2008年04月13日

「ハート・ストリングス」レビュー

ハート・ストリングス
BE×BOY(ビーボーイ)CD COLLECTION ハート・ストリングス

お勧め:★★★☆☆(3.5くらいかなあ)
絡み:★★
主要キャスト:遊佐浩二・黒田崇矢・梶裕貴・高橋広樹・柿原徹也・てらそままさき


黒田さんがホンモノにしか聴こえません…!

何なの、このナチュラルなヤクザヴォイス!(どんな)
軍服は鷹の獲物」のフリートークで声云々の話をしている時に、御自ら(笑)ご自分の声を「ヤクザとか?」なんて仰っておられましたが、いやはや…。
黒田さん、BL作品の出演回数を重ねられるごとにどんどんキャラクタのリアル感が増しているように感じます。
ゆっちーとの絡みは予想通り濃厚でした黒ハート
相性は可也良さそうです★
すっごく息が合っていて、あれ? もしかして本当にy(強制終了)


・ストーリー
亜樹良のりかずさん原作。
モテ系で、けれども男気のあるホスト・ユキ(遊佐さん)。
或る日、路上で店の後輩が絡まれているところに介入し、結果的にヤクザ幹部の榊(黒田さん)に啖呵を切る形となってしまった。
その後思わぬ展開で自分の“客”となった榊の言動にユキは心を揺さぶられる。
仕掛けられた不意のキスが「遊び」と知っても、怯まず強気で信念を貫くユキ。
そんなユキに榊もまた心を赦すが、彼らの前に榊の組の衛藤という男が現れ――。

割にコミカルにサラっと聴ける、極妻ものです。(ぇ?)
ゆっちーが極妻…むふ。(何)


・声
ユキこと、ホストの篠原裄也(しのはら・ゆきなり)に、遊佐さん。
優男風だけど、男気のあるゆっちー。
けれど、黒田さんに惚れてからは乙女路線まっしぐらです(笑)。
亜樹良さんの原作を読んでいると、ゆっちーヴォイスはちょっと違う…(ぁ)。
何と云うか、ユキはもう少し凛とした線の細い青年声のイメージだった(羽多野くんとか鈴木たっつんとか)ので、ゆっちーのユキはもう少しこなれた雰囲気でした(笑)。
人気ホストとしてはばっちりの、フェロモンヴォイスハートたち(複数ハート)
お声は割に地声に近い感じで、若干トーンを上げて張った感じかなあ。
年齢もユキより上に感じます(笑)
何が引っ掛かったのか考えてみると、どうもゆっちーの勤めるホストクラブのオーナーの凛さんのお声が高橋さんなのがこう…声のバランス的に具合が悪いのかも。
お2人の持つ声の雰囲気的に、力関係が上手く表現出来ていない感じ。
けれど、このCDは随所にギャグタッチなシーンが織り込まれていて、ゆっちーのお声とお芝居はわざとらしくなく、とてもいい感じにストーリーに溶け込んでいました黒ハート
そして、一度だけ極妻ゆっちーが聴ける(黒ハート)のですが、ひろはこのユキ@極妻Ver.をゆっちーに演らせたいがためにキャスティングしたんじゃ…! と思ってしまいましたるんるん(笑)

そんなゆっちーの男気に惚れ込むヤクザ幹部の榊一彦(さかき・かずひこ)に、黒田さん。
耳にいやらしく響く低音…。
黒田さんの本領発揮です!ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
低いのに、耳に重たくない不思議ヴォイス。
今回は普段感じる、黒田さんヴォイス特有の滴るような甘さを感じませんでした。
どちらかと云うと無骨な男! と云う感じで…珍しい気がします★
此方は原作とぴったり過ぎるほどにぴったりで、榊そのもの。
(フリートークで)黒田さんの声で昆虫死ぬよね…猫は避けて行くよね…なんて云われていてもう笑うしかありません!(笑)

黒田さん、絡みの時の吐息レベルが上がり過ぎていませんか?!

もんんんのすんんんごく(!!)いやらしいんですけど…っ!

ゆっちーの後輩ホスト、ケンジに梶くん。
この梶くんめちゃ可愛かったですーーっ!!
(↑それが書きたかっただけ)
鼻にかかったみたいなソフトなお声…ああっ、何てかわゆいホスト黒ハート
何だかもう、妖精みたいですよ…?(ぽやぽや)(は?)

