2006年09月24日

「遙かなる時空の中で舞一夜」雑感+多季史攻略




レビューを書く程やりこんでいない(未だ全クリすらしてない)ので、取り敢えず雑感をば。
※このブログ的には今更ですが、意識せず可也ネタバレしている危険が御座いますので、
 ネタバレ駄目な方はこのエントリ、閲覧しないで下さいませ。



いやはや、中々良い出来だと思います、PS2「舞一夜」。
八葉の立ち絵が相変わらず使い回しであることが、個人的には大きなマイナスポイントなのですが、背景と合わないとか浮いているとか、そう云ったことはありませんでした。
今回、背景画像にところどころ遙か3の使い回しがあったり、効果が遙か3ちっくであったり、システム面でも、遙か3の良いところがちょこちょこっと採用されていたりと結構快適&遙かファンが思わずニヤリとしてしまうような造りになっています。

何よりも物語自体が、遙か3からの流れなのでしょうか、物悲しく美しい雰囲気で良いです。
どうせだったら、PS2版舞一夜のEDテーマも作って欲しかった…
新キャラの多季史(おおの・すえふみ)が正しくそのままそう云った印象。
感情があまり顔に出ず、目で語る感じのキャラで、いちいち色っぽい。
櫻井くんの声もとっても合っていて、先に声からイメージして作ったキャラかと思う程でした。
たどたどしい喋り方や、寂しそうな雰囲気、独りぼっちの雨の中に現れた神子…これから、遙か3の白龍を連想したのはひろだけでしょうか?
余談ですが、仁和寺の桜イベントを見る度に白龍が恋しくなったひろです
櫻井くんの演技が本当に良かったです。
苦しみ出すシーンも、「えっそんなに激しく?!」と思う程迫真の演技でした。
ボリューム的には、遙か3の運命の迷宮くらいでサクサクっとENDを迎えられます。
ひろはこの土日で空いた時間にPlayしただけですが、友雅→季史→頼久→泰明→永泉→季史(2回目)と、6つENDを見ました。

遙か1・2では如何にもテンポの悪かった戦闘システムが、遙か3で劇的に改善されたように、今回の「舞一夜」でも可也改善されています。
めちゃくちゃ戦闘し易くなりました。戦闘にストレスを感じなくなったと云うか。
今回、新たに搭載された「追撃」システム、個人的に大好きです。
戦闘は「鏡の中に映る世界」でのみ行われ、どのタイミングでどれだけ戦うかも自分で決められるのも良かったですし…。
また、FF10のスフィア盤のようにひとつずつ怨霊を封印していく毎に、灯りが灯されていくのも美しくて気に入っています。
2nd Playから、八葉の「想う心」と第2章までの「恋のつぼみ」、入手した特殊技や霊力などが引き継がれるので、周を追うごとにPlay時間が軽減されます。戦闘も楽になるし…。
ひろは細々と怨霊を封印して、4thか5th Playあたりで鏡世界の怨霊を総て封印しました。
(但し、恋のつぼみだけは毎回未入手の状態に戻ります)


友雅→季史→頼久→泰明→永泉→季史(2回目)と6つENDを見ましたが、
季史と泰明ENDにほろっと涙を零し(遙か3の耐性が有るせいか、号泣はなかったです/笑)、
友雅ルートの途中で「景時?!」と思わず突っ込みを入れたくなるシーンを目撃し(笑)、
頼久にいちいち激萌えし、
永泉の乙女っぷりに、相変わらず神子より可愛いじゃん…といじけていました(ぇ)。

今回も1st Playはつるっと友雅に堕ちたひろ。
櫻井くんと二股Playしようとしていたのですが、システム上、二股は微妙でした
そして2ndの季史の明らかに正規ENDではない悲恋ENDに切なくなったのも束の間。

頼久ルートで、いちいち身悶えることに…。

今回の頼久ルート、個人的に可也萌えでした。
確かに元々頼久は好きなひろですが、萌えっぷりが違いました。
彼のへたれわんこっぷりにぎゅんぎゅん来てしまったと云うか…。
追撃システムの5段階目で、「恋花光臨」と云うスペシャルな技を見せてくれる八葉の面々。
友雅のエロさにも萌えましたが、ひろは誰よりも頼久に悶えました。
傅いていることが第一萌えポイント。
そして、「この頼久におまかせを…」と云う、三木くんの低音ウィスパーヴォイスに悩殺されました。(その後の台詞は割とどうでもいい)
最後の最後で、神子が現代へ帰る際のスチルにも萌え。
兎に角、今回の頼久は個人的萌えの宝庫でしたぴかぴか(新しい)
有り難うKOEIさん。
有り難う三木くん。

