ています。
ただ、その代わりスチルは美麗なままなのが嬉しかったですハートたち(複数ハート)

増えたところで云うと、先ずはキャラクタを撫でまわせるにタッチ出来るようになったこと!
このシステム用に音声も新録多数有! で、いちいち萌えます。
デートの台詞も若干増えたような。
イベントも増えたようですし、デート後にメールが来たりしまするんるん
プラス、新キャラ(CV:保志くん)の追加。
あとは、恋人とはまたちょっと違った、親友モードが出来たそうで。
でもひろは葉月と親友にはなりたくない…切ないもん…(マヂになるな)
尽(弟)に情報を訊くのも、貴重な休日を費やさなくても良くなりました!
デート前にちょこっと訊けるので重宝しまするんるん
情報画面も、凄く解りやすく、見やすくなりました。
友達度と恋人度が一目で解るのです★

そしてひろが一番悶え転げたのが、DSのシステムヴォイス!!(で合ってるのかなあ)
GS起動時、PS2版では王子が「KONAMI」とコールをしていたあの箇所。
あそこで、起動した時間に合わせて王子が喋ってくれるんです!
デフォルトは葉月で、攻略する毎にキャラクタが増えて行くのかなあと思っているのですが。

ひろはずっと王子でいいです。

寧ろずっと光ちゃんに囁かれ続けたい。


……。
これが悶え転げるくらい、萌えます。
変な奇声が勝手に出るので、外で起動させる時は平常心を保つのが大変。
顔は完全にニマニマしてると思います。
どうしよう。
ナチュラルに変態だ。
カテゴリ成田さんになりつつあるひろ。
そんなひろでもイイですか…(だめ)

そして、それを上回るのが、ゲーム終了時の台詞。
ひろが思うに、あれのせいで中毒性が大幅UPしております。
ひろは公式通販で発売日にGSをゲットしたのですが、ちょっとだけ…と思って2時間くらいPlayして、寝ようと思っていたんです。
で、終了を押したら、

緑「次は…いつ、逢える…?」

ひろ「(◎д◎)!!!!!!!!!(ギューーーーーーーーーーン
    いっ、今…っ!!!!(カチカチ/←再ロードした)」

…と云う恐ろしい現象が何度も起こり、気付けば明け方。
仕事中、眠くて眠くて死ぬかと思いました(チーーーーン)。
ときめき状態になったせいなのか、最近では王子、「またな」って云ってくれます。
でもひろ的には「次は〜」の方が破壊力大でした。
ほんと、危険。
正直、あのヴォイスを聴けただけで買った甲斐が有ったと本気で思いました(笑)。

…と、まあはっきり云って王子に萌え狂っているので、王子以外の男子に未だ再会していません。
取り敢えず任天堂天童くんに会いに行かなきゃ…あせあせ(飛び散る汗)

萌え度は死ぬほど高いので、もう世界中の腐女子が買ってしまえばイイと半ば真剣に思ってます。
と云うか、光ちゃんファンは買っとこう!! って声を大にして云いたい…!
さすれば、萌え悶え苦しむことになるでしょう。(厭な予言をするな)


同時購入したGS2のタイピングも、予想以上に萌え&癒されています。
若王子が、若王子がね…っ(落ち着いてください)
未だ若ちゃんしかPlayしていませんが、モリモリのふんわりおとぼけヴォイスは癒し効果抜群。
萌えのあまり、独り言がめちゃくちゃ多くなって危険です(…)。
こっちもやりこんでいかないと…。
週末に泊まりに来た友人が、後輩をクリアして満足して帰って行きましたが、ひろは未だ全然クリアしてないので(苦笑)。


金色のコルダ2 プレミアムBOX
金色のコルダ2 プレミアムBOX

当然コレも購入済み…。
なのだけど、未だ1時間くらいしかPlay出来ていませんあせあせ(飛び散る汗)
月末にはVitaminXも来るのに…。

誰か、どかんとお休みをください…(…)。
posted by ひろ at 00:29 | Comment(8) | TrackBack(0) | Girl's Side

2007年03月19日

「愛とバクダン2 傷だらけの天使ども 〜Marked for Death 鎮魂歌に牙を 前編〜」レビュー

愛とバクダン2 傷だらけの天使ども ~Marked for Death 鎮魂歌に牙を 前編~
愛とバクダン2 傷だらけの天使ども ~Marked for Death 鎮魂歌に牙を 前編~


お勧め:★★★★☆
絡み:★★★
主要キャスト:緑川光・堀内賢雄・伊藤健太郎・水島大宙・内田直哉


2月のBLCDリリースラッシュ、緑川さんがメインの何処にも居ない…たらーっ(汗)
と悲しんでいたひろ。
有りました。(ごーん)
有りましたよ、ちゃんと!!ハートたち(複数ハート)あせあせ(飛び散る汗)
何故に買い漏れていたのか自分で自分が謎過ぎます。。。
それに、そうこうしている内に後編のリリースがめちゃくちゃ迫っておりました(苦笑)。


・ストーリー
中原一也さん原作の、ハードボイルドBL。
続きもので、既に2枚CDがリリースされております。
探偵の竜崎英彦(賢雄さん)が、親友・深見の弟、謙二朗(緑川さん)を雇ってから早1年。
竜崎の元で徐々に人間らしい感情を取り戻した謙二朗は、公私共に竜崎の相棒として成長した。
そんな謙二朗に、初めて「友達」と呼べる男が出来た。
バイク好きが縁で知り合った古賀崇(水島さん)。
2人の初々しい友達関係を微笑ましく思いつつ、何やら理由もなく厭な予感にさらされる竜崎。
竜崎の予感はすぐに的中し、崇の抱えている厄介ごとに最悪の形で巻き込まれて行き――。

ハードボイルド! 怖い! 怖いです…(へたれ)。
SEが痛々しくて怖くて怖くて、ブルブルしながら聴きました。
このCDの喘ぎ、あんあん云ってるよりも呻いている時の方が多いです(笑)。
そう云った意味では賢雄さんもがっつり喘いでいて(笑)、お得?
けれどもひろは途中、光ちゃん(謙二朗ですよひろさん)が可哀想過ぎて泣きそうになりました。。。
気分はVシネマ鑑賞。本当にたらーっ(汗)
けれど、光ちゃんの喘ぎ声は最高だしで、物凄いジレンマを感じながら聴いておりました(笑)。
反面、オカマさんがごろごろ出て来たり、コミカルなシーンも…(笑)


続きを読む
posted by ひろ at 23:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | BLCD(タイトルあ行)

2007年03月15日

受け攻め度チェック★

またまたあいさんの真似っこるんるん
受け攻め度チェックをやってみました。
何かこの間から、あいさんのストーカーみたいですみません(…)

以下、興味の有る方がいらっしゃれば、どぞ(笑)。


続きを読む
posted by ひろ at 21:19 | Comment(6) | TrackBack(2) | 雑記

2007年03月14日

Web拍手お返事+最近聴いているキャラソン

何時もWeb Clap有り難う御座います。
殊に、此処数日は如何したのかと云うくらい沢山拍手を戴きましたあせあせ(飛び散る汗)

す、すみません…バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)(謝った)

当該記事に関してWeb Clap及びブログのコメント欄よりコメントを下さった沢山の方々、驚かせてしまって本当にごめんなさい。
そこまで深く思案しないままに記事を上げてしまったことを少し後悔しています。
ええと…、ひろは元気です(笑)。←知ってるから

皮肉にも当該記事をUPしたことで、ひろが思っているよりもずっとずっと沢山の方に遊びに来て戴いていると云うことが解り、嬉しいやら申し訳ないやらで頭の中がぐるぐるしています。
沢山優しい言葉を戴いて、涙でモニタが視えません。。。
いつも遊びに来て下さって、そしてひろを構って下さって有り難う御座います。
これからも広い広いWebの片隅からマイペースに超個人的な萌えを発信して参りますので、何か琴線に触れた際には、お相手をして下さるととても嬉しく思います。
本当は、お一人お一人にありがとうのお礼を云いたいのですが、そうするととてつもなく長いエントリになってしまいそうなので、重ね重ね失礼を致しますが、どうぞお赦し下さいませ。

--

それだけだと何だか暗いので(…)、場違いながら(苦笑)最近聴いたキャラソン覚え書き。

●慟哭ノ雨
●シルエット(GRANRODEO)

「恋する天使アンジェリーク かがやきの明日」OP「慟哭ノ雨」より。

このMAXI、ヤバイくらいイイです。
めちゃ格好良くて凄く凄く凄く(!)お勧め。
もう何度聴いても全然飽きが来なくて、一時期ヘビロテでした。
シャッフル再生していると、結構曲を飛ばすことが多いひろですが(シャッフルの意味があまりないとも云う)、この2曲は絶対飛ばしません(笑)。
「慟哭ノ雨」は激しいロックナンバー。
果たしてアンジェアニメのOPに使う意味はあったのか? とは思いますが(苦笑)。
物凄くハマります。メロディラインに中毒性があるのかなあ。
紀章くんの声は突き抜けるような高音も凄く綺麗に出ていて、聴いていて本当に気持ち良いです。
ひろもほぼ毎日家で本気で歌ってます(笑)。やめようよひろさん…
ひろがお気に入りなのは、「cry bitterlyグッド(上向き矢印)」と高くなる箇所。
聴いていても自分で歌っても、め〜〜〜っちゃ気持ちイイ!