因みに(?)衛藤軼基(ゆっちーに、黒田さんと別れるように迫る男)にはひろ的には一条さんを推したかったです!(ぇ)
てらそまさんは組長が似合い過ぎるくらい似合っていたから…(笑)。


・おすすめ
ええ、もう黒田さん黒ハート ですよ。
決してひろの好みのラインのお声ではないのに強制的に萌えてしまう…いい気分(温泉)
何じゃろうなあ、この魔力は…。(誰)
ゆっちーはホストクラブで女性相手にお仕事しているシーンがキラキラエロエロしていてナチュラルにホストで良かったですハートたち(複数ハート)

このCD、1時間弱しか収録されていないせいもあって兎に角軽〜く聴けるのですが、ゆっちーが黒田さんに堕ちる過程がちょっと弱いかなあと。
黒田さんは何となくゆっちーに一目惚れだったような気がしているわけですが、ゆっちーはじわじわと堕ちて或る日自分の気持ちに気付くのだけど…何だかいまいちぴんと来ない感じ。
え? 恋ってそんなもの?(しーん)

そんなこんなで、「黒田さんが女性にもてる」「自分のことは、人間としてすき」と云うことに訳も解らず苛立つゆっちーに、しっくりしない気持ちを抱きながら聴いていたトラック3。
「云っとくけど、今の俺…超機嫌悪いから」
の不機嫌ヴォイスに突然萌えちゃいましたるんるん

腹を殴られ、気絶したところを黒田さんにお持ち帰られ、何故か口移しで水(お薬?)を飲まされるゆっちー。
それを翌朝目覚めてから「変な夢を見たような…」と回想するのですが、

「もっと……。んっ……(ちゅう…っ)」

い、いやらしい…! 昨日より断然いやらしいんですけど…!!グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
ゆっちーの声にエコー掛けちゃいかんです。えろいっぴかぴか(新しい)(←喜んでる)


トラック5の絡みもたまらなく良かったでするんるん

抑え目の黒田さんの吐息がエロス…!

でもおしゃぶりはゆっちーの方が上手…黒ハートひろさん…

そして、トラックラストのゆっちー@極妻!
一瞬ですが、似合い過ぎて逆に笑ってしまいました(笑)。

「あんたら…覚悟しぃや…っ?」

あ ね さ ん … !


あとはトラック7の別れ話シーンも良かった。
黒田さんの将来を思って、自分が悪者になって身を引こうとする健気ゆっちー…。
それに凄む黒田さん、本気で怖かったです…。(ブルブル)

黒「(別れたいならば)理由を云え…。――俺が納得する理由をなむかっ(怒り)ぶるぶるぶるぶる
遊「…何か、重たいんです。
  ヤクザの恋人なんて、将来の保証もないし。
  この若さでそんなの背負いたくねーし、命の保証も危ういし。
  
(中略)

  (半笑いで)極妻? なんて有り得ねーみたいな

このゆっちーの台詞に激怒した黒田さんはゆっちーの顔を殴るのですが…。
もう、ゆっちーが痛々しくってあせあせ(飛び散る汗)
わざと神経を逆撫でするみたいに半分ばかにしたみたいな喋り方なのに、何処か泣くのをこらえているみたいで…ううっ、可哀想…。


そんなこんなで、ゆっちーはオーナー・ピロキのおうちに「保護」されるのですが…。
ピロキのおうちには恋人の可愛いカッキーが。
そして、ゆっちーの前でこれでもか!! と云うくらいバカップル丸出しでいちゃこらいちゃこらいちゃこらいちゃこら(…)。
その様子をじっと見詰めるゆっちー。
  
遊(俺も――、榊さんと、あんな風になりたかった…)

と堪え切れない涙を流す感動のシーン…。
なのに、バカップルがバカップル過ぎたせいで妙な気分になったのはひろだけ?(笑)
本当に黒田さんとあんな風になりたかったの?! ねえ?! って(笑)。

けれど、そんなバカップルに嵌められて、ゆっちーは黒田さんの元へ強制送還。
そのまま有無を云わさず組長の御前に連れて行かれるのですが――、

(チャチャッチャ・チャッチャララッ タリラリラリラ〜るんるん)←何か極道っぽい妙な音楽(笑)

遊(だからって…何で俺、着物? おかしくね?たらーっ(汗)たらーっ(汗)

爆 笑 ! !

