2008年04月06日

「白の彼方へ」レビュー

白の彼方へ


お勧め:★★★★☆
絡み:★★
主要キャスト:緑川光・中村悠一・井上和彦


キャスト発表があった時からずっとずっと愉しみにしていましたるんるん
記念すべき、中村さんと緑川さん初対決!
ひろの希望通り(笑)光ちゃんが受けっっ!!グッド(上向き矢印)
ただ、声に関してのみ云わせて戴くと…正直、

和彦さんに総て持っていかれた感

が可也強いです黒ハート黒ハート(←嬉しがってる)

愉しみ過ぎて原作は事前に乙女ロードにてゲット(笑)、BL的な濃度・世界観と云うよりも、兎角骨太な作品だと云う印象が強い原作でしたが、CDもずっしり・どっしりと聴き応えのある1枚でした。
なるほど、サイバーさんがチョイスしそうな原作です(笑)。
音の厚みが映画のようで、稜さん(光ちゃんの元恋人)が雪山にて滑落するシーンは思わず鳥肌が立ってしまうほど。

BLな世界独特の華やかさとか、エロスとか、愛欲(ぇ)とか、そう云うものを求めている時に手放しでお勧め出来るとは云えませんが、じっくりと腰を据えて聴いて戴きたい、渋く、そして完成度の高い1枚です。
メインの光ちゃん・中村さん・和彦さんが兎に角(!)いいお芝居なさってます!グッド(上向き矢印)


・原作
真崎ひかるさん原作。
10年前、山で行方不明になった恋人。
遺体は発見されず、彼が今でも山の何処かで眠っているような、そんな気持ちを抱きながら、今は山荘の管理人をしている伊澤朝陽(緑川さん)。
流れた時間の分、かつての恋人の記憶は薄らいでいた。
けれど、もう何も失わないように、心に何も入れない――。
そう決めた朝陽は、表面上は平穏な日々を送っていた。
そんな或る日、死んだ恋人とそっくりな山岳警備隊員・塩見岳(中村さん)が現れる。
初対面の筈の朝陽に対し、純な求愛をする塩見。
彼の真っ直ぐな態度に感心半ばで呆れつつも、かつての恋人の面影が重なり、心を揺さぶられてしまう朝陽。
が、その夜、朝陽は塩見の上司・浅田(和彦さん)との身体の関係を塩見に知られてしまい――。

萌えてすみませんって思ってしまうくらいにシリアスです。
普段は踏み入れることのない山岳の世界ですが、ぼんやりとしたイメージで「危険」と云うことは知っていた筈。
けれど、事故や救助のシーンは(山の現実を知らないからこそであるとは云え)やけにリアルで、心にガン! と風穴を開けられたような気持ちになりました。
光ちゃんの役に感情移入すればするほどに、泣けます。


・声
伊澤朝陽(いざわ・あさひ)に、緑川さん。
10年前に山で行方不明になった恋人の傍に居たくて、小さな山荘の管理人をしている28歳。
28歳にして、未亡人な雰囲気漂う光ちゃん。
元恋人が好きだった山の名前を、飼い犬に付けているんですよ…。(ほろほろ)
光ちゃんの魅惑の未亡人ヴォイス(ぇ)を是非沢山の方に聴いて戴きたいです…!
落ち着いた感じの微低音、線は細く、儚げな感じのたおやかヴォイス。
トーンこそ高くはないものの、語尾は甘い感じでめちゃ萌えます黒ハート
フェロモンとかエロモンとか何かの癒しイオン(何)とか…なんか色々出てる…いい気分(温泉)
何処か母性を感じるような、包み込んでくれるような甘やかな光ちゃんヴォイスをご堪能下さいっ黒ハート
でも属性は若干ツンデレ。(でれでれ)