C/Wの「シルエット」は、一言で云うとB'z(笑)。
聴けば解ります、きっと。出だしが物凄いB'zです(どんな)
此方は打って変わってしっとりしたバラード。
GSのED、B'zの「美しき世界」と、「今夜月の見える丘に」を混ぜたみたいな雰囲気の歌です。
紀章くんの歌い方も何処か稲葉さん臭い気がします(笑)
本当に完成度の高い1枚。
こんなことを云うのも何ですが、アニメジャンルに置いておくのは勿体無いです。
慟哭ノ雨
慟哭ノ雨

---

●約束の地へ(2HEARTS)
「恋する天使アンジェリーク かがやきの明日」ED。

これはアンジェっぽいです。
キラキラした雰囲気の爽やかな1曲。
OPが濃ゆ過ぎるのか、これが物凄くあっさりした歌に聴こえます(笑)。
ひろは、ところどころ野太くなるモリモリの歌声に夢中。
間奏中に掛け合いで英語詞をアドリブのように歌う箇所が有って、そこが凄く格好良いのです黒ハート 立木さんの歌唱力に惚れ惚れ…。
C/Wはまた全然違って、アダルティな雰囲気で、ひろはこっちの方が好きかも。
けれど、冒頭のモリモリの歌い方が某最遊記の「Touch」を彷彿とさせるような歌い方でちょっと笑ってしまう…のは、たぶんひろだけですね(…)。
約束の地へ(DVD付)

---

●Only Love 〜心から欲しいもの〜(私市淳)
●Innocent Sky 〜青空を心に抱いて〜(立木文彦)

TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」キャラクターCDシリーズより。
Vol.15〜16はそれぞれ、ティムカ・ヴィクトール。
このシリーズも、この辺になって来ると(キャラ的に)そんなに思い入れがないせいか、無感動気味なひろです(苦笑たらーっ(汗)

・ティムカ
 歌自体も、私市さんのなめらかで穏やかな歌声も良い。
 …のだけど、何かこう、インパクトに欠ける感じ。正直何度もリピートはしてません。
 聴いていると心地好い眠りに誘われます(笑)。
 これよりは、アンジェリークエトワール RAINBOWの、「ESPERANTO〜晴れた日の海には希望が立ち昇る〜」の方がお勧め。
・ヴィクトール
 渋い! もう立木さんの歌声渋過ぎます(笑)。
 ヴィクトールって、こんなキャラ(と云うか最早どんなキャラ)だったっけ? と云う感じ。
 歌は文句無しにお上手で、聴いていても心地好いのですが、聴いていると自然とひろの顔も渋くなりがち(笑)。
 カラオケで歌うとなると、可也しっぶい顔で歌うことになりそうです(笑)。
TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.15 ティムカ TVアニメ「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング vol.16 ヴィクトール
---

●箒星のゆびきり(高橋直純)
●青葉時雨に佇んで(中原茂)
●この享楽の刹那よ(置鮎龍太郎)
●初恋よ夏嵐になれ(高橋直純&宮田幸季)

遙かなる時空の中で 舞一夜 ヴォーカル・コレクションより。

うーーん、悪くはないけれど、遙かのアルバムにしてはちょっと物足りないと云うのが正直なところ。
イノリくんの歌はアップテンポ。でもちょっと飽きる感じ…
直純くんの歌は相変わらず良いですハートたち(複数ハート)
けれど、歴代の遙かの直純くんの歌の中では個人的に結構下の方。
もっともっと、珠玉の1曲を知ってしまっているので…。

鷹通の歌が意外と好き。
中原さん、こんなに歌上手でしたっけ? と失礼ながら思ってしまいました、よ。(…)
サビよりも、メロのが聴かせる感じで良いです。美声ですねハートたち(複数ハート)

アクラムの歌はもう…ちょっとこう云うパターン飽きて来ちゃっ…(…)。
確かに、確かにアクラムのキャラソンなんです。
おっきーの歌声も最高なんです。
歌唱力は文句なしだし、色っぽいし。
でも、何かもう総て似たような歌に思えてしまうのですあせあせ(飛び散る汗)
アップテンポな歌が聴きたいのかと云われればそう云うわけでもないのだけれど…(我が儘)。
そんな文句は云いつつ、いざ歌を聴くとおっきーの声にめろめろなんですが(笑)。

イノリ&詩紋のデュエット、これは誰が何と云おうとひろは好きです!(笑)
宮田さんがちゃんと詩紋くん声で歌っていて、悶絶可愛い!ハートたち(複数ハート)
何だか「…何年代?」と首を傾げたくなるようなメロディラインの箇所もありますが、何処となく新しい感じもして…不思議な曲調です(笑)。
は・つ・こ・い、夏嵐るんるん」とぶりっこ声で一緒に歌ってます。歌いたくなること必至…!

遙かなる時空の中で 舞一夜 ヴォーカル・コレクション
遙かなる時空の中で 舞一夜 ヴォーカル・コレクション

---

●はじめての気持ち。(森田成一)
●天使の吐息(福山潤)

金色のコルダ~primo passo~キャラクターコレクションより。
1〜2はそれぞれ、火原・志水。

今のところ、コルダの火原くんのキャラソンの中でこれが一番好きです!
歌も、「森田さん」じゃなくて、「火原くん」っぽくて良い黒ハート
火原くんがぴょんぴょこ跳ねながら愉しそうに歌っている姿が想像出来ます。
短めの曲でくどくないし、終わり方もスパっと気持ち良い。
コルダのキャラソンのクラシック路線は断たれたんでしょうか?
個人的に火原くんソングはその方が良い気も。

そして吃驚したのがじゅんじゅん!
ひろ、失礼ながら彼の歌が非常に苦手で…だったのが、払拭されました!
志水くんだ! 志水くんがほんわ〜…としたまま歌ってる!!グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
ぼんやり、のんびりな優しいお声&歌い方でめちゃ可愛いです。
じゅんじゅんファンは勿論、志水くんファンもきっと納得の1曲るんるん

金色のコルダ ~primo passo~ キャラクターコレクション1 火原編 金色のコルダ~primo passo~キャラクターコレクション2-志水編-
---

●ぼくの迷路(野島健児)
●聖地の白い羽(千葉進歩)
●Secret Love(小杉十郎太)
●少年は羽ばたく夢を見る(水島大宙)

Saint Beast Coupling CD series“Others”#1 ユリウス×オーディン、
Saint Beast Coupling CD series“Others”#2 ジョエル×カナンより。

聖獣シリーズは本編を全く聴いていないので全然解らないのですが、一体何処に向かっているのでしょう…。声優陣が殊更凄いことになって来ましたねあせあせ(飛び散る汗)
けれど、矢張り歌のクオリティは高いです。今回の2枚も凄く良くて満足るんるん
のじの歌が凄く凄くお勧めです。
同じセイントビーストで云うと、マヤ役のすずが歌っている歌と雰囲気が似ているかな。
これぞキャラソン! と云う感じの曲調なのだけど、のじの柔らかな声に癒されまくり。
と云うかのじの歌の上手さに驚きました。のじの他の歌も聴いてみたい…。
進歩くんも、結構歌上手くなりましたか?(相変わらず失礼なひろさん)
ちょっと硬め・抑えめな感じのお声で凄く格好良いでするんるん
十郎太さんは無駄にフェロモンたっぷりでアダルティ(笑)。
いやはや、美声です。相変わらず歌もお上手でハートたち(複数ハート)
曲も異国情緒漂う感じでひろ好み。素直にイイ曲です。
そして意外だったのが、水島さんの歌。これが凄く好き!
十郎太さんの歌の後に聴くと爽やかさに眩暈を覚えます(笑)。
水島さんの歌声がもう本当に少年を地で行く感じで。素敵です。

4月には、#3ピラト×ミュウ(小山さんとちーちゃん)がリリースされるようなのでチェックひらめき

「セイント・ビースト外伝Others〜もうひとつの扉〜」Saint Beast Coupling CD series“Others”#1 ユリウス×オーディン
セイント・ビースト外伝「Others~もうひとつの扉~」Saint Beast Coupling CD series“Others”#2 ジョエル×カナン画像がUPされてない…(しゅん)
---

●まっがーれ↓スペクタクル(小野大輔)
●倦怠ライフ・リターンズ(杉田智和)

涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングより。
Vol.8〜9はそれぞれ、古泉一樹・キョン。

件の問題作です(笑)。
鮮やかに声買いをしたこの2枚。
涼宮さんのことは1ミクロンも存じ上げませんが、そんなひろでも大丈夫でした。
小野さんのキモエロ歌声だけで乗り越えられます(真)。凄まじい魔力を秘めたCDです(笑)。
何故キョンは「キョン」なのか、苗字は何処に行ったのか、正直色々と気になることはありますが、取り敢えず歌は歌だけで聴いても充分萌え&笑えます。

何が云いたいかと云うと、小野大輔の歌声のえろさについてですよ。
何なんだこのえろ声…!(笑)
しかも、一歩踏み外すとエロと云うかキモ声になってしまいそうな危うさをはらんでおります(笑)。
歌自体はとてもポップで明るく可愛らしくて、全然えろくないです。
割にキャッチーなメロディラインで、聴いていて飽きも来ないし。ええと、いい歌です(笑)。
ひろは毎朝聴いて&毎晩歌っておりますが何か?(…)
小野さんへの愛が更に深まりましたが、何か問題でも?(……)

