2007年10月08日

「しなやかな熱情」レビュー



お勧め:★★★★★
絡み:★★★
主要キャスト:神谷浩史・三木眞一郎・風間勇刀


うおおおおおおっ…たらーっ(汗)(号泣)

すっごく良かった! すっごく良かったよおおおっ…!(ぐしぐし)
約150分、崎谷ワールドにどっぷりでしたいい気分(温泉)
こんなに切ない絡みを聴いたのははじめてかもしれません…。
神谷さんが喋る度にぽろぽろと涙が零れて、最後は号泣でした(…)。
キャスティングの勝利な面も大きいですが、BGM系の雰囲気作りも素晴らしかったと思います。
神谷さんもエロ素晴らしかったですが、ひろは三木くんに本気で惚れ直しましたハートたち(複数ハート)


・ストーリー
崎谷はるひさん原作。
天才気質の画家・秀島慈英(三木くん)は、初めての個展に失敗。
傷心のまま訪れた長野で、何故か殺人事件の重要参考人として刑事の小山臣(神谷さん)にしょっ引かれる。
綺麗な声で、綺麗な容姿に似合わない乱暴な言葉を紡ぐ臣。
臣と会う度、言葉を交わす度に心を奪われていく慈英だったが、それが何と云う感情なのかは解らなかった。
そんな或る日、慈英は偶然目撃した事件のせいで犯人に命を狙われ、怪我を負い――。

やっぱり崎谷さんが好きだなあ…をしみじみと実感。
原作も読み直しましたが、やっぱり特濃でした(笑)。
これから数ヶ月に渡ってシリーズを総て聴けるなんて、幸せ…黒ハート

・声
刑事・小山臣(こやま・おみ)に、神谷さん。
華やかな美貌を持ちつつも、兎角血の気が多く口が悪い27歳。
凄く子ども(と云うかガキんちょ)っぽい面を持ちつつも、何処か翳りの見え隠れする臣さん。
二面性も三面性もあるこの役を、神谷さんが好演されていましたるんるん
冒頭は本当に小さな子どもみたいにやんちゃで、到底27歳とは思えない暴れん坊っぷり(笑)。
三木くんを犯人と決め付けてビシビシ攻める熱血刑事っぷりに、思わず笑みが零れます。
それが、エロスイッチが入ると大変な事態に!!

心の底から淫乱でした…それはもう。(ごくり)

それでも、幼少期のトラウマのせいで、セックスで愛をはかるような様子を見せるのが辛くて。
萌えたかと思ったら胸が痛んだり、涙が零れたり、心がぐらぐら揺れ動く絡みです。。。
神谷さん、こんなアンバランスな多重人格みたいな役柄を見事に演じ切ってました。
ひろの、綺麗で淫乱な刑事・臣さん像にぴったりで感激です黒ハート
しかし今回、神谷さんの臣を聴いていて、何かこの人を知っている…とむず痒くなったひろ。
漸く解りました。
某電王の桜井侑斗(の、中村優一くんの演技)を髣髴とさせるのですよ!(笑)

そんな神谷さんに我知らず惹かれる23歳の画家、秀島慈英(ひでしま・じえい)に、三木くん。
無自覚の天才肌と云うんでしょうかねえ…本人にそう云う自負が全くない。
そして天才ゆえになのか、ちゃんとした人なのに、何処か欠落しているんです。
何で、その事実からそう云う思考に繋がるのかが、解れない。(ひろが凡人だから)
何で、その場面でそう云うことを考えているのかが、解れない。(ひろが凡/略)
あとは、空気が読めないと云うのかなあ…いや、読まないのか?
常に自分の世界に住んでいて、自分のペースを崩さないのです。
そこに居るのに、世界と繋がっていない感じ。
そんな慈英を、三木くんはどんな演技プランで来るのかなあと愉しみだったわけですが、予想以上に慈英そのもので驚きました!
寧ろ、ああ、慈英ってこう云う抑揚の喋り方をする人だったんだ――、と。
三木くんのお声も演技も、普段あまり聴けないような不思議な感じなんです。
兎に角おっとりと優しくて。
エッチの時は微鬼畜ですが(笑)激情や慟哭でなく、表に出るところは単調で穏やか。そう云う感じ。
どんな場面でも何せおっとりしています。シーンによっては、おとぼけキャラかと思うくらい(笑)。
慈英は臣のことを、「アンバランス」で「子どもみたいだ」と評しますが、慈英もそのものかと。
そしてそして、今回はモノローグも、ナレーション的なところも三木くん祭グッド(上向き矢印)
三木くんのお芝居はずっと聴いていても全然苦痛じゃないのが凄い。
けれど、延々と三木くんな慈英の内面ヴォイスを聴いていると、何だか門地かおりさんの妄想しがちな主人公の話を聴いているような錯覚に陥りました(笑)。