山岳警備隊の新人、塩見岳(しおみ・がく)に、中村さん。
25歳。むふ。(何)
光ちゃんに一目惚れしたと、初対面で告白しちゃう可愛いわんこ黒ハート
山で行方不明になった、光ちゃんの元恋人にそっくり…と云う何ともミステリアスな役。
ひろは最初、ちょっとしたホラーサスペンスな雰囲気で原作を読んでいました(笑)
純朴な、飾り気のないお声がめちゃ良かったですハートたち(複数ハート)
ひろは中村さんのナチュラルヴォイスが一番好きなので幸せ…いい気分(温泉)
本当に好青年と云うか…、そう、田舎の(笑)大型わんこっぽくて。
でもへたれ声なのがポイント高!
「はいっ!」が、「わんっ!」って聴こえる…!(耳がおかしい)
光ちゃんへ向ける一途な気持ちが愛しくてたまりませんでした。
最初は「一目惚れ」であそこまで強い想いで向かっていく彼に、不可思議と云うかしっくり来ない気持ちを抱いていましたが、その辺りもちゃんと種明かしがあって納得ひらめき
メインの筈なのに、出番が少ないのが悔やまれます…バッド(下向き矢印)
因みに、光ちゃんの元恋人のお声も中村さんで、そちらはへたれてません(笑)。
岳をもっと男らしく、逞しくした感じ。
しつこく云っていますが、やっぱりひろの永遠の恋人(ぇ)関俊彦さんと同じ匂いを感じます…ハートたち(複数ハート)
土居先生とか、イルカ先生とか、志波海燕副隊長とかとか…!

ベテラン山岳警備隊員・浅田崇文(あさだ・たかふみ)に、和彦さん。

和彦さん、素敵…黒ハート

以上終了。
と云ってもいいくらい!
35歳、全然オヤヂなんて年齢でもないのにやたらオヤヂです!(笑)
山の男と云うか、何か解らないけれど直感でこの人頼れる! って思わせるお声なのっ!!
器が大きくて、情の深い感じと云えばいいのかな……。
和彦さんヴォイスは、男らしいけれど、粗野までは行かないラインのお声。
語尾を茶化す感じにいちいちきゅううん、けれど此処と云う時には男前過ぎるほどに男前ヴォイスで更にきゅううん…ハートたち(複数ハート)
和彦さんなので、まあフェロモンもエロモンも標準装備ですぴかぴか(新しい)
そんな和彦さんと光ちゃんが身体だけの関係とは云え、絡み合うわけですよ…!

エロモンとエロモンがぶつかり合う瞬間…!!!グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

こっ、これに興奮せずにいられると思いますか?!(落ち着いてください)
和彦さん×光ちゃんって、あるようで物凄く少ないんですよね…。
結構昔の作品(「東京あまとりあ」とか…)か、南原さん原作作品か…。
ひろは「純情BOY禁猟区」の変態教師和彦さん×ウブウブ光ちゃんが大好きだったのですが、このシリーズはこやぴ×森久保くんCPの方が人気っぽくて、和彦さん×光ちゃんはそんなに音声化もされていないし。
余談ですが、↑のシリーズ、ひろは報われないサミヤどん@比呂くんが一番好きでした(笑)。


・おすすめ
シリアスなので、此処が! あのシーンが、台詞が! みたいなピンポイントは少なめ。
けれど光ちゃん、中村さん、和彦さんの総てが素敵でした…黒ハート
そんな中でも、個人的な聴きどころ・萌えどころはアリるんるん

先ずひろが最初に中村さんにきゅ〜〜んとしたのが、
トラック2の光ちゃんとの山小屋での初対面の回想シーン。
光ちゃんの代わりに屋根の雪下ろしを引き受け、それが終わって降りてきた時!
わふわふと擦り寄って来る犬に、

「かわいいなあ…」

ってぽつっと呟くんですが、その声がめちゃ(!)イイっ!!!
慈しむみたいな優しく情のこもった声がたまらなく…ああもう中村さんのが可愛い!!(ぇ)
ひろ、その一言で岳にフォーリンラブですよ。(しーん)