キャラソンらしく、冒頭には小芝居モノローグが収録されています。

 僕たちが何とかしなければ、確実に世界は崩壊するのです。
 ……。
 …んふっ。
 困ったものです…ダッシュ(走り出すさま)

……。
………どんっ(衝撃)(はっ)。


んふ。って何やー!!!!爆弾(がっしゃーん)

……。
………。
んふ。て笑うのなんて、某テニスの石田彰様だけだと思っていたのに…!(何)


しかし小野さんが歌うと何故にこうもえろく聴こえるのか…七不思議です(笑)。
小野さんて、歌うと語尾をえろくする癖があるのかもしれません。
特に語尾で音階が上がるとエロさ倍増。10倍と云うか、10乗(笑)。

 悪いことにグッド(上向き矢印) なら・な、い・でしょう〜るんるん
 時に閉鎖空間での僕グッド(上向き矢印) 過激・で・しょう、か〜るんるん
 笑顔癖のよ・う・な、感じです、よぉグッド(上向き矢印)
 出来る限りのぉお手伝グッド(上向き矢印) してもいいでしょう〜るんるん←この辺何かもう全部えろい(笑)
 穏やかなる世界の・た、めぇグッド(上向き矢印) 割とやってます〜るんるん

一番訊きたいのは、「閉鎖空間での僕」が一体何を指すのかと云うことですがもごもごご…(…)
そんな小野さんの歌い方は微アイドルちっく。
軽〜〜い感じが聴いていて楽です揺れるハート 結構歌お上手なのかな?
要するに、えろさに総て持っていかれて、良く解らないのが正直なところ…(ぁ)。

兎に角! 小野さんの歌声が、えろくてホモ臭い!(ぁ)
そしてそれが悦。
それが福。

有り難う、ありがとう小野さん…!ぴかぴか(新しい)
ひろは普通にBLだと思って聴いてました。小野さんのキャラクタは変態デレデレ暴走系だと思っていました。違いました。ごめんなさい(チーン)。

歌の途中で女子が2名出て来るのですが、いっそのこと、あれも小野さんがやれば良かったと思います。物真似とかしちゃえば良かった(ぇ)。
そんなことを思ってしまう程度に、小野さんの波が来ているひろには美味しい1枚でした。物凄く満足しました。ご馳走様でした(合掌)。

杉田さんの歌は、原作を知らないひろには杉田智和本人の歌に聴こえました(笑)。
噂では、凄くキャラクタ色が出ている秀逸なキャラソンらしいのですが…
兎に角、歌よりもメロディの間に入る茶々が面白いです。
これ、全部杉田さんが考えて勝手に云ってんじゃないの? って疑ってしまいました(笑)。
歌と云うか、杉田さんオンステージ★ミュージカルを聴いているような感じ。
杉田さんファンには涎モノの1枚なのではないかと(笑)。
涼宮ハルヒの憂鬱 古泉一樹 キャラクターソング 涼宮ハルヒの憂鬱 キョン キャラクターソング

2007年03月12日

ブログ休止のお知らせ。

…を、しようしようと思っていたのですが、辞めました(ぇ)。
ひろの言い訳…を書く前に、ちょこっとお知らせ★

長らく放置していました、ひろの本棚。を更新しました。
とは云え、レビューはひとこともなくて、単にひろの買った本・読んだ本をぶちこんでいるだけです。
たまに覗いて下さる方も居るようですので、もう少しマメに更新しなきゃと思いつつ(苦笑)。

加えて、今更ですがブログランキングに登録してみました。(あいさんの真似っこるんるん
辺境のへたれブログなので、ランキング云々と云うよりは、様々な出逢いを求めてひらめき
気が向いた時は、ぽちりダッシュ(走り出すさま) とやって下されば嬉しいです。


以下、ひろのひとりごと言い訳(……)。


続きを読む
posted by ひろ at 23:41 | Comment(12) | TrackBack(0) | 雑記

2007年03月11日

『Punch↑』レビュー

Punch
Punch


お勧め:★★★★★


これまた今更ですが。
ひろの中で、鹿乃しうこさん祭が開催される切欠になったのが、この作品。
正に、萌えツボ直撃爆弾
どっかんどっかん来過ぎて、逆にちゃんとしたレビューが上げれない事態に…(…)。
可愛い強気(でも健気)ガテン受と、へたれ眼鏡(そして変態)攻め。
萌えの大波です。ビッグウェーブです。(何英語)
今回は設定が痛くなくて、更にひろ好み黒ハート
相変わらず濃厚ですが、ほのぼの幸せなお話なので読後感はあったかく、とてもお勧め。

相変わらずコミックスのレビューは苦手なので、以下書き散らし系ですバッド(下向き矢印)
斜め読み推奨でお願い致します。


CPは、
大木浩太(おおき・こうた)、19歳・ゲイ・大工(受)。
牧志青(まき・もとはる)、31歳・ゲイ・建築家(攻)。


…改めて書き出してみると、結構な年の差CPだったんですね…!(超今更)
しかも二人共真性ゲイ(笑)。

牧の設計したビルを建てている、大工の浩太。
或る日、現場にて浩太と他の大工が悶着を起こしている処に、止めに入った牧。
が、浩太の鉄拳が牧の左頬にクリーンヒットパンチ爆弾(…)
最悪なシチュエーションの初対面に、自ずと互いに反発し合う2人。
何の因果か、家出(?)中の牧の飼猫・シノブを拾い、「ニャン太」と名前を付けて浩太が面倒を見ていたことが発覚したことで、何故か暫く牧の自宅に居候する運びに――。
牧の自宅は一見モデルルームのように美しく、感動する浩太だったが…。

不幸恋愛体質の浩太と、ステイタスだけはあるへたれ建築家の、不器用で優しいラブストーリー。
二人がゆっくりと恋に堕ちて行く過程の焦らされ加減がとても良いです。
何度も何度も読み返したくなる、あたたかい一冊。


ひろはもう何って、浩太に激萌え。
浩太可愛過ぎます。浩太男前過ぎます。付き合いたい…!(待)
猫のような気の強い(喧嘩も本気で強くて、それがまた萌えます)、美しい受け子。
きめ細やかなベビースキンの、美しく引き締まった肉体を持つ大工な彼は、あろうことかパイパン(天然もの/何)なのです…!
なんて書くと、ひろが物凄いパイパンマニアみたいで厭なんですが。
だって昨日上げたレビューで萌えまくっていた受けっ子もパイパンなんだもん…(ずーーーん)。
ひろは兎も角、牧は最初こそパイパンを悪し様に罵っておりましたが(笑)、最終的には浩太のパイパンに萌えまくり、色んな意味で弄りまくっておられました。
巻末の、牧が執拗にパイパンネタで迫る4コマが可也ヒットです(笑)。

そんな浩太、口が悪く喧嘩っ早いと云うか、すぐに手が出ます。
ほんとに男! と云う感じ。
act.2のラストでは、牧の昔のオトコを巡って浩太が号泣しながらブチ切れ、怒りと悲しみの鉄拳を牧に浴びせるシーンも…。
歯を折られ、鼻からも口からも血を流す牧のへたれっぷりがたまらん…!(ぇ)
けれども、恋愛には臆病な仔猫ちゃんなのですよ…きゅん。(ぁ)
しかも世話焼きで結構家庭的。何処か母性を感じます。
呪われてるんじゃないかと云うくらい男運が悪く、素の自分を見せられる幸せな恋愛に恵まれなかった浩太が、牧にはボカスカ本性で向かって行く姿がとても好きです。
それにしても、「P.B.B. 2」の時とは雰囲気が段違い。
確かに三白眼気味の瞳と、つり眉は浩太そのもの(笑)ですが、髪型が違うだけでこんなに可愛くなるものなのですね〜ハートたち(複数ハート)
笑った顔が年相応に幼くって可愛くて、抱き締めたくなります。物凄く好きです揺れるハート

変わって、牧は一言で云うと、変態オヤヂですよ(笑)。
本当に変態過ぎて笑いが止まりません。
未だ31歳とは思えぬオヤヂ攻めっぷりを堪能させて貰いました(笑)。
彼は普通にしていたら格好良いし、社会的ステイタスもあるのに、超三枚目のヘタレ。
物凄くひろの好みです(真)。
涙やら鼻水やら、凡そ顔から出る汁を総て出している捨て身の表情に笑いながらも萌えてしまいました(笑)。
そんな牧も、本気の恋愛はしたことがなかったんでしょうか。
口は悪くとも、基本的に素直な浩太に、

「(ニャン太が心配だけど)あんたもかなり心配ダッシュ(走り出すさま)

なんて云われて、目を瞠るところが可愛いです。
そんなことを云われたのは初めてだ、なんて思いながら、浩太の作った朝ご飯を食べる牧は、
おじいちゃんのようなほんわ〜〜としたオーラを出していて、やけにウケてしまいました(笑)。

一番笑ったのは、浩太が彼氏(実は彼氏持ちだったんですね〜)に強制的に連行された後、ボロボロに殴られた顔で牧の部屋に帰って来たシーンの、牧の台詞です。

「お前はさ、たぶん俺や奴みてーな哀れな人間をほっとけない天使なんだよ」

天 使 … ? !牧さん何云っちゃってんの、こんなシリアスなシーンで…!!!