・おすすめ
と云うか、ひろが特に印象に残っているところが3つ。

・Disc1のトラック10
1枚目の最終トラックです。
今までずっと穏やかでふわふわしていた慈英が、突然苛立ちをあらわにするシーン。

三「羨ましいことないですよ。…と云うか今、半分失業中で。(中略)
  …画家と云っても、なり損ないですよダッシュ(走り出すさま)
神「そう云う顔、やめろよ…。何か…、似合わねえから」
三「それは失礼。
  ただ、似合う似合わないまで云われるほど、俺のことをご存知とは知りませんでした
神「なんだよそれむかっ(怒り) そこまで云うことか? お前何突っかかってんの?」
三「別にそんなつもりもないし、突っかかってもいませんよ…

この厭になるくらいに重苦しい空気感。
凄く厭な云い方ってありますよね。
ネタじゃなく、自分のことを自虐交じりに、半分自嘲入れて喋る、みたいな。
そう云う風にしか云えなくて、相手を苛立たせ突き放してしまう、語尾。
云われた方は何て云ってあげたらイイのか解らなくなる、あの喋り方。
けれど、云っている方は真っ直ぐに返されれば返されるほどに、捻くれた風にしか答えられなくなる。
そのデススパイラルが正にこのシーンなのですが、三木くんが怖い。
こう云うシーンの三木くんって、何でこんなにリアル怖いんでしょう。
何かが憑依してるみたいです。
今まで世界の誰とも繋がっていなかった三木くんが、神谷さんには何故か苛立ちを抑えられずに八つ当たりして突っかかって、それで怒らせたら赦して貰おうと追いかけて…。。。
そんな所を、例の男(誰ですかそれは)に襲われちゃう三木くん。
腕を斬り付けられ、咄嗟に頭に浮かんだのは、

筆が、持てなくなる…!

声が、声が震えてるんです。恐怖心が、声に滲み出てるんです。
あの慈英が! おっとりしてるだけの子だと思ってた慈英が!
因みに三木くんを斬り付けた暴漢をガチで殴りまくる神谷さん(笑)も聴けるシーンです★

・Disc2のトラック2〜3
そして突然のエロトラック。
エロトラックと云うか、トラックまたいでエロってる(何)ンです(笑)。
Disc2はエロディスクですね。(待)
…の前に、三木くんを罵倒しまくる神谷さんに出逢えます(笑)。

「馬鹿じゃねえの?!」
「お前は、馬鹿かッ!!!!」
「馬鹿っ!!」


ばかばか云い過ぎですよ刑事サン(笑)。
今作は神谷さんの「馬鹿」発言率が高いのですが、色んなバリエで聴けまするんるん
女子ですか?! みたいな、「ぶわかぁ〜っ!!」とかもアリ(笑)。
これまで誰にも入れ込んだことのない慈英は、ばかばか云われても嬉しかったのかも…(ぇ)。
そして、ついぽろりと云ってしまうわけです。

三「……あなた見てると、何か楽しくて。
  凄くね、何だか…嬉しいんですよ。
  馬鹿にしてるんじゃなくて、顔が勝手に笑っちゃうんです


いや三木さんもう、これ告白だよ。(どーーん)

ものすごーーく回りくどく好きって云ってんじゃんよー!
何で擦れ違うのよばかー!(←神谷さんのが感染った/待)

気付いた時には神谷さんに押し倒され、フェラされてたなんて…。
どーなの……。
とか何とか云っておきながら、そのシーンにめちゃ萌え!ハートたち(複数ハート)

三「あ、の…刑事さん…っ、ちょっとすみません、どいて下さいっあせあせ(飛び散る汗)
神「え? ……あっ…、っ…なあ。これ…勃ってる?(じぃ)」
三「あ…、いや、…な、何ででしょうねあせあせ(飛び散る汗) 疲れたから、かな」

キャーー!! 疲れマラー!!!!!ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
ひろさんそれ別に興奮するところじゃないんじゃ…

そして神谷さんの誘い受け台詞集。

「ねえ、俺…、うまいよ?」
「気持ち良くしてあげるから…。……動くなよ、…なっ? 厭がんないで…?」
なあ、……お前の、美味しいの、食べてい…?(きゅる)


お・おおお美味しいのって、何ですかーっ!!!!!グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)(←喜んでる)

そしてぱくりといかれた三木くんが、びくびくしながら刑事さん、と呼び掛けるのですが。
此処で放たれるのが、神谷さんの黄金の演技ですよ!!!(鼻息)

三「あ、……刑事、さん…っ」

神「…にゃに?(ぷちゅぷちゅむぐむぐ)因みに原作では「ひゃに?」

……!!!!!!!!!!!!(←凄まじい衝撃が来たらしい)

エ ロ 過 ぎ る … !(ぷしゅう)
リアル咥えてる…っ。(じた…っ)
神谷さんが美味しいのを咥えてる…!!!(うろうろうろうろ)(落ち着いてください)

エロ台詞は他にも色々あるんです。
俺にしゃぶらせて…んんー…っ(←既に咥えてる)」
「じゃあ、じゃあさ…もっと凄いの…、しない?
「女の子と思っていいから…これ(←美味しいの/しつこい)だけ…頂戴…?」
「……っ、すご…、おっきい…
「いーい? なあ、コレどーお?(じぃ)」


書き出すとキリがないくらい有るんですが! が! ががが!(何)
個人的に最萌は「にゃに?」だったわけです。
あれ本当萌えますよ。人類みな淫乱神谷さんの虜になるよ…!