あと、特筆すべきは泰明です。
彼も今回とっても良かったです黒ハート
しかし泰明ってこんなに低音でしたっけ…?(笑)
遙か3のリズ先生の名残かと思ってしまいましたが、きっと前からこんなに低かったんですよね。

最後の、泣かせるシーンは「まあまあ、こんなもんかねえ…」と割とスレた感想を抱いていたひろでしたが、泰明の手紙を読む石田さんの声に泣かされました。
泰明の秘めていた想いのあたりとか、すっごい涙腺に来てしまって。
流石、石田彰は違うわ。と思ったひろです(笑)。


さて、此処から更なるネタバレなのですが、多季史攻略について。
ひろが多季史を2周Playしたのには意味が御座います。
そう、1回目のENDは絶対に正規ENDじゃない! と云う確信が有ったからです。
ひろはプレミアムBOXを購入して、届いた時に画集の方を見ていたので、大体どんなスチルがあるのかを先に知ってしまったんですね(苦笑)。
で、そっちで見た筈の季史のスチルが出なかったので。。。
新キャラをこんな形だけで終わらせるわけもないよなあ、と思ったのもあり。幾ら遙か3で手酷いBAD ENDを沢山仕込んだKOEIさんでも、季史は助けてくれているだろうと(笑)。

季史には、神子が現代に戻ってから再び出会うと云う現代ENDが存在します。
色々やってみたのですが、彼の場合は恋のつぼみを順に咲かせるだけでは駄目で、鏡の怨霊を総て封印する必要が有るようです。
周を追うごとに、封印した怨霊は引き継がれて行きますが、八葉と季史の恋のつぼみのマスは引き継がれません。(毎回未入手状態に戻ります)
怨霊が総て封印されていなければならないので、恋のつぼみも総て入手して下さい。
他の八葉の恋のつぼみが必要と云うわけではありません。
兎に角、鏡の怨霊が総て封印されていなければならないみたいです。
怨霊を総て封印した後で、季史の恋のつぼみだけを入手するために3体の怨霊を封印してENDを見ましたが、1回目のENDと同じでした。
ですので、総ての怨霊を封印した状態の鏡を持っていたとしても、八葉+季史の、9人分の恋のつぼみ(それぞれ3こずつ)を封印しなければなりませんあせあせ(飛び散る汗)
結構大変ですがまあ、気長に…(苦笑)。
そこまで頑張って見た現代ENDは「えっ、そんな一言だけ?」と云う味気ないものでしたが(涙)、ひろは兎に角季史が生きてそこにいるだけで満足でした。

「舞一夜」、値段分の価値はばっちりだと思います★
個人的にはプレミアムBOXの方がお勧めるんるん
8割方フルカラーで、初代遙かに関わるゲームのスチルが総て掲載されていますぴかぴか(新しい)
また、章の頭に表示される舞一夜的絵巻物(これが結構良い造りで、ちゃんと八葉+季史+神子+アクラムが居るのだけれども、ちゃんと絵巻物に見えるんですよね〜。アクラムなんて、構図的に御霊となり雷と共に現れた菅原道真公のようでした/笑)もついて来ます。
BOXは金赤(真っ赤)に金色の箔押し。美しいぴかぴか(新しい)


▼またこんなのもリリースされます
  
posted by ひろ at 23:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | 遙かなる時空の中で

2006年09月24日

「劇場版 遙かなる時空の中で 舞一夜 メイキング 〜八葉抄から舞一夜〜」レビュー



お勧め:★★★☆☆


映画鑑賞に先がけ、何よりもPS2遙かなる時空の中で舞一夜のPlayに先がけて鑑賞しました。
ひろは大阪在住ですので、劇場版「舞一夜」の上映が東京よりも遅かったのです。。。
…と云っても、大阪でも既に上映は始まり、一昨日あたりで終了したのかな。
結果的にひろは劇場版は未だ観ていないのですが(あせあせ(飛び散る汗))観たくなりましたハートたち(複数ハート)

DVD構成は、

・TVアニメの八葉抄の総集編(たぶんこれが一番長い)
・声優インタビュー(四神それぞれのチームと、櫻井くん・川上さんにわかれて数分ずつ)
・製作者サイドインタビュー
・音響監督さんと(何故か)和彦さんの対談
・「舞一夜」制作風景
・「舞一夜」予告編