もう笑いが止まらなくて大変でした(笑)。
その後も、ふかふかのベッドに無邪気に喜ぶ浩太と、発情しまくってハァハァしてる牧がたまらなく可笑しいです。
しかも、両脚を全開にさせて、浩太の局部をガン見。

ちょっ、何だその羞恥プレイ…!(ごろんごろんごろんごろんっ)

何かこの2人のエッチは全編的に物凄く萌えます。
こんなこと真顔で打ちたくないんですが、本当なので仕方有りません(…)。
兎に角、牧がいちいちオヤヂ過ぎる。
言葉攻めと云うより、オヤヂ攻めです(笑)。
P.B.B.でも、忍に駅弁を唆してましたが、今回がっつりヤってましたね。
そんなに駅弁したかったのか、牧さんよぉ…(笑)。

パイパン卒業のために、剃ってみたらと勧める牧に、カミソリ負けするから…と呟く浩太。
それに萌え悶えた牧の白目を剥いた顔も物凄くツボでした(笑)。
後半、加速度的に牧の鼻息が荒くなるのも可也ウケます(笑)。
ひろ的に牧は変態過ぎるところが萌えポインツなのか…。。。何だかそれは自分でもちょっと問題な気は致しますが(笑)

act.3ではP.B.B.の純佑×忍CPも登場しておいしいですハートたち(複数ハート)
純佑超格好良い…。
無駄にフェロモンを振り撒くのはやめてくれ…(くらくら)。
純佑が格好良過ぎて、牧のヘタレっぷりに拍車が掛かってます(笑)。
act.3は擦れ違うメインCPと、凄くいい意味で絡んで来る忍のストーリー展開が心地好いです。
忍、ほんといい子だなあ…(ほわん)ってなりました。

正直悪かった…バッド(下向き矢印)あせあせ(飛び散る汗)

って、何度も浩太に頭を下げる忍が愛しいです。
で、act.3のラストでも牧は発情しまくっててオヤジで萌えます(…)。
浩太を上に乗せて、わざわざ眼鏡を掛けなおして局部を見てるんですよ。
もうこのど変態…っ!(萌/ぁ)
そんな牧に向けられる、浩太の天使の微笑みに癒されます…牧さんずるいよ。

巻末の4コマ(8コマ?)にも悶えまくりました。
主に、牧の変態っぷりに(笑)。
ひろが特に好きだったのが、「パイパンで行こう」「マニアックで行こう」
ナマコとか白子とか、もうお腹が捩れるくらい笑いました。
後者は、温泉の脱衣所で着替える浩太の元に、素っ裸でダッシュして来た牧が、鮮やかに浩太の下着を取り上げて、ノーパンに浴衣を神業のような早さで着付け、わざわざ前を開けて確認して「よし!ぴかぴか(新しい)」なんて鼻息荒く云っているのがもう…(笑)。
そんな牧でも浩太が赦しちゃっているあたり、ただのバカップルですね。愛しい。

割愛しますが、純佑×忍の番外編も収録されています。4コマはハルトが異様に気になります(笑)
だらだら書いていると際限なく萌えられるこの作品…危険です。

さて、この作品。
こんなに面白いのだし、何時かCD化してくれることと思うのですがるんるん
ひろの希望キャストは以下な感じで是非是非ハートたち(複数ハート)

牧志青:子安武人さん(太めヴォイス希望)
大木浩太:岸尾大輔さん(素声希望)
御園生涼司:緑川光さん 若しくは 伊藤健太郎さん(細めの美し系で)

難しいです。(ずーーん)
純佑と忍は、公式で森川さんとうえださんなので、そのお二人はNGだし。
(因みに、コージはのじお兄ちゃんなんですよねハートたち(複数ハート)

牧さんの三枚目な演技は、こやぴヴォイスが似合うと思うんですよ。
忍きゅん…ハートたち(複数ハート)」てなるところとか(笑)。
で、牧さんにこやぴを持って来ると、自然と浩太にはだいさくが…。
緑川さんでも…と一度は思いましたが、ちょっとくどいかな、と。
ありがちなCPですが、そこはそれ。
それに、岸尾くんのサラっとしたお声って、「普通の男子」キャラが似合うと思うんです。
なので、浩太の地味なところとかも、微妙なニュアンスで表現して下さるかとひらめき
ああでも檜山さんの抑え目若めヴォイスでもいいかも…(優柔不断)
御園生は、見た瞬間に光ちゃんヴォイスが聴こえました!
…が、途中からイトケンさんの美声がチラ付きはじめて、、、正直どちらでもぴったりだと思うのですが。
そして今回の本編には出てこないハルト! ハルトのお声が気になるひろです(笑)。
個人的には、三木くんか杉田さんを推したいところですが(笑)。
posted by ひろ at 17:03 | Comment(2) | TrackBack(1) | BL本関連

2007年03月10日

『後ろの正面Darling』レビュー

後ろの正面Darling
後ろの正面Darling


お勧め:★★★★★


2004年に発売した、鹿乃しうこさんの短篇集です。
自分でも解っています。
何故に今(更)、突然この作品のレビューなの? って(笑)。
しかも、コミックスやノベルスのレビューなど数える程しかないこのブログで。

だって萌えちゃったんだもん…!(だもんとか云うな)

最近、BLCDでの微不発が多かったので、がつんと萌えられる幸せに浸っております(笑)。
加えて、実を云うと少し前からひろの中で、鹿乃しうこさん祭りが開催されておりまして…。
これはUSEDショップで立ち読みして、そのまま連れて帰って来てしまった(ひろにしては)珍しい本です。BL系は、好き作家さんのコミックス以外は大抵、立ち読みで満足してしまう方なので…。


中身は、表題作「後ろの正面Darling」他、全部で5篇。
…の中の1篇が、ひろの萌え心に火を点けました。消えない火ですよ奥さん…!(落ち着いて)
お勧め度は、その1篇に終結しています。
ええと、先ずはそれ以外の4篇をサラリと。ほんとにサラサラと。別に嫌いなわけじゃないんですよ!

●後ろの正面Darling(幽霊×中学生)
モテたいがためにギターを始めた中学生・順大。
ある日、母親が貰って来たピンクの古いエレキギターには幽霊が宿っていた。
何とその幽霊、ツッパリ…!(それたぶん死語だよひろさん)

超いやらしい(笑)。
ちょっと物悲しいシーンもありますが、ラストはハッピーエンドです。
個人的には続編が有るとちょっと厳しいですが(…)。

●TOUCH ME ベイベ黒ハート
18歳・フリーターの平太の愛しのハニー(死)は、イタ電の男。
半年前、たまたま掛かって来たイタズラ電話に大興奮、流されるままヤってしまった後、それがやみつきに。
毎晩、「彼」からの電話を待ち焦がれる平太だが――。

これまた超エッチ(笑)。
年下の攻めくんが、某流川くんっぽくて(髪型とか目つきの悪さとか)萌えました(待)。

●隣のオタク(珍獣マニア×オタク少年)
あらすじ書けないよ!(笑)
キーワードは、女装(メイド)プレイ、オタク、メガネ。
普通に読めたけれども、可也マニアックな一品です(笑)。

●release(デコトラ野郎(ぇ)×高校生)
これも楽してキーワードで(ぇ)。
ガテン・デコトラ・高校生。そんな感じで(…)。ひろさん薄すぎ…


▼そしてそして、ひろのツボにがぽっとハマった一品が此方。
むだに長いので、斜め読み推奨です
●あの仔が欲しい黒ハート
義父の経営するペットショップの、トリマー兼店員の香坂桂(受)。
そのペットショップで、ほぼ毎日犬のおやつを買う強面のガテン業・虎田英吾(攻)。

桂は何故か眉が薄く、理由アリな雰囲気を漂わせる美少年。
ラルクのhydeさんの少年時代って、こんな感じなんじゃないかなあって思いました。
或る日、ペットショップの奥で、桂が店長で義父の男のナニをしゃぶらされているのを目撃した英吾。
英吾に見られたことに桂も気付きますが、表情ひとつ変えず、行為も止められることはありませんでした。
衝撃を受けつつも、それからも変わることなくペットショップに通い続ける英吾。

そんな或る日、桂が「ペロ」と名前を付けて可愛がっていたラブラドールが、ブサイク過ぎて売れないと云う理由で処分されることに。
店に来る度に、ペロを「ブサイク」と呼んで構っていた英吾を見ていた桂は、ペロの代金もフードも予防接種も、必要なものは総て自分が請け負うからと云って、半ば無理矢理ペロを押しつけます。
他にも望むことがあれば、何でも差し出すと云う桂の迫力に負けた英吾は、ペロを自宅に連れて帰ります。
この時のペロが凄く可愛い。
洟が垂れていてブサイクなんだけど、英吾を見上げて、はひはひと愛情を振り撒く様子にめちゃくちゃ癒されます。
家に入る時も、英吾が元々飼っている2匹のチワワ(めちゃ可愛くてキラキラしてます/笑)に遠慮するみたいに、扉の影からちらっと中を覗く姿にずきゅんとやられてしまいました。
ペロおまえほんとに可愛いよ…!