あとあと、喘ぎがすんごいえろたらしくてグッジョブでした!

「ああん」とかはふはふとか、そっち系の喘ぎじゃないのさ!!(何口調)
唇を閉じて我慢してるのに、勝手に出て来ちゃうくらい如何しようもなく気持ちイイ系。
「んんーっ、んんーっ」みたいな感じでめちゃリアル。
めちゃエロ…っ!!!(喜びの舞)
喘ぎレベル上がり過ぎじゃないっすか、ピロシさん黒ハート
ひろ最初聴いた時、本当にヤってるんかと素で思いましたさ爆弾(誰)

・Disc2のトラック8
でまあ、紆余曲折有りつつも、結局心は繋がれない2人。
けれど、自分の神谷さんへの気持ちが何なのかを確信した三木くん…。
三木くんがおっとりのままブラックになった気がしたのはひろだけですか(笑)。
意地張らずに云ってあげればイイのに…! と何度も思いましたが、此処で三木くんが云わなかったからこそ、このトラックで号泣だったのです。。。
今夜を最後に東京に帰る、とだけ告げて。
だから、抱かせて下さいと。
三木くんは解ってやってるからイイものの、神谷さんがめっちゃ(!)切ないんです!あせあせ(飛び散る汗)

三「ちゃーんと、覚えてて下さいね? 俺のことを」
神「…っ、覚える、から…っ…。覚えるから、ちゃんと……覚えるまで、して

うう、健気…ったらーっ(汗)たらーっ(汗)
泣き出しちゃった時にもう教えてあげれば良かったのにーっ!!!
ブラック三木くんめ…っ!!!(涙ッシュ)

神「じえっ…が、今までした…ひとより、いーい…?(涙声)
  覚えてて、くれる…?(ぐしっ)

三「……こんなひとを、他に知りません。忘れられるわけがないでしょう?」
神「…っ、嬉しい…。ありがと…、も、それだけでイイ…っ…

うおおおおおおおっ…!!!!!(ずびーっ!)
神谷さんの涙声が涙腺をぐいぐい刺激して来ます。
も、こんなに激しく絡み合っているのに涙が止まりませんでしたたらーっ(汗)
最後の最後に、覚えた…? って訊かれて、「忘れ…っ、ない…っ」て云うのも悶絶切ないよう…っ!!(びえー!!)

このトラックの神谷さんはちょっと子ども返りした感じでかわゆいところも好きグッド(上向き矢印)
物凄く(!)淫乱です。
こんな「淫乱」って言葉の似合う受けヴォイスは史上初な気すらぴかぴか(新しい)
ああ、ほんと良く泣きました。しかも絡みで(苦笑)。
素晴らしい出来栄えだと思います。
エロを求める方にも、切なさを求める方にも。
そして、原作買いも、キャスト買いもお勧め出来ます。
聴いて、萌えて、泣いて下さい…黒ハートあせあせ(飛び散る汗)


フリートークは2ショットで2分弱。
余韻と共に…と云う感じでした。


▼原作
しなやかな熱情
しなやかな熱情 (幻冬舎ルチル文庫)
posted by ひろ at 01:21 | Comment(20) | TrackBack(5) | BLCD(タイトルさ行)
▼コメント
ひろさん、こんにちは♪

ひろさんがいっぱい叫んで下さってて、大喜びしちゃいました!
私も、同じトコでジタバタしてましたから…
とにかく、凄いドラマCDに仕上げて貰って、改めて役者の力とか演出の力とか、そして何より原作の力とか、つくづく感じてしまいましたよ。

何と言っても、神谷サンですよねぇ…凄まじかった…
そして、三木眞サンですもんねぇ…凄くないわけがない…
ただただ圧倒されるばかりの13分強!(結局、ここに尽きるのか、自分…) 
初聴きの時は、もうボーゼンとしちゃいましたよ…で、その次は、ひたすら切なくて哀しくて…
こんなにも濃厚な絡みなのに、こうも泣かされた作品って、私は他に知らないんですけど…

続く2作が、とっても楽しみです♪
Posted by 季菜子 at 2007年10月08日 08:44
季菜子さん、こんにちは〜v

うふふ〜、聴いたその日から凄ーーく(!)叫びたかったのですが、2枚組みなせいで何回か聴き直すのに時間を取られてしまいました(´∀`;)
凄く力を感じる仕上がりでしたよねえ。
そう云った意味でのツッコみどころは皆無でしたもの!
原作が好きならば絶対に聴いて損はない出来栄えには、ただただ喜びの舞です♪