…と云う感じ。
まあ、値段相応の内容だと思いました。何せ安いので(苦笑)。
個人的に、和彦さんファンに美味しい内容構成だと思います。
なので、ひろ的には結構美味しかったわけで(笑)。
アニメ「八葉抄」は、リアルタイムでもビデオを撮って鑑賞して(途中で地方にお引越しすることになって見れなくなったのですが)、その後DVDを買ったりレンタルしたりしつつ鑑賞して、心の行方 天想いの在処 地まで観たので、流石に総集編はもういいわ…と思っていたのですが。
ナレーションが和彦さん(と云うか友雅)だったのです…。
ついつい普通に観てしまいました。
八葉抄では友雅が一番好きです。他の八葉攻略時にもついフラフラと付いて行ってしまいます。
和彦さん大好きなんです。
声優インタビューも、和彦さんが誰よりも輝いて見えました(…)。何かすっごい格好良かったんです。お洒落めで、ダンディー。髪の毛も美しかったし…ああん(壊)。

声優インタビューは皆様相変わらずな感じ。
個人的にはこのDVDの一番のメインだったので、まずまずと云った印象。
青龍コンビ(三木くん+智一さん)はちいちさんがにぎやかして、三木くんががっつり落とす感じ(笑)。
朱雀コンビ(直純くん+宮田さん)は相変わらず可愛かったハートたち(複数ハート)
白虎コンビ(中原さん+和彦さん)はダンディーにしっとりと。
玄武コンビ(保志くん+石田さん)は相変わらず落ち着きのない保志くんに鋭く突っ込む石田さん的な(笑)。
そこまでの突っ込みはなかったですが、相変わらず独特の雰囲気を醸し出したトーク。
そしてそして、神子+新キャラコンビ(川上さん+櫻井くん)は何か微妙な空気でした(笑)。
制作側は過ちをおかしてますよね。
たぶんね、誰も川上さんと櫻井くんのCPトークは望んでいなかったと思う(苦笑)。
それなら、八葉+櫻井くんで座談会みたいな感じにすれば良かったのになあ…と。
まあまあ、それは個人的意見ですので置いておいて。
櫻井くんがものごっつ顔色悪く見えたのはひろだけでしょうか?(笑)
唇の色がもう、びっくりするくらい紫。
だ、大丈夫…?! と食べ物を手渡したくなる衝動。
お洋服は相変わらずお洒落で、髪型がメイクさんの力作だったのか、めちゃくちゃ美しくてうっとり黒ハート …でしたが、あの顔色は戴けません。
櫻井くん、過労とかじゃないよね…っあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

個人的には、短時間ですが制作風景が観れて面白かったです。
PCで背景描いてるところとか、コマ送りでチェックしているところとか。
ひろは拙いながらも自分が絵を描くひとなので、ああ云う制作風景を見るの、大好きなのですハートたち(複数ハート)

予告編も流石映画! と云った雰囲気。
本当に短いですが、美しかったですぴかぴか(新しい)
何より櫻井くんのキャラ&声が儚げでたまりませんハートたち(複数ハート)

とまあ、遙か声優陣ファンの方への一枚だと思いました。
posted by ひろ at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遙かなる時空の中で

2006年04月01日

遙かなる時空の中で3 運命の迷宮レビュー

   


お勧め:★★★☆☆
年齢区分 :CERO12歳以上対象
主要キャスト:三木眞一郎・関智一・高橋直純・宮田幸季・中原茂・井上和彦
         保志総一朗・石田彰・置鮎龍太郎・浅川悠


先ずはこのゲームの位置付けから参りましょう。

遙かなる時空の中で 3と云うゲームがあります。
遙かなる時空の中でシリーズの中で、あたしが最も好きなゲームです。
ストーリー面、システム面、やりこみ要素、そのバランス…。
総てにおいて素晴らしいゲームだと思います。ハマります。

ヒットしたこのゲームの続編がリリースされたのは、発売後間もなくのことでした。
遙かなる時空の中で3 十六夜記です。
これは、前作の追加シナリオと云う形で発売されました。
前作で人気が有ったのにも関わらず、攻略対象でなかった平知盛が攻略対象になったと、
それだけでも売れる必然性が有ったように思います。