ゆっちー、グッジョブ〜〜〜っ!!ひらめき
すっごくシリアスなシーンなんですけれど、此処で笑えてひろは幸せ…!(笑)
組長はてらそまさんなんですが、も、何と云うか、BGMも手伝ってか、某キンタロスにしか聴こえませんがどうすれば…!(笑)


そんなこんなで(?)元々コミカルでテンポの良い原作だったとは思うのですが、妙なところで笑えてしまう1枚でした。
キャスティングの割に構えず聴けるので、そう云う時に是非★(どう云う時だ…)

フリートークはありませんが、公式Webで期間限定でコメントが聴けます。
このフリートーク凄く面白いです、絶対聴いた方がいい…!
何でCDに収録しないんだろうって思うアルよ…
フリートークはノリノリな黒田さん…。でもヤクザっぽい!(笑)
しかも、矢張り「遊佐ちゃん」って呼んでるのに大爆笑!!
ゆっちーは相変わらずぐだぐだゲシゲシトークでなめらかに噛んでました(笑)。
黒田さんも、噛んでいました(笑)。
てらそまさんは有り得ない噛み方していました…!(笑)


▼原作
ハート・ストリングス
ハート・ストリングス (ビーボーイコミックス)
posted by ひろ at 17:21 | Comment(6) | TrackBack(1) | BLCD(タイトルは行)
▼コメント
引き続き、オジャマしちゃいます♪

これ、原作のイメージからすると、黒田さんは文句なしなんですが、やっぱり遊佐サンは違うんですよね。
でも、ど〜しても遊佐サンじゃなくちゃならなかった理由が、やっぱり‘極妻’だと思うんですよ!
遊佐サンで、聞きたいものねぇ…「あんたら…覚悟しいやっ!」
もう、このセリフ聴けただけでも、シアワセというもので…細かい事は言わないわ(笑)。

このCD聴いてて、今は亡き(泪)リーフから出てた『この愛にひざまずけ』が、懐かしくなっちゃいました。
実は、聴き直しちゃいましたよ…だって、音響制作的に言えばこっちの方が…げふんげふん!

あのキャスト・トーク、大爆モノでしたね! あれが期間限定で消えてしまうなんて、勿体無い! いっそ悔しい!
何で、こう頑なにCD内に収録してくれないんでしょうね…本編60数分しかなくて、余裕たっぷりなのに…
Posted by 季菜子 at 2008年04月14日 12:54
>季菜子さん
こんばんはv

そうなんですよね…、原作のイラスト見てるとどうもゆっちーは出て来なくて…。
黒田さんなんてもう、そのまま本人でしたけれど♪(笑)
けれど、矢張り季菜子さんもそう思われます?!
あの極妻、原作読み返してみたらイラストだけで台詞は書いていなくって(笑)、余計にだからこそあの台詞をゆっちーに云わせたかったんだ!! って思っちゃったんですよねえ…!
あの極妻っぷりなら、ゆっちーぴったりですもんv(笑)

『この愛にひざまずけ』、懐かしい〜!><//
続編が出るほど人気のシリーズでしたよねえ♪
あれもいやらしかったなあ…むふふ。音響的に云えば本当にげふげふっ(…)。

キャストトーク、本当に本当に何故CDに入れてくれないの?! って思いました。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
あれくらい面白い内容ならば余計にっっっ!!
「黒田さんの声で昆虫死ぬ」に転がるくらい笑いましたもん…(笑)。
入れないなら入れないなりに、本編をCDの尺ギリギリまで作ってくれれば嬉しいのになあ><。
Posted by ひろ at 2008年04月14日 20:13
ひろさん、こんばんは。

黒田さんのためのCDって感じでしたねぇ。
マジで本物ですよ、黒田さん。
黒田さんのブログを拝見していると、よくお巡りさんに職質を受けるとこぼしてらっしゃいますが、見かけも……(自粛)。
あの低音エロボイスを聴くと腰砕け。
でもくせになる声ですよねぇ、黒田さんって。

