2006年10月16日

「恋する暴君」レビュー

恋する暴君
恋する暴君

お勧め:★★★★★
絡み:★★
主要キャスト:緑川光・鳥海浩輔・宮田幸季・杉田智和・平川大輔


新作ラッシュの今日この頃。
何故にこのブログはこんなに過去作品のレビューを上げているのだか…(…)。
USEDでこれの原作を入手して、うっかり萌えてしまったので去年聴いたこのCDを引っ張り出して来て聴いたらば。
前聴いた時とは比べ物にならない程の萌えに出会いました。
原作読みが重要なこともあるんですね…!(今更)
と云うか、元々この原作を手に取ったのは、先日ライブパステルコレクション2006を観て、鳥海くんと緑川さんの朗読が良かったのが印象に残っていたからなのですが(笑)。
因みに、インターさんから12月25日に続編がリリース予定でするんるん 愉しみハートたち(複数ハート)


・ストーリー
高永ひなこさん原作の、BLとは思えない暴力受けコメディ(笑)。
大学院生の森永哲博(鳥海くん)は、先輩の巽宗一(緑川さん)に一方的な思いを寄せていた。
ところが、巽はこの世で最もホモが嫌い。
しかも乱暴でワガママで、それを隠そうともせずに世界中からホモを廃そうとする始末。
そんなまるで暴君のような巽であったが、森永の気持ちは知っているし、キスまでは許していた。
けれど、二人の関係は恋愛とはほど遠い、先輩・後輩止まりのまま、森永の片想いは何と最早5年目に突入。
そんなある日、森永にとって最大のチャンスが訪れ、半ば強引に巽と関係を持ってしまう。
森永の行動に大激怒の巽。
果たして森永の長年の想いは報われるのか――。


・声
BL作品史上最強と云っても過言ではない受けっ子、巽宗一(たつみ・そういち)に、緑川さん。
この受け様、本気で史上最強です(笑)。
彼を越える受けは後にも先にも見当たりません!
兎に角、常に本気で全力で理不尽に暴力的(笑)。
もう常に全力で怒っていて、それが可笑しくてたまりません。
あの光ちゃんが、如何やってこの演技をしているの?! と思ってしまう程、ず〜〜〜〜っと怒り叫んでいます(笑)。
ドラマCD「キレパパ。」の光ちゃんのキレっぷりも見事なものですが、ひろ個人的には此方の方がよりリアルにキレている気がします。
何が凄いって、去年このCDを聴いた時には、
「ぶっちゃけこの三白眼気味のイラスト、光ちゃんの声に合ってるのかなあ…」
と思っていたのですが、原作を読んでから再度CDを聴くと、イラストが浮かぶんです!
あの、巽先輩のキレている顔が!(笑)血の涙を流している顔が!(笑)
流石光ちゃん…、素晴らしいぴかぴか(新しい) と改めて惚れ直しました。
そんな光ちゃんのお声は、受けにしては珍しい程に低くて、しかも美しく繊細でクリアな、「美声」系ではないお声です。
イメージ的には、咎狗の血のシキのお声から一寸クリアさを取り払った感じ。
それくらい低いです!(※因みにシキ様はバリ鬼畜攻めです/笑)
ほんと、こんな受け声な光ちゃんって稀有過ぎます。
光ちゃんの受けと云うとめちゃくちゃキュートか、もう本当にあなた何なの?! と思うくらいセクシィで、絡みはとろとろに蕩けたヴォイスが聴ける印象ですが、この作品は一味も二味も違う光ちゃん受けが聴けますぴかぴか(新しい)
何せ、絡みの時ですら全力でキレているので!
それが、ちょっとずつ蕩けていくのがまたたまりませんハートたち(複数ハート)
いやはや、けれどもこの難しい役を此処まで演じ切るとは…完敗です。(何が)
毒薬を調合して妖しい笑いを轟かせているシーンにすら悶えました(笑)。