めろめろしていたら、光ちゃんに優しくされて「有り難う御座いますっ!!」って子どもみたいに嬉しさを素直に表現するのも愛しくって…ハートたち(複数ハート)
和彦さんにからかわれているのにも気付かず、

「そんなことないですっ、朝陽さんは本当に美人ですっ!!」

と、初対面の光ちゃんにストレートに求愛、当の光ちゃんと和彦さんは「ぇっ?」「はあ?」と呆然(笑)。
「純情エゴイスト」の野分に通じるものを感じました(笑)。
↑「ヒロさんは本当に可愛いです」的な(笑)。

・トラック3
ひろ大興奮の、和彦さんと絡み合うトラック黒ハート黒ハート

フェードアウトなのが口惜しい…光ちゃんがイくところまで聴かせて欲しかったけれど、そこは妄想で補完です!(何と云う変態行為!)

和「少しは、俺が恋しかったか――?」
光「…いいえ……ダッシュ(走り出すさま)
和「嘘でも恋しかったって云えよ…(うりうり)」
光「嘘で云われて、嬉しいですか…?」
和「お前…、可愛くねぇなあ…」

いや、可愛い。(真)ひろさん…(…)

と真顔で思っていたら、光ちゃんが本格的に組み敷かれる音が!!(何音)

和「俺が可愛くしてやろう…」

うきゃーーーー!!!!!グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)(ごろんごろんごろんっ)
よっ、宜しくお願い致します…!!!(ガシッ)

和「オヤジを本気にさせたら、しつこいぞ…?」

是非しつこく、ねっとりお願いします…いい気分(温泉)(ぶくぶく)
……あれ?
な、何だか光ちゃんの可愛い喘ぎ声の音量がどんどん絞られて……

ノーーーーフェイドアウトーーーー!!!!!たらーっ(汗)たらーっ(汗)

ぜいぜい。
気を取り直して(…)翌朝の光ちゃんの台詞が笑えます。

光「もう朝か…。(隣で眠りこけている和彦さん眺め)元気なオヤジだ……

そんな昨夜の情事を聞いちゃった中村さん…。
「そんなの(光ちゃんに)似合わないと思います…」に激同意っっ!
そうだよ、だめだよ光ちゃん…!(←萌えたくせに)
光ちゃんに挑発されて、必死に向かって行く中村さんが可愛いのでした。(そんな締め方ですか)

・トラック5
トラック4からの過去回想です。
因みにトラック4の中村さんの稜さんヴォイス、たまらなく良いです!
光ちゃんと和彦さんとの初対面シーン。
2人共若干声が若め。
山岳警備隊のことを語る和彦さんに、光ちゃんが失くした元恋人のことで爆発。

光「…どぅして……」
和「ぇ?」
光「じゃあ…、どうして稜さんは見付からないんですか…ッ!!!!

取り乱した光ちゃんに対し、和彦さんがはっとしたように稜さんの事故のことを思い出し、過去を語るのですが…、この回想が圧巻。
中村さんが滑落するシーンは、他のパーティメンバの怒号が雪山に響き渡り……、総ての音が吸い込まれるみたいに現実に引き戻されるのがド迫力で、思わず鳥肌が立ちました。
光ちゃんの心音が上がり、どくん、どくんと鳴り響くのですが、思わずシンクロ。
「橋田くんを見付けられなくて…ごめん――」と云う和彦さんの声に涙が出そうになりました。
健気な光ちゃんに心打たれた和彦さん。
兎に角優しく光ちゃんを腕に抱き、溜め込んでいた思いを解放させて泣かせてくれるのですたらーっ(汗)(うううっ)
この頃から、和彦さんと光ちゃんの関係は愛と云うより、情だったのだと思われ…。
原作の和彦さんメインのストーリーでは、「自分では光ちゃんを救い出す王子にはなれなかった」的なことを云っているシーンがあったので、勿論愛情もあったのだろうけれど、家族愛に近いものだったんだろうな、と…。
でも初対面で身体の関係を結んじゃうなんて…和彦さんったら…黒ハート(ぇ)