そして今回。
遙かなる時空の中で3 十六夜記からほんの数ヵ月後にリリースされたのが、
遙かなる時空の中で3 運命の迷宮です。

十六夜記と決定的に違う点は、完全な新作であること。

運命の迷宮単体で楽しめるゲームである、と云う点。

…少なくとも、発売元KOEIさんはそう謳っておられます。


が、はっきり申し上げて、嘘です。
運命の迷宮を一言で云い表すと、

遙か3のファンディスクです。

それ以上でもそれ以下でもないとあたしは思います。


貶しているわけではありません。
あたしは大変愉しくPlayしました。

問題は、遙か3のファンであるか否か
その一点だと思います。
お勧め度を★3つにしていますが、遙か3ファンには★5つだと思います。
あたしが疑問を感じたのは、

運命の迷宮単体で楽しめる

此処。



私見を云います。

単体では愉しめません。

だって、ファンディスクなんだもの。



と云うわけで、運命の迷宮を買おうか迷っている方に。

遙か3が好きなら今すぐお買い上げ下さい。
決して損はさせません。
更に、遙か3が大好きな方でしたらば、プレミアムBOXを強くお勧め致します。


遙か3は知らない、でも、運命の迷宮は気になってる。安いし。
と思っている方。
先ずは遙か3をPlayして下さい。
でなければ、ただのクソゲーじゃん、と思ってしまうかもしれません。


そもそも、今回の、運命の迷宮と云うゲームは、
遙か3の数多のエンディングの中のひとつ、大団円エンディング
(誰か一人とラブラブってわけじゃなく、皆幸せでついでに歴史上の色んな問題も一気にクリア★)
のその後の話と云う設定です。

大団円エンディングまでの数多のストーリーや辛い運命を乗り越えていないままでのPlayは
きっとつまらないと思います。
(一応あらすじは出るので、流れは把握出来るかと思いますが)


さて。
今回の新作は凄いです。
何って、やりこみ要素が。

ストーリー制覇や攻略に関しては遙か3関連のゲームの中でも一番安易かと思うのですが、
兎に角繰り返しPlayしないと集まらない時の結晶
ゲーム本編には関係なく、別に集めなくても支障のない時の結晶

何かと云うと、これを集めることによって、
「オマケ」モードで今までのイベントが総て見れるんです。

遙か3も、十六夜記も。


通常イベント恋愛イベント総てです。
見たいな〜、と思ったらもう一度そこまでPlayしなくても、
運命の迷宮のオマケモードで簡単再生が可能になったわけです。

これって、ファンには堪らないです。
遙かシリーズはイベント再生機能がほぼ搭載されておらず、
不満な点のひとつだったのですが、これで総て綺麗さっぱり解消です。
この機能だけでもファンなら買いかと…。


ストーリーやスチル的にはまずまずと云ったところ。
だけど、相変わらず遙か3は泣かせますね。
不覚にも沢山泣いてしまいました…。


難点は今まで育てて来た戦闘データを引き継げない点でしょうか。。。

また最初から育て直しなので正直疲れます。
初期は皆弱っちいので余計に…あせあせ(飛び散る汗)

加えて、不満な点は知盛と銀、泰衡が攻略対象でないことですね。
ことに泰衡に関しては、逆に打ちのめされる感じで終わるのが何とも…。
ゲームと雖も、その辺には冷静なようです。KOEIさん。


キャラ別レビューは今回は控えますが、あたしが一番泣いたのは、白龍でした。

「私の神子で居てくれてありがとう。」

に打ちのめされました…。


総てのキャラに云えることですが、
今回も言葉と云うか文字による効果が上手だなぁ、と感心しきり。
実際に確かめて見て戴ければと思います。
エンディングテーマ曲も浅川悠さんの声と合っていてとても好きです。
posted by ひろ at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遙かなる時空の中で

2006年01月13日

十六夜記 譲攻略



十六夜記攻略、ラストは譲です。
別に何を思ったわけでもないんだけど、彼がラストでした。

譲くんは相変わらずすんごいヤキモチで、いっそ怖い程(笑)。
お兄ちゃんにフラフラしようものなら、執念深い女の如く茶々が入ります。
今作では彼が一番女っぽい気がする(笑)。
女々しい…とはちょっと違うかなぁ。
(ヘタレっぷりならあたし的には景時イチオシで可也ラブい感じなんだけど/笑)
だって朔はまぁ穏やかなふんわりした印象の子だし、
主人公に到ってはますらおぶりですから。