その夜、約束通りにペットシートやフードを英吾の自宅に持って来た桂。
過去に、義父と桂の行為を目撃した時のわだかまりも有ったのでしょう、英吾は激情に流されるようにして、わざと酷い言葉を選びながら桂を引ん剥きます。
英吾は元々桂に惹かれていたわけですが、この時点では未だ、本人無自覚なんですよね。
着衣を取った桂は、眉だけでなく、局部も剃られていることに驚く英吾。
義父に性的虐待をされている自覚が薄い桂に苛立つ英吾は、またまた酷い言葉を浴びせます。
桂も、その時に初めて自分の受けて来たことが、普通じゃないどころか、可也イかれていることに気付いた感じで…。気付いていなかったと云うよりは、思い込もうと、受け入れようとしていたのかなあとも思うのですが。

ともあれ、桂を抱いた日から、桂のことが頭から離れなくなる英吾。
ペロのことも結局のところ可愛がる英吾が凄く愛しいです。現場にまで連れて行くんですよ。
ペロは本当にばか犬って言葉がぴったりな感じで、英吾にめちゃくちゃラブラブです。英吾が名前を呼ぶだけでハートを撒き散らしながら盛大に喜び、スリスリとくっついて来るんですよ。
それがもう、死ぬほど可愛くて犬萌えです(笑)。

またまた或る日、ペロのフードを持って来がてら、ペロの様子を見に英吾の家にやって来る桂。
本人は無自覚かもしれませんが、実際は英吾に会いたかったんでしょうね。
キュンキュンしちゃいました。
ツンケンした態度を取る英吾と、物凄く照れた表情を見せる桂。
早くくっつけよ〜〜!!!! ともだもだするひろ。(ひろさん登場してないから)
そして、

「英吾さん家の犬になりたかったンだ、俺」

と呟く桂に、英吾も漸く自分の気持ちを自覚して悶々とします。萌。
けれど、桂と義父の関係が解消されたわけでもなく、そうこうしている内にまた事件が――。

ってな感じのストーリー(長)。
凄く短いお話なのに、もう何度読み返したか解りません(笑)。
何故かは良く解らないのだけど、ひろの萌えツボにがっつりハマってしまいました。

ひろは痛いお話が苦手なので、正直義父に性的虐待をされている時点で普段ならアウトなのですが、そこまで濃ゆく描写されていなかったお陰で読めました。
鹿乃さんは、その辺りのひろが苦手なジャンルのディープさ加減がピカイチの作家さんだと思っていて、敬遠気味だったのが勿体無かったです。
確かに、鹿乃さん作品はそう云った意味で苦手だったり、個人的に萌えれない作品も多々あるのですが、逆にめちゃくちゃ萌えるものも沢山有ることに気付きました。
画面に迫力と説得力が有るし、人物の顔も身体も凄く綺麗で素晴らしいです。
加えて、表情がたまりません。ほんとがっつりハマってますね(笑)。

今作に関しては、桂は最初っから英吾のことを気にしていたけれども、英吾の気持ちがあからさまになって行くストーリー展開にめちゃくちゃ萌えました。
家に上がったら抱く」なんて脅迫めいたことを云いながら、強面な顔を赤らめる攻め様。

超萌えるんですがどうすれば(真)。

そんな英吾の背中にそっと抱き付く桂に更に激萌えです。
この、微妙な身長差にも萌えます…。
最早、萌えてばかりです。
エッチ描写も濃ゆくて満足なのですが、このお話のひろの萌えはそれ以外のところに集中。
しつこいくらい何度も書きますが、ペロもすっごーーーーーく(!)可愛いんですよ。
確かにブサイクなのだけど(笑)、英吾と桂にちぎれるくらい尻尾を振って懐きまくる様子に愛しさが湧き出て止まりません。可愛すぎる…。

最近読んだ中で一番リピート率高いです。ほんと、毎日読み返してます(笑)。
このCPの続きが読みたいです…鹿乃せんせぃ…お願い…(ぇ)。
巻末の描き下ろし1頁漫画にもめちゃくちゃ萌えました。たった1頁なのに!(笑)

その後2人は英吾の家で同棲しているみたいなのですが、仕事から帰って来てぶっきらぼうに、風呂が沸いているか訊く英吾。
内心では、

やっべ、俺ニヤけてねーかな爆弾たらーっ(汗)

なんて思いながら更に悪くなる人相…。

激・萌。

そして風呂に置いてあったスケベ椅子(桂の嫁入り道具?/笑)に、

何じゃこりゃ?!

と盛大に赤面しながら絶叫する英吾の背後から、素っ裸で

「えっ、何? 何か変?あせあせ(飛び散る汗)

とやって来る桂。
英吾の心の声、

一緒に入るんかいっむかっ(怒り)黒ハートあせあせ(飛び散る汗)

に爆笑しつつ、萌え萌え萌え〜〜〜〜でしたいい気分(温泉)
もっと読みたいよおおおお!!!! もっとこのCPのラブが読みたい…!!!!

こんなに攻も受もがっつり好みなのは久々でほんとに幸せです。超お勧め。
しかし50頁弱のコミックスの感想にしてはちょっと長過ぎだ…(…)
posted by ひろ at 22:39 | Comment(4) | TrackBack(1) | BL本関連

2007年03月07日

「灼熱の夜に抱かれて」レビュー

灼熱の夜に抱かれて


お勧め:★★★☆☆
絡み:★★★
主要キャスト:岸尾大輔・子安武人・成田剣・中井和哉・甲斐田ゆき


このCD、簡単に云うと可もなく不可もなく…でした。
買って損したとか、この展開は何で? とか、そんなことは全然ないのですが。
レビューが上げ難い〜〜〜と手をこまねいて(何)おりましたが、初回特典のフリートークDiscが異様に良かったので、その勢いでサクっと上げてしまいます!(待)
最初っから最後まで、ほんとにこやぴ出ずっぱり。
本編では兎も角、フリートークDiscではこやぴがやりたい放題王様(何)っぷりを発揮爆弾
まあ確実に云えることは、こやぴファンは絶対買い! ってことです(笑)。


・ストーリー
橘かおるさん原作の、砂漠もの。シリーズらしいです。
熱砂の国サラーラにて、遺跡発掘隊員の志岐(岸尾くん/25歳)は盗賊に襲われる。
媚薬に侵され、身悶える志岐を助けてくれたのは、国を支配する王族・サイード(子安さん/33歳)だった。
身体がとろけるような悦楽を与えてくれた彼に心惹かれるも、身分の差が気になり、なかなか素直になれない志岐だが――。

ストーリーに関しては、特に感想もなく…と云うのが正直なトコロ。
ハラハラもしないし、どきどきもしないし、かと云って苛々もない…(笑)。
平坦〜〜〜なお話です。なので、萌えが見つけ辛いのです。
心を乱したくない時用の、ラブラブ砂漠CDと云うことで。(どんな纏め方だ)
BGMも、冒頭は「何か、マイナーアニメみたい…バッド(下向き矢印)」と思いましたが、途中から結構いい感じに合っていたし…★


・声
楡崎志岐(にれざき・しき)に、岸尾くん。
25歳、落ち着きの中に可愛らしさの詰まった青年ヴォイスるんるん
矢張りだいさくは美声です。
…が、結構子ども染みた台詞が多く、拗ねた演技がすっごく(!)可愛いです黒ハート
ツンデレキャラには寸足らず。
ツンデレを名乗る(?)には、ちょっと解り易過ぎるところが不合格です(何)。
青年ヴォイスで可愛いだいさくと云うのは結構新鮮でした。
CDが始まって数分で盗賊に媚薬を盛られ、こやぴに助けられ、あんあん云わされるだいさく…。
今回のだいさくの受け声、物凄い激しいです。光ちゃんばりに激しい。
激しいと云うか、情熱的?(笑)砂漠だからですか?(笑)

サイード・シャラフに、子安さん。
王族ですよ、王族!
幼少の国王を支える、摂政ポジションなこやぴです。
33歳、それなりに低めヴォイス。
硬く冷たいお声ではないので、凄く耳に優しい低音ですハートたち(複数ハート) 心地好い…。
何処までもだいさくにめろめろのでれでれ。独占欲も強くて、強引な自信家。
途中、突然だいさくをボコって気絶させ、半ば強引に拉致りますからね(笑)。
…なのに、キャラのせいでがっつり格好良いのはずるいです(笑)。

そんなこやぴの側近、ムーサに成田さん。
超職務に忠実な、御堅い成田さんヴォイス。台詞もいちいち恭しいです。
別に、胡散臭いところや怪し気な行動など何ひとつないキャラなのに、成田さん声(寧ろ御本人?/ぇ)の効果か、何かやらかすんじゃないか…と最後まで勘繰っていたひろ。
濡れ衣でした。ごめん、成田さん…。(謝った)
成田さんの演技も、怪しいところなど全くなかったのですが(笑)。

こやぴの友人、カシム・ウィルソンに中井さん。
石油掘りだそうで。軟派な感じの陽気キャラです。何か凄い外人っぽいの(笑)。
ブックレットのイラストが、中井さん声を連想させる感じで良く合っていると思います。
…が、如何せん出番が……あせあせ(飛び散る汗)
ひろ、この中井さん声結構好きだったのでもっと聴きたかったです(真)。
けれど、彼が「OH MY GOD!」と云うシーンでは、某婆娑羅の彼を思い出して笑ってしまいました(笑)。

幼少の国王・イーサンに、甲斐田さん。
悪ガキヴォイス、可愛かったです〜るんるん
普通に喋っていらっしゃると、某不二くんや某カサンドラを思い出しますが、イーサン声はがっつり少年です。