神谷さん、前々から妖艶でしたけれど、妖艶を通り越して淫乱でしたよねえ!(´∀`*)vv
あのリアルな喘ぎは一体何時の間に習得されたんでしょう…っ(笑)。
三木くんも、あのシーンだけお鬼畜でニヤニヤしちゃいました><//
13分強、前回の崎谷作品、「きみと手をつないで」に匹敵する濃ゆさのエロスで御座いました…。(もしゃもしゃ/ぇ)
ひろも、此処までエロたらしい絡みに泣いたのは初めてです!
原作を読んだ時は別に泣きはしなかったのに…神谷さん、凄過ぎます。

続きが本当に愉しみですよね〜♪
クオリティを落とさずに頑張って戴きたいですv
Posted by ひろ at 2007年10月08日 13:28
ひろさ〜ん!!!すっごいよかったですよね!!!(がしっ!うるっ・・・(;_;)
ひろさんの素敵レビューを首を長くしてお待ちしていました!
いつもながら的確な声優さんの評価ですね(^^)いつものごとくうんうんうなずいちゃいましたよ!

この原作、はるひ作品の中でもすごく好きで、そんな大好きな慈英と臣がこのドラマCDでリアルに鮮やかに蘇って、この仕上がりに神谷さん・三木さんに、そして制作会社さんに感謝の気持ちでいっぱいです。慈英と臣がますます愛しくなりました!

>これまで誰にも入れ込んだことのない慈英は、ばかばか云われても嬉しかったのかも…(ぇ)。

すいません。私も嬉しかったです。神谷さんの「バカ!」。(ドM・・・)

最初は、はるひさん描く恋愛に対して不安定なエッロ〜い臣を、どんな風に神谷さんが演じられるかドキドキだったのですが(臣があまりにエロすぎて妄想追いつかなくて)、もうもうもうっ神谷さん、どうしてこんなに色っぽいの?!もう本当に臣がそこにいるって感じでした。あの泣きながらの壮絶な最後のセックス・・・エロいのもですが、そんなの通り越して感動でした・・・(;_;)あの感動のシーンを声だけで表現する・・・その演技の凄まじさと才能を見せつけられた感じでした。

そして、ミキシンさん・・・。慈英がミキシンさんってキャストが決まった時に、私自身、慈英というキャラを今ひとつ掴みきれていない部分があったので、どんな風に演じられるか想像がつかなかったんです。でも慈英ってこんな人なんだ〜ってやっとリアルに感じさせられました。もう私の中の慈英はあのミキシンさん以外にありえないです。

こんな素敵なCDに出会えて本当によかったです。
これからどんどん臣@神谷さんに甘〜くなる慈英@ミキシンさん!そして慈英@ミキシンさんにメロメロになっていく臣@神谷さんの続編が楽しみですネ☆

長々とすいませんでした(^^;TBお願いしますね!
Posted by miku at 2007年10月08日 18:30
mikuさん、こんばんは〜v
うふふ、mikuさんの熱いレビューは圧巻でした><//
もうもう、何から書いてイイか解らないくらい、すっごく(!)良かったです><。(泣くな)

原作がお好きだったなら、神谷さんがキャスティングされて、しかもこの完成度ですから、可也テンションが上がったことでしょう♪
ともすれば、原作が好きな作品のCD化って残念に終わることが多いので(苦笑)とても羨ましいです★
だって、神谷さんの「バカ!」が嬉しいくらいですもんね…(´∀`*)エヘ
そうか、mikuさんはドMだったのか…( ..)φメモメモ

臣があまりにエロすぎて妄想が追いつかなくてには爆笑しました!!(笑)
た、確かに…!
ひろも、これはお2人共に云えることですが、予想を超えるキャラの掴みっぷりでしたよね。
まさか此処までエロいとは…mikuさんのピロシさん、レベル上げ過ぎですよっ!(ガクガク)
あのシーンは何度聴いても、涙がじわじわこみ上げて最後はびえー!! と泣いてしまいます…><。
正直、原作より泣けました。神谷さん、凄いよう…!vv

三木くんも、へえ、こんな風にプラン組み立てて来たんだあ…と最初は思ったものの、最終的には納得ですよねえ。
そうそう、逆に慈英ってこんな人なんだ〜ってひろも思いました!(笑)
これから双方、でれでれになっていくのが愉しみで仕方ないですね><//
早く甘やかしエッチが(未だエロを求めるか)聴きたいよう〜っ!!(じたじた)

TB有り難う御座いました♪
Posted by ひろ at 2007年10月08日 20:36
居間からこんにちは☆
ひろさんいつレヴューあげてくれるのかなー…と首を長〜〜くして待っていました!
神谷さんファンの私には本当に墓場まで持って行きたい1枚になりました(えぇー!!)。

直前に原作を読んだので、興奮冷めやらぬ中での拝聴。悶え死にました…
1枚目は残念ながら眠気に勝てず、聞き終えるのに3日かかりましたが(爆)2枚目は…びっくりして目が覚めてしまった程の熱演!
神谷さんて…何者!?こんなに引き出しがあるなんて。
今まで何百枚とBLCDを聞いてきましたが、こんなにエロいのは初めてです!18禁にすべきだ!(笑)
ここまで音で再現できるなんて。本当に神谷さん、ヤってません…?
その他のエロシーンの感想は全てひろさんの右に同じです。絶対指三本は咥えて言ってますって!「…ひゃに?」