そんな暴君・光ちゃんに5年越しの片想い中、森永哲博(もりなが・てつひろ)に、鳥海くん。
この鳥ちゃんの良さが、去年CDを聴いた時には解っていませんでした…。
と云うよりも、ひろは、鳥×緑若しくは緑×鳥が自分の嗜好に可也合っていることに未だ気付けていなかったのです。
ついでに云うと森永と云うキャラクタの魅力にも気付けていなかったのです。。。
今回改めて原作を読み、CDを聴き直して、森永に惚れましたハートたち(複数ハート)(ぇ)
この、絵に描いたようなへたれわんこ攻め。
時にあざとくなる癖に、最終的にはメタメタにやられてしまう哀れさ。
そう、可哀想な奴なんだけども可愛すぎる!
そんなキャラの喋り口調にぴったり過ぎます、鳥ちゃん。
演技プランが何処か鈴村さんを彷彿とさせる箇所がぽつぽつ有りましたが、やっぱり鳥ちゃんは語尾が可愛いです。あと、微妙な声の揺れが絶妙。
鳥ちゃんのお声は地声よりも一寸高めで学生してます。と云うか後輩声(笑)。
ひろは、兎に角ヘタレで光ちゃんに口喧嘩ですら全く勝てなくて泣きそうになっている処と、絡みでスイッチが入って物凄い勢いで発情する処がたまらなくお気に入り。

本編はこの二人が兎に角出張っていて、攻めなのに鳥ちゃんがモノローグで(笑)、鳥ちゃんファンに美味しい一枚です。逆にメイン2人以外はほぼ出て来ません


・雑感
トラック3が兎に角良いです。絶品です。
遣り取りが軽快でギャグのテンポも良いし、絡みですらキレている(笑)上に、昔の杉田さんばりに戦っている光ちゃんが新鮮だし、たまりません黒ハート

平川さんから貰った媚薬を部屋に隠していた鳥ちゃん。
光ちゃんは、酒がなくなったと鳥ちゃんをパシリにしている間に、鳥ちゃんの部屋を家宅捜索してお酒を探します。
その時に、お約束通り媚薬入りのボトルをウイスキーだと勘違いして一気に摂取。
すぐに効果はあらわれず、帰宅してあたふたする鳥ちゃんを余所に光ちゃんは涼しいお顔。
此処で平川さんにかつがれたものと勘違いした鳥ちゃんの一言。

森永のおバカさん…!(T∀T;)たらーっ(汗)

これ、原作でも大好きなシーンなのですが声が入るとたまらなく良かったです!ハートたち(複数ハート)

そして、媚薬の効き目があらわれた夜中、もよおしているのにもかかわらず、理不尽にキレまくる光ちゃん。
兎に角、鳥ちゃんを外出させようと必死。
色々と理由を付けてお使いに行かせようとするのですが、上手くいかず。。。
結局、最終的にはブチ切れ(笑)。

「じゃあ、30分でいいからそこらを散歩して来いよ!!!むかっ(怒り)むかっ(怒り)

もうこのシーンも大好き! お腹がよじれる…!(笑)
その後、光ちゃんの台詞に「こんにゃろー…」と云う呟きがあるのですが、個人的に流川っぽくて萌えました(何報告だよ)

ひろはこのお二人のCPの時のエロさ加減が好きです(真)。
CDラストの絡みは、原作より濃ゆい気がするくらいひらめき
逆は良く有るけれど(原作の絡みの方が濃くて良かった的な)、CDの方が濃ゆいと感じることは珍しいと思います。
このお二人がメインにキャスティングされているCDは、ギャグと絡みが秀逸なんですよねえハートたち(複数ハート)