・おすすめ
絡みが凄く情熱的です! 熱いです! 吼えてます!
特にトラック3のラストが凄かったです。
この二人、上手過ぎ…! と思わず叫びました。
だいさくの情熱的なエロヴォイスも、本当に上手くなったなあ…ぴかぴか(新しい)
と思うことしきりでしたが、何よりひろが萌えたのが、こやぴの吼えヴォイスです。

志岐…ッ

て、こやぴが吼えます。
それがねえ、いいの悪いの、萌えるの萌えないのって、激萌えだったわけです。て、ひろだけだったらどうしよう…と今打っていてちょっと思ってしまいましたが(笑)。

あとはピンポイントな萌えと云うよりは、メインCPのお声に癒されたり萌えたりきゅんとしたり…な感じ。完全に声買い推奨な1枚です。


そして、個人的には本編より満足度の高かった特典のフリートークDiscひらめき
30分弱収録されていて、上記のメイン5人様が喋っているのですが、凄く短く感じました。
こやぴ司会で、本編のあの落ち着いた人をこの人が本当に演ってらしたの? と思うほどの暴走っぷりですダッシュ(走り出すさま)
サラっとエロネタ下ネタ、RPGネタ(笑)で、中井さんにヒかれ、だいさくに激しくツッこまれつつ、愉しそう〜〜に話しておられました(笑)。ちいちさんと2人で暴走していたラジオWeiβを思い出しますね(笑)
こやぴとだいさくの遣り取りも息が合っていて、凄く愛しい〜〜。

岸「志岐は(25歳なので)楽なトーンで出来る! って思って現場に来たら、
 『可愛いよ』って云われて。
 (どうかなあと思いつつ)あんまり作らないで普通にやったらOKだったんで…」
子「それは、(自分が)可愛いってことっ?るんるん
岸「いや、違います(笑)」
子「(いやらしく笑いながら)ぼく、可愛いってことかなっ?」←ぶりっこヴォイス

岸「ああそうさ!!!」(どーん)

子「開き直った! いいですね〜(笑)」
岸「あっと云う間に僕も面倒臭くなりました(笑)
子「早いから!(笑)大人なんだから、頑張ろう? 子安くんっ!←自己ツッコミ流行中なこやぴ
岸「また自分だよ(笑)」

他の人が喋っている時も後ろでいちいち茶々を入れるだいさくが愛しいのと同時に、後ろでは全然喋らない成田さんが心配になったひろ(笑)。
中井さんの印象もすこぶる良くて、本当に良い特典Discでしたハートたち(複数ハート)
それにしてもひろは、成田さん×こやぴ(←決してCPではない/特筆しなくても解ります/笑)のフリートークが結構ツボみたいです。
自由に何処までも飛んでゆく成田さんを、愛情なのか只虐めたいのかいちいち鋭く斬るこやぴ、と云う構図にやたらとウケてしまいました。
途中で面倒になったこやぴに投げられたりするのも可笑しくて。
いちいち独り大爆笑です(笑)。
成田さんは登場時から「誰?!」みたいなへろへろヴォイスで、だいさくにまで、

誰?! 解んないひと来た…(笑)

なんて云われておられました(笑)。
成田さんネタはひろ、ツボ過ぎていちいち挙げていくとキリがないので今回割愛致します(笑)


▼原作
灼熱の夜に抱かれて
灼熱の夜に抱かれて
posted by ひろ at 23:58 | Comment(6) | TrackBack(1) | BLCD(タイトルさ行)

2007年03月05日

Web拍手お返事+DVD消化。

Web Clap有り難う御座いますハートたち(複数ハート)
レス不要な方、毎日ポチして下さっている方、ちゃんと拝見しておりまするんるん

>2/25 22時の方
初めまして!^^
…コメント下さったのに、お返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい!あせあせ(飛び散る汗)
未だ遊びに来て下さっているかなあ…(どきどきどき)
ひろも実家住まいの頃は背後を常に気にしつつのWebライフでした(笑)。
そんなにやましいWebを観ていたわけでもないのですが…(本当か)。
このブログはそれなりにやましいので(ぇ)背後の母上様にお気を付け下さいね(真)。
声優さんファン歴、ひろもそんなに長くない、未だ未だ新人(?!)なので、勝手に親近感を抱いてしまいました><//
そしてごめんなさい!
何だか、途中でメッセージが途切れちゃっている気が致します…。
もしかするとWeb Clapが不調だったのか、ブログのサーバーが不安定だったのか…もしそうだったらごめんなさい><。
またお話しして戴けるととっても嬉しいでするんるん
随分とマニアックなブログですが、また遊びに来てやって下さいませハートたち(複数ハート)

>3/1 11時 ぴよさん
上司様、お気付きになられませんでしたか…っ…?(ぷるぷる/…)
何はともあれ、数時間に渡り(笑)却ってお気遣い戴きながらも(……)メッセージ、愉しく拝見させて戴きましたるんるん
あっ、改めまして、ひろと申します。(ぇ?)今後も是非よしなに…揺れるハート
そうですか…、ぴよさんは待ての出来ない子なんですか…。うふふ。(萌えるな)
ひろは未だ、原作とはやまねさんのイラストを書店でパラ見して妖しくニヤつく程度にしか触れ合っていないのですが、CD化して劇的に中身がなくなったわけではないのですね〜(笑)。
まあ、BLCDは個人的に声に萌えられれば最低ラインOKなのですが(苦笑)。
それにしても鳥ちゃんの喘ぎ声が子守歌になるとは、何と最早…!(笑)
けれどもひろもそれが良く解るのが困りモノです。
何故でしょうね、BLを聴いてると爆睡出来ますよね???(笑)
睡眠に働きかける何かが声優陣の美声から放出されているのでしょうか…。
不眠に悩む夜は、共に鳥ちゃんのアンアンを聴きましょう…!(誘うな)

>3/2 7時の方
朝早くから遊びに来て下さって有り難う御座います〜るんるん
レビュー、愉しんで(?)戴けたようで嬉しいですハートたち(複数ハート)
また遊びに来てやって下さいませ^^

>3/3 0時 チサさん
寧ろ、今となってはひろの方がラッシュに乗り遅れている気さえします(何)。
何故なのか。チェックしていた新作はちゃんと(?)買い占めたのに、遅々として全く聴き込めません。助けてチサさん…!(ぇ)
ひろもPSP版コルダ、持ってはいるものの全然進んでいません〜あせあせ(飛び散る汗)
PS2でもフルコンプ出来なかったので、空き時間にちまちまPlayしようと思って購入したのに、今はPSPよりもDSばかり持ち歩いています(チーーン)。
柚木&岸尾くんの柚木声、へろへろになりますよね…ハートたち(複数ハート)
コルダが発売された当初は、あのブラックキャラにナイスKOEI…! と雄叫びを上げたものです(笑)。
それにしても初乙女ゲーがコルダだなんて、中々上級者だわ、チサさんったら…(つんっ/やめろ)
今月はDS版のときメモGSが発売されるので如何ですか。一緒に緑川光王子ヴォイスと子安武人先生ヴォイスに溶けませんか。(誘うな)

>3/4 23時の方
お久し振りです★ もしや「闇を切り裂く〜」の時の方でしょうか?^^
花嫁シリーズの緑川さん、めっちゃ(!)ぎゅ〜〜ん(!!)と来てしまいますよね〜!><//
ひろもあのシリーズの光ちゃんヴォイス&演技、大好きですハートたち(複数ハート)
特典付き、お気に召されたようで幸いで御座いまするんるん
毎回、制作気取りですみません(笑)。常に自分の手柄のように偉そうなひろです(…)。
2月の新作ラッシュでは、光ちゃんがメインのものが全然なくてとっても悲しいです。。。
ああ、何だかひろも花嫁シリーズをもう一度聴きたくなって来ちゃいました><//

--

この間購入したDVD、一通り観ましたるんるん

冬の蝉 第一巻 (通常版) ‾江戸恋唄‾ 冬の蝉 第一巻 (初回限定版) ‾江戸恋唄‾
(←)通常版と、限定版(→)。収録内容も違うのかな?(???)
今回は、映像は綺麗! との前評判だったので期待して観ましたが、全編的に通して観ると、「まあまあ」かなあ。
オープニングテーマの最初の方とかはすっごく綺麗で、「うわあ!」ってなりましたが、途中から、「あれ?」と云うシーンも有りまして(笑)。
まあ、肝心なシーンは結構良い出来栄えだったので良いのではないかと。
オープニングテーマが気にいっています。格好良い。

ひろには秋月さんがもう、岩城さんにしか見えません。すっごくきゅんきゅんします…。
冒頭の岩城さん(秋月さんだってば)の声が素敵過ぎるのも、モリモリにきゅんとすると云うよりは、「岩城さんの」美声にきゅんとしている感じ。変な感覚です(笑)。
冬蝉は原作も読んでいるし、春抱の原作で冬蝉の撮影シーンなんかも読んでいるので、何だかどきどきしちゃいます。
ああ、岩城さんはこのシーンで香藤くんをどんって付き落とすの躊躇したんだよなあ…ああん…と、いちいち感慨深く(?)萌えております(笑)。
しかし、メイン3人以外ががっつり方言なのが笑えたのはひろだけですか?(笑)