いや、勿論濡れ場以外でも憤死しました!体中から色んな液が出ました!
様々な臣の顔が豊かに表現され、つい『クスッ』と笑えたり。
飄々とした慈英のセリフ回しにイライラし(せっかちなので)。
臣の気持ちを知りながら試すように別れを告げるときは、胃が痛くなる位切なくて。
出勤の運転中に神谷さんの泣きのシーンを思い出して号泣できる位、臣の心情は痛かったです。

評判も良いようなので、Atisさんにはクオリティを落とさずに続編を出して頂きたいものです。
そして、三木さん神谷さんもこのままのテンションで次回も挑んで貰いたいです…頼むから(泣)

…て書いてたらいきなり母が帰ってきてビビりました(笑)

長くなりましてゴメンナサイ。他の方の感想も楽しく読ませて頂きました。またお世話になります☆
Posted by なお at 2007年10月08日 21:14
ひろさん、こんばんは!

ひろさんの熱いレビューを拝見していたら神谷さんの熱い吐息を思い出して、あいもまたまた熱くなってきちゃいました。
切なくて濃くて(笑)こんな素晴らしいBLCDを作ってくださったAtisさんに感謝感激です。どこまでもついて行きます!!あと2作聞けると思うと死んでしまいそうに嬉しいです。

ほんと臣さん「心の底から淫乱」でした(笑)
息が止まりそうにどきどきしました。
disc2は絶対外では聞けません〜〜普通の顔で聞く自信ないです(^^;)

ううう、素晴らしいCDでした。しつこく(オイ)BLCDファンやっていてよかったです。

TBよろしくお願いします!


Posted by あい at 2007年10月09日 00:04
なおさん、こんばんは〜v
えへへ、待っていて下さったんですね♪ 嬉しいなあ(´∀`*)v
この神谷さんは是非是非、墓場まで持って行って下さいませ!
本当に凄かったです><//

2枚目に吃驚して目が覚めたんですねっ!!(爆笑)
本当、1枚目は刑事ドラマみたいでしたものねえ。三木くんのモノローグやナレもどちらかと云うと眠気を誘う緩々としたものでしたし(笑)。
2枚目のあの神谷さんの18禁(笑)エロっぷりは、聴いていて絶叫ものでした!
何度机をバシバシ叩き落としたことか…。
PCデスクが壊れたら、完全にあの神谷さんの喘ぎのせいです(笑)。
ね、本当にヤってるとしか思えませんよ…、ね?(…)
あのリアル咥えている感と、異様にリアルな喘ぎ…今正に突き上げられてる!! って解りましたよ、ね??(ずいっ/離れろ)
「…ひゃに?」には悶え狂いました。
頭に一気に血が上った瞬間でした(笑)。
絶対咥えてますよね、美味しいのを!!!(しつこい)

それにしてもなおさん、身体中から色んな汁(液です)を出したんですね…(´∀`*)エヘ
ラストの、臣の意地悪(と云うか23の若造ですもんね。と思うと納得もしますが…)で別れを告げた時のあの絡み、切な過ぎてもうもう、号泣です…!(ぐしぐしっ/思い出し泣き)
あの神谷さんの泣き芝居、完全に原作を超えてました。

兎に角素晴らしい仕上がりに大満足です(´∀`*)
本当に続編たちも、宜しく頼むよう〜っ!!(縋り付き)って感じで><//
次は12月くらいでしたか…? それまで、これをリピして待ち構えています♪(´∀`*)エヘ
Posted by ひろ at 2007年10月09日 00:11
おおお、あいさんこんばんは!(何)
↑のレスを書いていたらあいさんがいらっしゃってました(笑)。

やだっ、あいさんったらまた熱くなっちゃっただなんて…><//
最近のAtisさんは崎谷さん作品と相性がイイですね。
大満足なものが次々リリースされて幸せです♪
切ないのにあんなに濃ゆいと云うのもひろは初体験(笑)でした。
崎谷さん原作に拠る所も大きいのでしょうが、矢張り神谷さんのあの喘ぎの賜物ですよねえ…(´∀`*)

Disc2、チャレンジャーあいさんはきっと通勤電車の中で素知らぬ顔で聴いていたんだろうなあって勝手に思っていました(笑)。
これ、あいさんをもってしても外では聴けないんですね〜っ!!><//
ひろも悶え過ぎて電車の扉をバシバシ叩いてしまう気がします…。

TB有り難う御座いました♪
Posted by ひろ at 2007年10月09日 00:16
ああ・・・今日も聴いてしまった・・・ウルウル
何回聴いてもあそこで泣いてしまうのでござるよひろさん(ガバ)!!