しっかし吃驚しました、彼の蜜月END!
まさかこんなエンディングだとは…。
あたし、実を云うと今でもあれはBAD ENDだったんぢゃないかと疑ってるんですが。
譲は自力攻略だったので、何か間違えたのかなぁ、と(…)。
ただ、最後にちゃんとスチルも出たし、これでイイんだよ…ね?(訊くな)
蜜月ENDで一番哀しい終わり方だった気がします。。。
他の人達は、何か型破りな感じで(特にヒノエとかね〜/苦笑)幸せが待っていたのに。
矢張りあたしの見たのは正統ENDぢゃないのか…?(…)

えー、総ての攻略が終わった処で振り返る十六夜記
続きを読む
posted by ひろ at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遙かなる時空の中で

2006年01月09日

十六夜記 九郎+知盛攻略



少しサボっていた十六夜記の攻略を再スタート。
あと残っているのは、九郎・譲・知盛。
九郎に関しては、蜜月ENDじゃない方のENDでも新スチルが有るとのことだったので、
此方を先に攻略。

…えーっと、新スチルが1枚出ませんでした(汗)。
もしや何も攻略していない真っ白な状態でスタートさせなきゃいけないのか?!
ま、まぁコレは今度解明するとして…。
龍神温泉が萌えでしたv><//
思わず、九郎以外も全員選択してセリフを愉しんでしまった…(笑)。
白龍萌えでした(素)。

神子が私を好いているのは当たり前、みたいな。

何だよ御前可愛いじゃんかよーっ!!(絶叫)

おっと、白龍に萌えてる場合じゃなかった(…)。
九郎は相変わらず真っ直ぐで男らしくて良いですねv
今までの、智一さんの演じた遙かのキャラの中で一番好きです><//
しかし蜜月END…まさかモンゴルに行くとは。。。
ちょっと予想してたけどさ。
義経=フビライ・ハン(チンギス・ハンの方だっけ?)伝説だよね。
しかもその他大勢も付いて来ていて、その中に銀が居るところが笑える(笑)。
でも、皆幸せそうでほっこりしたENDでしたv

そして梃子摺ったのが、知盛攻略。
すんごい時間掛かったよ。マジ。

先ず、前提は大団円ENDを見ていること、かな?
大団円ENDを見るには、八葉と朔、白龍のエンディングを見る必要有。
そうすると、5章の最初に分岐選択が出現します。

3章は福原攻めルート、4章は緑陰の〜へ進むようにし、イベントを見ます。
4章の『勝浦』で、?イベントを見ると、将臣&知盛と行動出来るようになります。
その後、『速玉大社』で舞イベント(スチル)。
更に、舞イベント成功後に『潮岬』へ行き、束縛されるイベントを見ます。
これが成功すると、主人公が【束縛付与】を習得可能になります。(重要)
最後に、将臣&知盛と一緒に川の怨霊を倒し、
5章の壇ノ浦で知盛と戦い、成功するとスチルが見れます。
これで、現代帰還ENDを見てから、大団円ENDに進みます。
大団円ENDの最初の選択肢で、「平家の」→「知盛」→「あなたを探していた」→「私の剣を覚えておいて」で、知盛ルート終章へ進めます。

束縛付与を習得していること、銀ENDを見ていること、知盛との最後の一騎打ちの際に、敵の強さが「強」になっていること…、も条件かな?


…と、中々にややこしい知盛ルート。
面倒臭さも振り払ってでもPlay出来たのは、知盛のエロさに激萌えしたからです(…)。
何だ、ネオロマなのにこのエロさは…っ!
KOEI万歳。
よくぞこのキャラクタを作って下さった…!(崇)
そして攻略可能になった十六夜記万歳。素敵。

「来いよ…」とか、「欲しいんだろ…」とか云い過ぎだよアンタ!(/ぁ)
ENDのスチル2枚も素晴らしくエロ綺麗(どんな表現)。
最後のアレは襲おうとしてるよ、ね…?
寧ろ襲われてしまえ! って感じだけどさ!(悦)
でもね。
遙か3の主人公はますらおぶりを絵に描いたような素敵主人公だから(笑)、
きっと襲い返しちゃうんだと思う。
だって、カップリング表示とかもね、例えば、
「九郎×望美」とかじゃなくて、
ぶっちゃけ、

望美×九郎

とかだと真剣に思ってるよ、あたしは(素)。

いや〜、やっぱり遙かは良いね〜v(そんなシメですか)
posted by ひろ at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遙かなる時空の中で