二巻では香藤くんが岩城さんに(だから違う)可愛く純な告白をするシーンがとーっても愉しみハートたち(複数ハート)
キャスト座談会も、冬の蝉マキシ初回限定版に付いていたDVDとはまたちょっと違った話題で。
何かモリモリ、また痩せました? 顔の輪郭がシャープになってる気が…(きゅん/ぁ)

歌もとても良いですね。
ひろはマキシも買いましたが、OVAのエンディングのが映像が有る分、感動的で良いです。
でも、笹舟はちょっと近過ぎやしないか? と思いました(何)。
歌は本当にさだまさし節です。(母がさださんファンなひろの家/笑)
けれど、この歌きっと難しいのにモリモリ、がっつり歌いこなしてます。
高音が凄く伸びやかで気持ちイイの。
岩城さんよりはモリモリ寄り、けれど普段のモリモリよりは一寸控えめ。
しっとりと、それでいて情熱的にとっても力強い歌声です。素敵…!(結局)


劇場版 遙かなる時空の中で 舞一夜(豪華版)
漸く観れた、劇場版。
けれど最近のひろはBLに溺れ過ぎているせいか、神子の女々しさが鬱陶しくてたまらない(…)。
神子が成長するのが話の主軸のひとつでも有るのだから仕方のないことなのだけれど。
そして神子は女の子だから女々しくても良いのだろうけれど。
もっと凛とせんかい!!むかっ(怒り) と苛々してしまった前半(…)。
だ、だめだよひろさん。ともう独りの自分に宥められながら観ていました(苦笑)。

映像は本当に綺麗で、特に背景や建物、自然が美しく表現されていました。
その分、キャラクタももっともっと細部まで頑張って欲しかったなあ…と云うのが本音。
凄く綺麗なシーンと、手を抜いたシーンが月とすっぽん状態です。
季文の登場する雨のシーンなんかは本当にうっとりするくらい綺麗。
櫻井くんの声も良く合っていて、可也萌え度高かったです。
ただ、今回はその他八葉が結構邪険な扱いでしたね^^;
個人的に友雅と頼久にはもっと出張って欲しかったのでした(…)。
けれど、そんな八葉の中でもヒーロー・天真の扱いは良かったです。まあ仕方ないけれど。
それと同時に、天真は可也可哀想でした(…)。扱いは良いのに可哀想だなんて。。。

お話も悲しくて、本当に悲しくて泣けるのだけど、ひろは既に神子に感情移入が出来ない子になっていました。ちょっと危機感を覚えた瞬間でした。BLの海に溺れすぎなのかもしれませんバッド(下向き矢印)

一番残念だったのは、季文が怨霊に変身(違う)した辺りから、画のクオリティががたっと落ちたこと。。。一番の見せ場なのに、何を置いても、神子の画が美しくない…!!! だめだよ…!
それにしても季文が悲し過ぎます。幸せにしてあげたいです。
早く、遙か4で櫻井くんが幸せなENDのあるキャラのCVになれることを願ってやみません。
posted by ひろ at 21:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記

2007年03月05日

3/5判明分予約&購入可能新譜リスト

新作・新譜情報更新しました。

発売日どころかキャストすら未定のようですが、百日の薔薇がドラマCD化です!(大興奮ダッシュ(走り出すさま)
今からすっっっっごく(!)愉しみです、キャスト発表が。
残念なキャスト(何事)になりませんように…(祈)

2月

2/9 【DVD】OVA「お金がないっ」第1巻【超プレミアム限定版】
2/9 【DVD】OVA「お金がないっ」第1巻【通常版】
2/14 【PC】ハートの国のアリス 〜Wonderful Wonder World〜
2/15 【BLCD】ワガママな福音
2/15 【PS2】緋色の欠片 〜あの空の下で〜(通常版)
2/15 【PS2】緋色の欠片 〜あの空の下で〜(ツインパック)
2/21 【BLCD】灼熱の夜に抱かれて
2/21 【CD】遙かなる時空の中で 舞一夜 ヴォーカル・コレクション
2/21 【CD】金色のコルダ~primo passo~ キャラクターコレクション3 -土浦編-
2/21 【CD】「恋する天使アンジェリーク~心のめざめる時~」オリジナルドラマCD
2/21 【CD】OVA「お金がないっ」エンディングテーマ『愛しい人よ永遠に 温もりを伝えて…』
2/22 【PS2】令嬢探偵~オフィスラブ事件慕~
2/22 【PS2】そしてこの宇宙にきらめく君の詩 XXX
2/23 【BLCD】魅惑ノリンゴ
2/23 【BLCD】子供たちの長い夜 毎日晴天!6
2/23 【BLCD】囚われの楽園で王子(きみ)と
2/23 【BLCD】ひと目会ったら恋に花
2/23 【BLCD】愛とバクダン2 傷だらけの天使ども 前編
2/23 【BLCD】秘密のバイト志願!?
2/23 【CD】吟遊黙示録マイネリーベwieder VOCAL BEST!
2/23 【DVD】OVA 冬の蝉 第一巻【初回限定版】
2/23 【DVD】劇場版 遙かなる時空の中で 舞一夜(豪華版)
2/23 【DVD】劇場版 遙かなる時空の中で 舞一夜(通常版)
2/23 【PC】はかれなはーと ~誰がために君はある?~
2/25 【BLCD】スレイヴァーズ ヌード
2/25 【BLCD】色街シリーズ 珊瑚&猫柳編 傾城秘話 籠の中で〜籠の華
2/25 【BLCD】ハーレム・ナイト 瑠璃色の王冠
2/27 【BLCD】願い叶えたまえIII
2/28 【BLCD】君こそ僕の絶対
2/28 【CD】ネオアンジェリーク~Romantic Gift~

3月

3/1 【NOVEL】チョコレート密度
3/1 【COMIC】仲神家の一族(新装版)
3/1 【COMIC】三十一夜
3/10 【COMIC】仲神家の一族悪魔来る
3/15 【BLCD】真昼の月2
3/15 【DS】ときめきメモリアル Girl's Side 1stLove
3/15 【PS2】金色のコルダ2 プレミアムBOX
3/15 【PS2】金色のコルダ2
3/21 【BLCD】独占欲のスタンス~くされ縁の法則3~
3/21 【BLCD】可愛い下僕の育て方
3/21 【BLCD】みんなやっぱり恋の奴隷
3/21 【CD】水の旋律 Sweet Box
3/21 【CD】金色のコルダ~primo passo~キャラクターコレクション4-柚木編-
3/21 【CD】「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング VOL.17 チャーリ
3/21 【CD】「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング VOL.18 セイラン
3/21 【CD】「恋する天使アンジェリーク」キャラクターソング VOL.19 メル
3/22 【BLCD】君臨せよ
3/23 【BLCD】極道はスーツがお好き
3/23 【BLCD】愛とバクダン2 傷だらけの天使ども 後編
3/23 【DVD】OVA 冬の蝉 第ニ巻【初回限定版】
3/24 【COMIC】クリムゾン・スペル 2
3/24 【COMIC】デキる男の育て方 2
3/25 【BLCD】夜明けには好きと言って(発売延期)
3/25 【BLCD】可愛いひと。VIII
3/25 【BLCD】ムーンリット・ドロップス
3/25 【BLCD】蛇淫の血
3/25 【BLCD】水に眠る恋
3/28 【BLCD】仔猫のワルツ
3/28 【BLCD】ネクラートホリック
3/28 【BLCD】不器用なサイレント
3/28 【CD】遙かなる時空の中で3 朧月夜
3/28 【CD】金色のコルダ2~絹雲のレガート~
3/28 【CD】ときめきメモリアル Girl’s Side 2nd Kiss ドラマ&イメージソングアルバム Vol.1
3/28 【DVD】ライヴビデオ ネオロマンス・フェスタ アンジェ舞踏会
3/29 【PS2】VitaminX(ビタミンエックス)(限定版)
3/29 【PS2】VitaminX(ビタミンエックス)(通常版)
3/30 【BLCD】失恋マニア
3/30 【BLCD】難攻不落な君主サマ
3/30 【BLCD】兄弟限定!2 BROTHER×BROTHER
3/31 【BLCD】束縛のアリア

4月以降

4/5 【PS2】KOEI The BEST ネオ アンジェリーク
4/15 【BLCD】新妻きらきら日記
4/25 【BLCD】星と桜の祭り〜少年花嫁2〜
4/25 【BLCD】やさしく殺して、僕の心を。
4/25 【BLCD】極道的純愛
4/25 【BLCD】桃色御伽草紙~MOMO CANIII~
4/25 【BLCD】復刻版 豪華客船で恋は始まる
4/27 【BLCD】純愛エゴイスト2
4/27 【BLCD】ワガママだけど愛しくて3
4/27 【BLCD】野球天国
4/27 【BLCD】野蛮なロマンチシスト
4/27 【DVD】OVA 冬の蝉 第三巻【初回限定版】
5/9 【CD】ときめきメモリアル Girl’s Side 2nd Kiss ドラマ&イメージソングアルバム Vol.2
5/25 【DVD】DVDキレパパ 第1話「綺麗なお父さんは好きですか?」
posted by ひろ at 20:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新譜・新作ゲーム情報