・トラック6
時間は戻って、現在軸。
和彦さんとの関係を知ったその後も光ちゃんにせっせと求愛する中村さん。
2人きりでほのぼのとした空気が流れているところに和彦さんがやって来ると、気まずさのせいか中村さんは帰ってしまいます。
その後の和彦さんが逐一素敵で…。

和「なんつーか、ほら。野生の動物が求愛するのにせっせと餌を運んだりするだろう?
 あんな感じか?(にやにや)」
光「塩見さんは動物ですか(くすくす)」
和「(ふいに真面目に)…応えてやらないのか?

(中略)

和「なあ、朝陽」
光「はい?」
和「……、……もう、やめるか?」
光「ぇ?」
和「相手に対して責任を負わなくて良い関係は楽だが――、
  懸命な塩見を見ていたら、物凄く卑怯なことをしているような気がしてなあ…。
  つい、ずるずると続けて来たが、俺は手を引くべきだな。

  お前ももう、逃げ場は要らんだろう?

優しい和彦さん…。うううう……。
そう云う関係は絶っても、友人関係まで辞める気はないなんて、何処まで優しいんでしょう。
じゃあな、と小屋を後にする和彦さんの声も暖かくて優しくて泣けます。。。

・トラック7
そんな中、雪山で事故が発生。
和彦さんの声がとても頼もしく聴こえます黒ハート(萌)
が、それが解決したかと思ったら、今度は中村さんが雪山で行方不明に。。。
切迫した状況の中、中村さんの秘密(何)を知る光ちゃん。
そしてトラックラスト数分で、中村さんの無事を告げる交信が入り、一斉に湧き上がる安堵の声に緊張の糸がぷつりと切れ、思わず涙がじわり。
その後、光ちゃんの嗚咽につられてぽろぽろと零れ落ちてしまいました。。。
このシーン、とても臨場感溢れる造りで良いです。
此処でも和彦さんは、「よしよし、怖かったな」と力強く抱き締めてくれるの…黒ハートあせあせ(飛び散る汗)(ぎゅうううう)

・トラック8
その1週間後、中村さんが光ちゃんを訪ねて来ます。
漸く想いが通じる瞬間!
冒頭の10年前の稜さんの葬儀の話の遣り取りがとてもいいです。
中村さんの光ちゃんへの思いの長さが嬉しくなるのは何故なのか(笑)

そんなシリアスなシーンのあと、へたれエッチがはじまりますハートたち(複数ハート)
総てカットされなかっただけ良かったけれど、内容は端折られていました…

中「お邪魔、します…(おずおず)」
光「…、何突っ立ってるんだ?」
中「あの、俺…あまり自信はないんですけど、愛だけはたっぷりあるって、覚えてて下さい!
光「何だよ、いきなり…ダッシュ(走り出すさま)
中「だって…、朝陽さんが云ったんですよ…?
  へたくそだったら、二度とごめんだって…(しゅん)

かわいいかわいいかわいいーーーー!!!(じたじたじたっ)

エッチは良かったです。(どんな感想ですか)
中村さんもちゃんとエロい声だったし(笑)、光ちゃんの吐息はたまらないし…黒ハート
けれど、ひとつ不満を云わせて戴くとすれば、おしゃぶりシーンのカットですよ!!
ちょっと!
原作ではやってたってことひろは知ってるんだから…!!(落ち着いてください)
こっそり愉しみにしてたのに…くすん。。。
けれど、光ちゃんの

「が、く……っ…も、…っいくか、ら…っ……」

が聴けたからまあいっか…黒ハート(でれでれ)
中村さんが一生懸命擦っているもの(コラ)が、徐々に濡れてく音がいやらしくてたまりませんね…黒ハート(ひろさん?)
光ちゃんが出した液体の音…!(音量上げ/光ちゃんは何も出してません)