原作を読んで思ったのは、CDはえらく理路整然としたなあ、と云うのが一番大きいです。
兎に角、原作よりも「解りやすく」なっています。
原作にないエピソードや、恐らく後から出て来るのであろう、過去の話なども順序立てて(悪く云えば説明ちっくに)回想されていて、お話のラインは1本、きっちり見えます。
ただ、脚本化された時にカットされたギャグシーンの台詞や、それに伴う、台詞の捉え方の微妙なニュアンスの違いなんかも有ったりします。
特に、もうちょっと台詞が割愛されていなければ、光ちゃんは更なるグッジョブを見せてくれたんじゃないかなあ…と思ったシーンが幾つかありました。
光ちゃんの役はもっと、森永に対する「揺れ」が有って良かったと思うし、そう云うシーンが割愛されていたのは残念でした。
思えば、去年CDだけを聴いて萌えがやって来なかったのはその辺に原因が有る気がします。
森永の魅力も、巽が暴君でありながらも森永に絆され、流されつつ、結局は惚れ込んでしまっている…と云う、微妙なニュアンスやなんかの表現も充分になされていない脚本だと思います。
この、巽の矛盾する心の揺れが個人的に萌えポイントだったので残念。。。
ですので、原作+CDのコンボでお勧め度星5つですぴかぴか(新しい)

フリートークは7分強。
ゆる〜い感じの、何かオカマバーのママみたいな喋りの鳥ちゃんが司会(笑)。
平川さんと仲良さそうなトークの後、杉田さんの扱いが意外と上手いことに驚きました(笑)。
ひろはこのフリートークの杉田さんの声がすきです。可愛いの。
光ちゃんは、さっきまで本当に巽先輩やってた人?
って疑いたくなるくらい落ち着いた普段のお声でした(笑)。


▼原作
恋する暴君 恋する暴君 2 (2) 恋する暴君 3 (3)
posted by ひろ at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(1) | BLCD(タイトルか行)
▼コメント
ひろさん、こんにちは!

ひろさんのレビュー読んで、また聞きたくなってしまいましたよ〜〜♪すっかり忘れてるみたい(照)鳥ちゃんと光ちゃんだなんて、そんなおいしいCPだったんですね。どひゃ〜これは速攻聞きなおしてみます。続編も出ることですしネ☆

ひろさんのツボに刺さった「じゃあ30分でいいから・・・」のシーンは、原作でも一番印象に残ってます。う〜〜ん、可愛い☆

おかまバーみたいな鳥ちゃんの司会ですとっ!
す、すぐ聞きます(笑)。

TBよろしくお願いします!
Posted by あい at 2006年10月17日 15:36
ひろさん、またまたお邪魔させていただきます。

今、聞いてます。ひえ〜〜っ。やさぐれた光ちゃんが怖くて素敵っ!なのに受けだなんて〜〜(ぐふっ!)しかもヘタレ鳥ちゃんに〜〜(げふっ!)
すみません、興奮しすぎだわ。。。でもでもこの気持ち、ひろさん、わかってくださいますよね(笑)。キレパパよりキレてる光ちゃん、ブラボーだ☆

二重にUPされていたらすみません。うまく行かなかったの。。。
Posted by あい at 2006年10月17日 16:09
あいさんこんばんは!

おおお、あいさんもまた聴いて下さったのねv(嬉)
昔聴いたBLCDって、何気に美味しいCPを見逃して萌え切れていなものがありますよね(笑)。
コレもその中の一枚でした。
鳥ちゃん×光ちゃん、萌えますっ><//
続編が更に愉しみになりました(´∀`)

「じゃあ30分でいいから〜」のシーン、ほんとに可笑しくて大好きですv
原作読みながらケラケラ笑っちゃいました(笑)。

ああ、あいさんと共に興奮出来て良かったv(●´∀`●)
Posted by ひろ at 2006年10月17日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※コメントはひろの承認後に表示されます。
 コメント送信後もコメント欄に特に何も表示されませんが、
 ちゃんと送信出来ておりますのでその点どうぞご留意くださいませ。
▼TrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1474199
※トラックバックはひろの承認後に表示されます。暫しお待ちを!

高永ひなこさんのBLCD「恋する暴君」
Excerpt: 高永ひなこさんのコミックのBLCD「恋する暴君」を聴きました。 原作のコミックについて以前ブログにも書きましたが、このストーリーの目玉はやはり、ホモ嫌いの先輩が、間違って媚薬入りのお酒を飲んで、エロ..
Weblog: ボーイズラブ・オタクなあいのひとりごと
Tracked: 2006-10-17 15:38