2007年03月01日

「魅惑ノリンゴ」レビュー

RUBY(ルビー)CD COLLECTION 魅惑ノリンゴ
RUBY(ルビー)CD COLLECTION 魅惑ノリンゴ


お勧め:★★★☆☆
絡み:★★
主要キャスト:浜田賢二・小野大輔・真殿光昭・宮田幸季・鈴木達央・山中真尋


これ、中々面白かったです。絡みやBL的萌えはライトですが、兎に角笑わせて貰いましたるんるん
ただ、もうひと押し…何か物足りない感は拭えなかったです。
小野さん大・大大大流行中(!)な最近のひろ。
最近何かと気になる存在で、ひろの心をじわじわと侵蝕していた小野さんでしたが。
それが爆発したのが、このCDだなんて、誰が想像し得たでしょう…(笑)。
兎も角、ネオアンジェリークを再Playしたいひろです。


・ストーリー
三島一彦さん原作。
御曹司・一条圭(小野さん)のクラスに、新任教師の林悟(浜田さん)が赴任してきた。
他の教師とは違い、自分を一般生徒と同じように扱ってくれる林(通称リンゴ)にあっさりと一目惚れした一条。
早々にリンゴに告白するが、相手にされず門前払いを喰らう。
何かと敵対して来る同級生・二ノ宮(鈴木達央さん)と張り合うようにしながら、リンゴの気を惹くため、テストに料理、掃除と努力する一条に、リンゴも次第に気を許し始める。
そんな中、二ノ宮が一条とリンゴのスキャンダル写真を学校に暴露。
更に、リンゴの昔の男を名乗る教師・五木が赴任して来て――。

三島さんと云えば、「オヤジ拾いました。」
今作も、がっつり同系統です。
リリカル少女漫画風味ギャグBL+年下攻め。
ひろはキャスティングだけぼんやりと眺めていて、普通に浜田さん×小野さんだと思って聴いていたので、途中で度肝を抜かれました(笑)。本気で吃驚しました(笑)


・声
挫折を知らないお坊っちゃま・一条圭(いちじょう・けい)に、小野さん。
やんちゃ系少年ヴォイスです。
悪ガキ爆弾 時々ぶりっこ揺れるハート と云う感じ。
微塵も気品が感じられません。御曹司なのに…(笑)。
最近、無駄に小野さんのエロヴォイスばかり聴いていたので、とっても新鮮でした。

悪ガキヴォイスも可愛いじゃないか、小野大輔。

矢張り、愛が芽生えてから聴くとプラスアルファで愛しく聴こえるのでしょうか(笑)。
演技が凄く可愛くて、ちゃんと高校生してます。
一目惚れした新任教師・浜田さんにばかみたいに真っ直ぐ一途にぶち当たる姿が可愛いです。
運命の人! って純情一途に突っ走る姿は、純情テロリストの忍チンの奥ゆかしさやぶっきらぼうさを完全に取っ払った感じでした(笑)
何処までもギャグ路線でいて、全然スレていない純真無垢な小野さん。
可愛い。なのに、攻め(笑)。
可愛いお声で、「俺のものになってくれっ!ぴかぴか(新しい)」なんて告白しちゃいます。
小野さんは攻めていても何処か受け声に聴こえるひろ…(そんなこと云われても)
今回は年下攻めと云うことで、便宜的には攻めていますが、声はがっつり受け寄り(笑)。
小野さんのちゅーは、ちょっ、吸い付き過ぎ…! て思ったのはひろだけですか?(笑)
兎に角、小野さんの総てが愛しい1枚ですので、小野さんファンの方はもれなく聴いて下さいハートたち(複数ハート)

現国の新任教師・林悟(はやし・さとる/通称リンゴ)に、浜田さん。
クールな仮面を被っているけれど、実は寂しがり屋の仔犬な浜田先生(です(笑)。
イラストの雰囲気から、低音のワルな大人ヴォイスを想像していたのですが、実際はまずまず軽め。受けだからかな?
小さく囁くようなお声や、呟きがセクシィで良かったですハートたち(複数ハート)
ただ、リンゴの口癖「ばっかじゃねぇの?」がイマイチだった気がします。
ちょっと浮いている時が有ると云うか…。うーん。
また、浜田さんが超偉そうにブチ切れながら小野さんをボコるシーンが沢山有るのですが、それが可笑しくていちいち大爆笑! お勧めです。
絡みは、リンゴと云うか浜田さんが、一条と云うか小野さんにぐいぐい押されている感じで面白かったです(笑)。
絡みが面白いって如何なのひろさん…て、思いますよね。ね。
でも、本当に笑えたんです。BGMも変に妖しくて笑いを駆り立てて来るんですよ…。

小野さんの仲良しクラスメイト、四根倉健(よねくら・けん)に、宮田さん。
超ヲトメなヨネ(笑)は、宮田さんの自由度の高いヘリウムヴォイス演技が本当にぴったりで、ヨネが何か云う度に笑わせて貰いましたるんるん
登場人物の中で一番イってるキャラで、超電波でしたが(笑)、憎めない可愛い奴です。
宮田さんがいちいち面白可愛いんですよ。おもしろかわいいて何事、って感じですが(笑)。
乙女・ミーハー・小悪魔、でもイイ奴。そんなヨネです。
ヨネ@宮田さんの独り妄想暴走ああ〜〜んな演技は必聴ぴかぴか(新しい)

あとは…、今回の悪役!
英語教師・五木弘(いつき・ひろし/笑)の真殿くん!
高め・甘めヴォイスで、五木の学生の頃のお声もあてておられます★
真殿くん、相変わらずまったりとした美声ですね…ハートたち(複数ハート)
でも、今回は悪い声です。腹黒さが滲み出ています。
掴めないキャラだけど、実は結構イイ人?(うーん?)

ついで(おい!)に、小野さんに張り合う同級生・二ノ宮一(にのみや・はじめ)に、たっつん。
超単純馬鹿な御曹司役なのですが、たっつんの演技プランが謎です。
最初は何かと思いました。何でこんな極端にしたんだろう…と、笑うに笑えなくて(笑)。
コミックスの二ノ宮があんな風なのかしら…(笑)。


・おすすめ
兎に角ギャグシーンが本気で笑えるのでお勧めです。
中でも、乙女ヨネ@宮田さんの独り妄想暴走芝居が最高!グッド(上向き矢印)
独り芝居で感じまくりな宮田さんに大爆笑間違いナシひらめき
たまにセクシィと云うか、お相撲さん? みたいな演技もあったりで、兎に角多彩に笑わせてくれます。宮田さん、イイなあハートたち(複数ハート)(ほわん)

そして、矢張り笑えるのが無駄に暴力的な浜田先生(笑)。
シリアスなシーンで、そのまま綺麗に流れるのかと思って聴いていたら、浜田さんの鉄拳が飛び、爆笑の渦へと誘いますパンチ

小「やっぱりオマエだ!ひらめき
浜「は?」
小「初めて見付けた、オマエみたいな奴! ずっと待ってた! 運命だっ!!
浜「オマエ、何云って…」
小「決めたぞ俺は! オマエに決めた! リンゴ、俺のモノになってくれっ!
浜「……っ、…」
小「デスティニィ〜(キラキラキラキラぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい))」←陶酔中

ふんっ!!むかっ(怒り)むかっ(怒り)(バキッパンチ)」

ププ。


小「オマエが不安に思うなら、何回でも好きって云ってやる!
  怖くなくなるまで、抱き締めてやる…っ!」
浜「一条…」

(中略)

小「俺がオマエを幸せにする…っ!」
浜「…っ、……ばっかじゃねぇの? …、誰がビビってる、だって?」
小「あれ、俺の見間違い?るんるんるんるんるんるん
浜「当然だろ。

 何時までくっついてんだッむかっ(怒り)むかっ(怒り)(バキッパンチ)」←超マヂギレ(笑)

プククク。いちいち暴力的過ぎてほんとに笑える…(笑)
他にも殴られて爆笑なシーンが幾つかあるので、是非是非(笑)。

いちいち無駄に可愛い小野さんもお勧めポインツるんるん
これは挙げ切れません。キュン揺れるハート ポイント数多です★
思いがけず浜田さんに誉められてキュンとなる小野さんに、ひろの方が更にキュンでした…揺れるハート
声が悪ガキから、甘〜〜〜〜くなる瞬間がたまりませんハートたち(複数ハート)

BL的萌えについてはあまり特筆していませんが、萌えもあちこちに有りまするんるん
浜田さんの受けヴォイスは中々にエロくて良かったです黒ハート(うふふ)
けれど、ひろには小野さんを愛でる&笑う1枚でしたひらめき
但し、色んな面に於いてちょっと物足りなさは否めない感じで。
ギャグも爆発的にヒットするところと、「あれ?」って流れてしまうところの間の悪さが残ったり、ストーリー展開も…って、云い出すと際限ないですが爆弾
まあ、リリカルだと納得した上で聴けば問題ない。かな?(笑)
ストーリーのほわほわさ加減的に、昔の強姦的エピソードは不要だったような気もします。。。
ストーリーに対してどの程度の重さをそこに置くのかを微妙に解らないままGOした感が有って、正直浮いちゃってるんですよねえ。なので、そこまで悲惨なエピソードを入れなくても良かったんじゃないかと、個人的には。



▼原作
魅惑ノリンゴ
魅惑ノリンゴ
posted by ひろ at 23:57 | Comment(6) | TrackBack(2) | BLCD(タイトルま行)