光ちゃんが感じてる音がする…!(しません)

ううーん、もう一回くらい絡みが聴きたかったのが本音(若しくは和彦さんとの絡みをがっつり!)ですが、これはこれで美しく纏まっていて良いのかなあ(笑)。
和彦さんと云えば、彼は最後まで素敵でした。
中村さんと光ちゃんが初めて一緒に迎えた朝、光ちゃんは解りやすいツンデレに大変身。
そんな中、中村さんの無線に和彦さんから事故&出動連絡が。
最後の、

「色ボケした顔で来やがったら、しばき倒すぞ!」

にめろっとしてしまったのはひろだけじゃないはず…黒ハート


光ちゃん司会の可愛い(ぇ)フリートークは9分半弱。
2部制で、2ショット対談形式な感じでした★
頭だけ、何だか若干緊張気味な中村さんが笑えるっ!!
フリートークでは毒舌気味な中村さん、今回は影を潜めて、好青年でした(笑)。
光ちゃんと和彦さんのトークは何だか光ちゃんが甘えたモードで可愛かった…黒ハート
ひろにも甘えて欲しいアル…いい気分(温泉)(ひろさん?)


▼原作
白の彼方へ
白の彼方へ (二見シャレード文庫 ま 3-1)
posted by ひろ at 13:10 | Comment(9) | TrackBack(3) | BLCD(タイトルさ行)
▼コメント
ひろさんお久しぶりです!
私はしばらくパソコンに触ってなかったんですが、その間にひろさんは大変な事があったみたいで…。
でも再び元気に光ちゃんへの愛を叫んでるのを見てすごく安心しました。
ひろさんのブログ&CDレビューは私の楽しみの一つなので、これからもよろしくお願いします!!

「白の彼方へ」私も聞きました。
光ちゃんの儚い美人声がもう…ツボすぎました。
ひろさんのレビューを読むといつも「そう、そう、そう!ひろさんは私の心を読めるのか!?」って思ってしまいます。
次はエロ満載の「軍服は鷹の獲物」のレビューも待ってます(笑)

Posted by 美夜 at 2008年04月06日 15:40
ひろさん、こんにちは〜♪
私もいつも思いますよ!!!
ひろさんたら私の心読んでる?ッて〜
track7では私も涙がこぼれちゃいましたよ・・・
又山に大事な人を奪われるのかッて心の中で叫ぶ光様に思わず感情移入しちゃって
あとせっせと食物を運んでくる悠一くんがリュックを下ろそうとしたときに「待て!!」と言うシーンはホントにワンこに「stay」と言ってるようで^_^;
そのときは素直に待てをした悠一くんがtrack8の「待て」には「待てません」(若干焦り気味)と返しちゃうところがなんとも・・・
とにかく萌え満載のCDですよね〜
Posted by マキ at 2008年04月06日 18:44
>美夜さん
こんばんはv どうも、ご無沙汰しております〜♪
お元気でお過ごしでしたでしょうか…?(´∀`*)
何だかごたついていたのですが、すっかり元通り運営中です(笑)。
ひろがお騒がせした時に美夜さんがいらしていなかったのなら、不幸中の幸い…><//
けれど、気に掛けて下さって有り難う御座いました。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
此方こそこれからも是非お話のお相手、してやって下さいねえvv

「白の彼方へ」の光ちゃんヴォイス、素敵でしたよねっ(´∀`*)
ひろは冒頭の、光ちゃんが山小屋日記(何)を書いているボールペンの筆跡の音すら愛しいくらいで…。(しーん)

むふ。(何)
常に美夜さんの心を覗こうと奮闘していますよ!(ナチュラルに変態)
なんて、きっと萌えどころが同じなんですねv 嬉しいなあ(´∀`*)
「軍服は〜」には文字通り萌え死んだので、エネルギーをためて臨む所存です…!(笑)
Posted by ひろ at 2008年04月06日 23:33
>マキさん
こんばんはv