もうとにかく2人が神で神で仕方がないですよ(ノД`)エーン
これがまた12月にも聴けるのかと思うと・・・グハァ(*´Д`*)

んでもって一昨日に生ピロシ見ちゃったもんだから
いろいろ大変なのですオレったら(照)
あのカワエエのが「にゃに?」って言ったのかと思うと・・・ブヘヘヘ(壊)

TBを切なくいただいて帰ります・・・
Posted by at 2007年10月09日 19:23
ひろさんこんにちは。神谷さんエロエロですかぁー。まだ買ってないんです。神谷さんの声は好きなのにひろさんの感想を読んでからにしようかなと思っていたら、聞きたくなっちゃいました。
あえぎとか泣き演技とか萌え〜なんでしょう。
神谷さんのすごさがわかります。もう体は大丈夫なんですかねぇ
聞いてからまた感想書きます。
ラ・サタニカひろさんも購入リストにありましたね。立花さんの声が早くききたぁーい。もっとBLCDに出てよーって思います
もちろん予約しますです。
Posted by いご at 2007年10月09日 23:31
>姐さん
あら、姐さんは今日もお聴きになったんですね、例のトラックを(´∀`*)
ほんと、ひろも何度聴いてもあそこで絶対に泣いちゃいます><。(もぎゅもぎゅ)

素晴らしいキャスティングですよねえ。
正しく神降臨で御座いました><//
12月と、来年も愉しみですよねえ〜vv
きっとまた悶え苦しむことになるんだろうなあ(笑)。

生ピロシですと〜っ?!?!(´■`*)!!!!
やだーっ! 羨ましい〜っ><//(じたじたじたっ)
てゆか、「にゃに?」はヤバかったですよ…生で云ってるトコ見たい…(待)。

TB有り難う御座いましたv
Posted by ひろ at 2007年10月10日 00:07
>いごさん
こんばんはv
神谷さん、エロエロですよう(´∀`*)vv
もう、色んな意味ですごーーく(!)お勧めです><//
是非是非聴いて下さいねえv

喘ぎに萌え過ぎた上に、涙声の演技に号泣でした。
ほんと、何度聴いても泣けます。
絡みなのに、萌えてるのに、涙が止まらなくて…><。
神谷さん、前からお上手だったのに、更に喘ぎレベルめっちゃ(!)上がってました★
お身体もきっと完治なさったんでしょうね(´∀`*)
萌えたら是非是非語りに来てやって下さいませ〜v

「ラ・サタニカ」、愉しみですねv
立花さん、待っててね〜!!(´∀`*)〜♪
Posted by ひろ at 2007年10月10日 00:11
ひろさ〜ん、ひろさ〜ん!!!!!

私・・・私・・・ものすごく三木さんが好きみたいです!!!
なんかもう惚れ直した所の騒ぎではないのですけど〜。(涙)
ああなんでこんな素晴らしい作品を後回しにしようなんて考えたのかしら・・・
だけど最初に聞いたら他が思いっきり薄味に聞こえちゃうから仕方がないんですけどね・・・(涙)
神谷くんもすごく上手くなりましたよねぇ。
綺麗な声だとは以前から思ってましたけど、こんなにもエロスだったよは・・・
うっかり祭りの予感ですvv

TBさせていただきますね〜。m(__)m
Posted by あいら at 2007年10月11日 21:32
あいらさ〜んっ!(もぎゅっ)

うふふ…ひろも、ひろも三木くんが物凄く(!)好きみたいですっ!!><//
おっとりしたお声、凄く良かったですよね〜っvv
でもでも後廻しにして正解ですよ、あいらさん…。
これ聴いちゃうと、直後に聴いたのCDの良さを一瞬見失います(´∀`;)
神谷さん、エロレベル(何)がどんどこ上がっていますね!
最近神谷さん受けに萌えなかったことは一度もない気がしますv
ほんと、祭りの予感ですよ〜っ(´∀`*)vv

TB有り難う御座いました♪
仕事から帰って来たらあいらさんのところに駆け付けますっ!
Posted by ひろ at 2007年10月12日 08:53
ひろさん、こんにちは!

ひろさんのレビュ楽しみにしてました〜♪
まさに皆さんと同じで、同じ部分で泣いたり、きゅぅぅんとしたり、も、色んな感じに大変でした(涙)
特に、2枚目に入ってから慈英を襲いだしてから(ん?)の神谷さんが本当にすごくて。まさにこれがエロ!!と納得させられました(笑)

最初、キャストを見たとき、「慈英が三木さん?」と思ったのですが、聞くうちに三木さんでしか慈英はありえないと思いました。
神谷さんは第一声から「臣!!」と思いましたね。ビックリした〜。

このシリーズは、本当に本当に大好きな作品なので、あと2枚聞けるのが本当に嬉しいですね。
早く続きが聞きたいー!!
Posted by 愛実 at 2007年10月17日 13:45
愛実さん、こんばんはv

えへへ、愉しみにして下さっていたなんて嬉しいな〜(´∀`*)v
これ、本当に素晴らしい1作でしたよね!
最近聴いた中でもトップクラスです><//
襲い受けな神谷さん、迫力でしたね。
あのエロスは一体…!(´∀`*)vv
何か物凄いものが降臨した瞬間でした(笑)。
エロい上に切なくて泣けるって、何事なんでしょう。ひろも本当に泣いたり萌えたり大変でした><。