さてゆっちー。
やっぱり、イメージが違うって思うのは、私だけじゃなかったんですね。
安心しました。
あの極妻のセリフだけって考えるのは哀しくなりますが、すんごく似合っていたのでOKかなぁ〜。苦笑
ぼそっとこぼすセリフが、なんともゆっちーらしくて笑えました。

ひろさんの記事を読んで、キャストトークを聴きに行ってきました。
まさしく爆笑。
「昆虫死ぬ」って、あり得ないけど、黒田さんの声なら納得。笑
カミカミでグダグダな雰囲気が、よかったです〜。
Posted by あけみ at 2008年04月14日 21:26
あけみさん、こんばんはv

そうそう、原作からして黒田さんがぴったり過ぎて!(´∀`*)
最初に声を聴いた時はえらく癖のある声と喋り方だなあ…と思いましたが、今ではずっぽりハマっています(笑)。
って、ご本人も職質を?!
や、やっぱりホンモノと間違えられるのでしょうか…(笑)。
確かモリモリも良く職質掛けられるって云ってましたよね。…金髪のせい?(笑)

ゆっちーはまあ、極妻が似合い過ぎていたので良しと云うことで…(´∀`*)エヘ
ユキがもう少しブラックなキャラだったらゆっちーのお声も映えたんでしょうねえ…★←誉めてます(笑)

キャストトーク、やばくないですか?!
「昆虫死ぬ」に転げる程笑いました!(笑)
猫避けるわ昆虫死ぬわ職質掛けられるわ…黒田さん大変だなあ(笑)。
そしてあけみさんが例の木馬CDを聴く覚悟をして下さったのが嬉しいひろ…♪(´∀`*)
Posted by ひろ at 2008年04月15日 21:59
ひろさん、こんばんわvv

コミックス原作だから仕方がないとは思うのですけど…
短い…ですよね(涙)
もっとガッツリ聞きたかったですよ〜。

私的にバカップルな凛×歩がもう可愛くて可愛くて〜なものですから、こっちもCD化されないかと狙ってます!!!!!
確かにユキの「あんな風に…」は笑えますよね。
あんなバカップルになりたかったのかと!!!!
そこで妄想族のあいらは、こんなバカップルは2人を想像してみました。
かなり大爆笑なイキオイでカオスでした。(笑)

そして私…てらそまさん大好きなんですよvv
もう…第一声から倒れそうになりましたもの〜。
早くメインで聞きたいものです。
絶対素敵なんでしょうねぇ。(ウットリ)

というわけで(笑)、TBよろしくお願いしますvv
Posted by あいら at 2008年04月18日 22:22
あいらさん、おはよう御座いますv

本編短過ぎますよね〜っ><。
もうちょっとオマケの番外編とかとかとか! って思ってしまいました(´∀`;)

あいらさん的には凛さんち(笑)が熱かったんですね♪
あれって、別漫画の双子のお話のキャラですよ…ね?
キャスト的にはそちらのCD化も目論んでいそうなんだけどなあ…どうなんでしょう(´∀`*)
「あんな風に…」は爆笑でしたが、妄想すると更に可笑しいですね!(笑)
最早、甘〜〜〜〜〜い、ただの黒田さんとゆっちーにしか…!(ぇ)

てらそまさんファミリ(笑)も素敵でしたようv
ひろ的には組長に一番キュンとしました!
きっともうすぐメインで聴けますよねえっ、勿論攻めで!(笑)

そしてごめんなさい、TBを上手く受信出来なかったようで…><。
Posted by ひろ at 2008年04月20日 07:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※コメントはひろの承認後に表示されます。
 コメント送信後もコメント欄に特に何も表示されませんが、
 ちゃんと送信出来ておりますのでその点どうぞご留意くださいませ。
▼TrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13971574
※トラックバックはひろの承認後に表示されます。暫しお待ちを!

BLCD ハート・ストリングス
Excerpt: BE×BOY CD COLLECTION 『ハート・ストリングス』ムービック 2008-03-28by G-Tools楽天→3月新譜☆ハート・ストリングス【キャスト】 篠原裄也:遊佐浩二 榊一彦..
Weblog: BLな毎日
Tracked: 2008-04-14 21:27