あらら、ひろはマキさんの心の中まで覗いちゃってるんですねっ!(笑)
いやはや、光ちゃんファンは萌えどころが似るんでしょうか?(´∀`*)
それすら福ですけれどもv(笑)

トラック7のラストは感動でしたよね…><。。。
光ちゃんの気持ちのリアルさに、「山での事故」と云う自分にとっての非日常を、ぐぐっと引き寄せられたと云うか…。
本当、他人事じゃない気持ちになりました。

桃を持って来た中村さんへの態度はツンデレの顕れでしたよねえ♪(笑)
あの時既に、自分のわんことして扱っていたのかもしれません…こう、無意識に(´∀`*)
絡みも濃度は低いながら萌えました♪*♪
もっともっと光ちゃんに対して待ち切れない中村さんを何時か聴きたいですv(笑)
Posted by ひろ at 2008年04月06日 23:38
ひろさん、こんばんは♪
そうかぁ〜これ、中村さんと光ちゃんの記念すべき初対決だったんですね。
確かに思いっきり和彦さんに持ってかれちゃってたけど…。
ツンデレ光ちゃんに色々言われてしゅんとしているワンコゆうきゃんの図、美味しかったですね。

山岳もの大好物(笑)なのでCDで聴けてハッピーでした。しかもツンデレ未亡人(^^)が光ちゃんだなんてサイバーさんありがとう〜♪

ゆうきゃんの二役も聴き処でしたが、やはり(え?)エロオヤジ和彦さんに迫られる光ちゃんに萌えました。でもあんだけ盛り上げておいてフェイドアウトは反則ですよ…うるうる。ひろさん、一緒に光ちゃんがイクところまで妄想しましょう(笑)

次はいよいよひろさん、光ちゃんの悦びの木馬レビューでしょうか♪ケケケッ、楽しみにしてますvv

TBよろしくお願いします。
Posted by あい at 2008年04月07日 21:29
あいさん、おはようございますv
お返事が遅くなってしまってすみません><。

2人の初対決はすっかり和彦さんのいいとこどりでしたよねえ(笑)。
けれど、わんこ×ツンデレCPのキャスティングに中村さん×光ちゃんと云う選択肢が(ひろの中で)広がりました(´∀`*)
山岳もの(笑)は初めて聴いたような気がしますが、緊迫感があって面白かったです♪

エロオヤジ和彦さん、もっとねっとりと迫って欲しかったですね…(´Д`*)
あんなフェードアウトでこれだけ萌えるんだから、ちゃんと最後までヤって下さっていればあいさんとひろ、遠いお星様にイってしまったかもしれません…☆ミ
でもいいの、あいさんが一緒に妄想して下さるから…(´∀`*)でれ

悦びの木馬、書いても書いても書き足りない気がしつつ、眠気に負けて取り敢えず上げちゃいました(ぇ)。
今晩あたりまたまたあいさんのおうちにお邪魔する所存…!!

TB有り難う御座いました♪
Posted by ひろ at 2008年04月09日 08:36
こちらにもこんばんは!

光ちゃんの魅惑の未亡人ヴォイス・・・爆笑!!!未亡人・・・未亡人・・・あの光ちゃんのエロスの中にそこはかとなく漂う切ない香りは、そうか!未亡人ヴォイスだったんだ(゜∀゜)未亡人!未亡人!(ツボにハマる・・・)

そうそう!ゆうきゃん、「かわいいなあ」って、私も「かわいいのはそこのアナタ!そうアナタですよ!そ・こ・の・中村悠一っ!!!」って、心で全力でつっこんじゃいましたよ、もう・・・(*´д`*)

しかし、ナンデスと???おしゃぶりシーンカット?!私は原作未読なんで今まで知らなかったんですが!!!なんですとーーーーーーー!!!(ここでも落ち着け!)そんな大事なシーン、カットされてた・ま・る・かっ(ゼイゼイ・・・)!ちくしょう、サイバーめ・・・やってくれるぜ・・・激しくがっかりですよ○| ̄|_あーあーあーあー・・・・・・。(ちょっとmikuさん、人様のブログで・・・)

私はゆうきゃん×光ちゃん狙いだったんですが、思いっきり和彦さん×光ちゃんに持ってかれちゃいました〜(*´▽`*)それもよし!