三木くんの慈英は逆に納得! と云う感じでしたよね。
ああ、慈英ってこんな人でこんな声でこんな抑揚で喋るんだあ…って思いました。
神谷さんの臣は愛実の仰る通り、第一声から本当に臣そのものでしたし、凄い神キャスティングですよねえっ><//

ひろも続きがとっても愉しみですv
暫く愉しみが続いて嬉しいですよねえ(´∀`*)
Posted by ひろ at 2007年10月17日 21:08
ひろさん こんばんは〜

やっと、やっとコメント書けますよ〜!魅惑のエロ神谷様、届いて割と早いうちに聴いたのに、感想UPが遅れて遅れて……。ひろさんのレビューは読んでいて、よっぽど叫びたかったんですが、自分のUPするまではと、我慢してました。人様のお宅ですが、今日は叫ばせてくださいっ!

>心の底から淫乱でした
本当に、本当にその通りでした!!!
エロいなんて形容詞じゃ括れないほど、すっばらしく淫らでしたーーっ!!こんな神谷さんを聴けるなんて、天からのプレゼントですよね。神谷さんの濡れ場演技、今までより磨きがかかってますよねー。凄みすら感じる。。。

>人的に最萌は「にゃに?」だったわけです。
同じくです! あれはやばかった……。その前後の音が、またいやらしくて(*´Д`)

>人類みな淫乱神谷さんの虜になるよ…!
なってます。ええ、世界は平和になるはずですよっ!

>喘ぎがすんごいえろたらしくてグッジョブでした!
エロたらしい、んん〜いい形容だww 崎谷作品自体、もともと濃厚な濡れ場が特徴ですし、喘ぎ率も高いと思うんですが、その中でも、こんな、こんなに濃ゆくてリアルでズンズンくる濡れ場は無かったんじゃないか?とか思います。

ブルーサウンドシリーズ3の鳥さん×神谷さんも相当の女王様誘い受けでしたが、臣はそれに、淫乱&甘え要素がどっぷりかかる感じでしょうか。うん、エロたらしい。この形容がホント似合いますね〜

すみません>< 昂ぶってしまいました。第2弾、楽しみですね!

TBも宜しくお願いします<(_ _)>
Posted by at 2007年10月17日 21:22
采さん、こんばんはv
きゃ〜っ、漸く采さんともこの妖艶な神谷さんについて萌え語りが出来る〜っvv(´∀`*)
魅惑のエロ神谷様!(爆笑)もうもう、本当にその通りで御座いました(笑)。
拙宅で采さんの叫びが聴けるなんて幸せ〜(´∀`*)vvエヘ

神谷さん…、エロいって云うかそう、淫らでしたよね!><//
軽いエロさじゃないんですよね…濃厚過ぎ!
これは間違いなくBLの神様からのプレゼントです…ブルーサウンドの神谷さんを聴いた時もすっごくレベル上がってる! って思いましたが、今回はそれの更に更に上を行く絡みで…。
ああ、神谷さん…何処までイって下さるんでしょう(´∀`*)v

あとあと、「にゃに?」はヤバかったですよね!
も、鼓膜に甦ります…あああ…><//(もきゅ)
咥えヴォイス(笑)にあんなに悶えたのは生まれてはじめての経験です!
神谷さん…v(ぽっ/…)

「えろたらしい」に今最も相応しいお方は神谷さんでしょう(笑)。
崎谷作品は濃厚さが大好きで大ファンですが、よもや音声化した時に此処まで来るとは!
ほんと、采さんの仰る通りズンズン来ましたようっ!><//
ああ…2作目、3作目どうなっちゃうの…?!(´∀`*)←喜んでる

そうそう、ブルーサウンドの「来な、抱いてやる!」にも身が捩れるほどに萌えた記憶が御座いますが、今作はあれを超えましたね。
ど淫乱で甘えた、でも切ない…。
何とも微妙な、そして黄金の塩梅!

と云うか「昂ぶってしまいました」って、采さんったら…!(大爆笑)
もう、素敵なんだから…><//(もぎゅっ)
何時でも昂ぶりに来て下さい(笑)。

TB有り難う御座いました♪
Posted by ひろ at 2007年10月17日 22:38
はじめまして。
約1.5ヶ月前から突如BLCDにはまり始め
(とは言っても、昔々、ジュネカセットは聞いたことあり:これだけで年がばれますが)、
こちらのブログも時々読ませていただいております。

これまで聞いてきたのがコミック原作のわりとライトな内容のものが多かったので、
未読の小説原作・2枚組のシリアス系にはなかなか手を出せずにいたのですが、
各所ですこぶる評判がいいこと(もちろんここの記事も含め)、
現代劇であること(時代物やファンタジーはちょっと苦手)、
最近神谷さんの声がわかるようになったこと
(基本的には受け役重視、攻め役もよければなおgood、のキャスト買いです)
などから自分の中でゴーサインが出まして、
遅ればせながら今週後半、「耳をすませば…」と「しなやかな…」を立て続けに聞き、
神谷さんの演技の余りのエロさに度肝を抜かれつつも、
大変満足度の高い幸せな時間を過ごしました。