こちらもTBお願いします♪
Posted by miku at 2008年04月14日 23:10
mikuさん、此方にも有り難う御座います♪

そうですよっ、魅惑の未亡人ヴォイスですよ…(´∀`*)ああん…
光ちゃんを未亡人にするなんて…稜さんめっっ!!(ぇ)
あの可愛い未亡人光ちゃん、ひろのものにしたかったです…いい声過ぎる…!><//

中村さんの「かわいいなあ」は本当に可愛かったです!!(鼻息)
台詞萌えで云ったら、ひろはあのひとことに一番萌えましたv
mikuさんも同じこと思ってたんだあ〜v(´∀`*)エヘ

そう、そして痛恨のおしゃぶりシーンカット…。
おしゃぶり好き友の会(※現在会員2名/…)のわたしたちとしては見逃せない事態ですよね、mikuさん…。
ひろすっごく愉しみにしてたんです…うううう…っ。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
この大胆なカッティング(何)は、流石サイバーさんですよね(笑)。

あのあの、ひろは和彦さん×光ちゃんがもっと聴きたいです!
お願いmikuさんvv(ぇ)

TB有り難う御座いました〜♪
Posted by ひろ at 2008年04月15日 22:10
ひろさん、こんばんは。

和彦さんがっ、和彦さんがっ!っていうCDでしたね。
ゆうきゃんはいずこに〜?ですよ。苦笑
エロオヤジ入ってますが、普段はカッコイイ仕事の出来る和彦さんに萌えました。

そしてミドリン。
ちょっと抑え気味な印象でしたが、そこがよかったです。
ツンデレ風味もあって。

>未亡人な雰囲気漂う光ちゃん

いやん、まさしく未亡人です。
うまい、ヒロさん!

後半の浅田編も、ぜひCDにして欲しいところ。
Posted by あけみ at 2008年04月20日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※コメントはひろの承認後に表示されます。
 コメント送信後もコメント欄に特に何も表示されませんが、
 ちゃんと送信出来ておりますのでその点どうぞご留意くださいませ。
▼TrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13656586
※トラックバックはひろの承認後に表示されます。暫しお待ちを!

「白の彼方へ」BLCD感想:真崎ひかるさん原作
Excerpt: 真崎ひかるさんのBLCD「白の彼方へ」を聴きました♪ BLには異色の山岳ロマンス。 ツンデレアダルティーな光ちゃんヴォイスにきゅんきゅんきました(〃∇〃) 白の彼方へ (二見シャレード文庫..
Weblog: ボーイズラブ・オタクなあいのひとりごと
Tracked: 2008-04-07 21:15

ドラマCD 白の彼方へ
Excerpt: 先月のゆうきゃんBLCD第3弾・・・が!なんだか強烈に井上さん×光ちゃんな感じがインプットされました・・・。いや、いいんです。井上さん、懐...
Weblog: BL本の日記
Tracked: 2008-04-14 22:42

BLCD 白の彼方へ
Excerpt: 原作↓ 白の彼方へ (二見シャレード文庫 ま 3-1)真崎ひかる / 高峰 顕二見書房by G-Tools【キャスト】 伊澤朝陽:緑川 光 塩見 岳:中村悠一 浅田崇文:井上和彦 これ、感..
Weblog: BLな毎日
Tracked: 2008-04-20 20:53