細かい感想は記事本文や皆さんのコメントに同意するばかりですのであえて語りませんが、
語り部が攻め役という構造が私の中ではポイント高かったですし
(三木さんの語りは本当に素晴らしかったですね)、
皆さんが泣いたというあのパートも、
車を運転しながら聞いていた関係上(何やってんだよ…)さすがに泣きはしませんでしたが、
かなり胸は締め付けられましたですよ。
CD続編はもちろん、近日中に原作も買ってしまいそうです。

これまでのレビューを見ますと、
どうやらひろさんとは好みのかぶる点がわりとありそうですので、
これからも勝手にお勧めされてみようと思います。
長文失礼いたしました。
Posted by ぎが at 2007年11月24日 22:37
ぎがさん、こんばんはv
はじめましてなのに、レスがこんなにも遅くなってしまって本当にごめんなさい〜っ!!!><。
ぶらりと旅行に行っていたもので…うう、未だ見に来て下さっているかしら…。。。
呆れずにこれからも仲良くして戴けるととっても(!)嬉しいです(´∀`*)v

本当に最近BLCDに堕ちたんですねえ、ぎがさんv
でも、BLCDって一度堕ちると中々抜けられませんよね…、こう、ずぶずぶと(笑)。
「耳をすませば…」と「しなやかな…」を立て続けにだなんて、それはそれは濃ゆい体験だったことと思います(笑)。
けれど、その2作がOKならば、可也幅が広がったのでは…vv
崎谷さん原作作品はねっとりと濃度の高いエロが名物(勝手に)ですが、これに拒絶反応が出ると仰る方もいらっしゃるので…ひろはレビューの通り、萌え過ぎて悶え苦しみ(笑)ましたが。
此処最近の神谷さんのBL受け声には毎回ヤられています。
本当に満足度高いですよねえ!><//
攻めが三木くんだったことも、本当にぎがさんの仰る通りで、語りのポイント高♪ もこの作品の完成度の高さに可也貢献しているのではと思いましたv

って、ぎがさんは運転中にこれを?!(笑)
うわわわ、それはそれは事故の危険性が伴う萌え作品ですから、もうもうご無事で何よりでした…(笑)。
続編、今からとっても愉しみですv(´∀`*)
聴いた暁にはたぶんまた萌えレビューが上がることと思いますので(笑)、またお話させて下さいねvv

しかもひろと好みが割に合いそうですと?!(ガシ)
そ、それはもう離しません…! ぎがさん、これからもどうぞ宜しくお願い致しますvv(笑)
また遊びに来て戴けると嬉しいです♪(´∀`*)
Posted by ひろ at 2007年11月28日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※コメントはひろの承認後に表示されます。
 コメント送信後もコメント欄に特に何も表示されませんが、
 ちゃんと送信出来ておりますのでその点どうぞご留意くださいませ。
▼TrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5763208
※トラックバックはひろの承認後に表示されます。暫しお待ちを!

ドラマCD しなやかな熱情
Excerpt: もうホントに待ちに待ちに待ちまくった神谷さんの新作BLCD!!!原作読んだ時から、神谷さんが演じるこのエッロ〜い臣役が、楽しみで楽しみでしょうがなかったです(゜∀゜) やば...
Weblog: BL本の日記
Tracked: 2007-10-08 18:07

BLCD「しなやかな熱情」感想:崎谷はるひさん原作
Excerpt: 崎谷はるひさんのBLCD「しなやかな熱情」を聴きました♪ 神谷さんが色っぽすぎて悶え死ぬかと思いました。。。 はっきり言って、disc1は普通の刑事ドラマっぽくじれったい。 テンション低かっ..
Weblog: ボーイズラブ・オタクなあいのひとりごと
Tracked: 2007-10-08 23:57

BLCD感想「しなやかな熱情」原作:崎谷はるひ
Excerpt: 画家の秀島慈英は、初めての個展に失敗し傷心のまま訪れた先で、 刑事の小山臣と出会う。綺麗な容姿に似合わず乱暴な口をきく臣と 会うたびに心を奪われていく慈英だったが、この感情が何なのかはわからな..
Weblog: Enjoy Fatherless Family
Tracked: 2007-10-09 19:24

☆ しなやかな熱情 ☆
Excerpt: 買ってよかった・・・ 正直今月飼うの多いし、2枚組も多いし散々迷ったんだけど、全サCDにつられて買うことにしたんですけど・・・ 本当に良かった・・・(涙) 原作 崎谷はるひ 小山 臣 神谷..
Weblog: 人生イロイロ。萌えもイロイロ。
Tracked: 2007-10-11 21:21

慈英×臣シリーズ1 しなやかな熱情(原作/崎谷はるひ)
Excerpt: 慈英×臣シリーズ1 しなやかな熱情(2007/07/28)Atis collection原作→しなやかな熱情 (幻冬舎ルチル文庫) 魅惑の三木神谷3部作、第1弾でございます。とにかく、とにかく神谷さ..
Weblog: 萌えの覚え書き
Tracked: 2007-10-17 17:29